1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
2016/10/26
「徳島LEDアートフェスティバル」12月16日(金)〜25日
徳島市では、「徳島LEDアートフェスティバル」を3年に一度開催しています。
3回目となる今回は、今最先端のデジタルアートで国内外から注目を集めている、
徳島市出身の猪子寿之氏が代表を務める「チームラボ」の作品を中心に、
一般公募のLEDアート作品を展示。
さらに、参加・交流イベントなど、徳島の街中を舞台に多彩な催しを展開します。

会場は徳島市中心部新町川、藍場浜公園、徳島中央公園ほか
会期
2016年12月16日(金)〜25日(日)(10日間)
18:00〜22:00
観覧料  無料
主催  徳島LEDアートフェスティバル2016実行委員会・徳島市
2016/8/18
とくしまの観光絵手紙 募集  【ご応募ありがとうございました】
【応募作品は秋の阿波おどり〜11月26・27日アスティ徳島の徳島市ブースで展示します】


徳島の豊かな自然や風景、文化や祭りなど地域の特色を描いた絵手紙を募集中です。 
 募集テーマは「徳島の魅力」。県外の人が「徳島に行きたい!」と感じるような徳島の魅力を伝える「絵手紙」や、徳島に来られての思い出の風景や物との出会いを描いたものなどを募集しています。
 誰でも応募可能。サイズは、郵便はがき、または同じサイズ(15cm×10cm)で、画材は自由。
1人何点でも応募できます。
入賞者は、「審査員賞(カタログギフト5,000円相当)」、を1名に贈呈。
  応募作品は、徳島ツーリズム協会のウェブサイトやフェイスブックページで紹介するほか、イベントでの展示なども行なう予定です。はがきに絵を描き、文字を書き・・・。徳島の魅力や想いを込めた、あなただけの絵手紙を応募してください。

【応募内容】
●テーマ    「徳島の魅力」
●サイズ 郵便はがきまたは同じサイズ(15×10cm)
●画 材 自由です。
●出品点数 一人何点でもご応募可能です。
●応募期間 2016年8月10日〜11月10日(木)まで[郵送は当日消印有効]
●応募資格 どなたでも応募可能
●賞 「審査員賞」1名様:カタログギフト5,000円相当
【応募方法】
宛名面に、作品名、ニックネーム、名前(本名)、住所、電話番号をご記入の上、
〒770-0833 徳島市一番町三丁目29−2 徳島ツーリズム協会
「徳島の絵手紙」宛まで郵送してください。
※作品コメント、ニックネーム・住所(都道府県・市町村まで)は作品公開時に使用します。
【作品発表】
応募作品は選考(日本絵手紙協会会員等による)の上、徳島ツーリズム協会(ウェブサイト)、フェイスブックページにて、公開を予定しています。また、観光関係イベント等で作品の展示を予定しています。
2016/10/17
JR駅からウオーク「味・まちめぐり」 11月19日(土)
 NPO法人徳島ツーリズム協会ととくしま観光ガイドボランティア会は共催で、「味・まちめぐり」まち歩きを実施します。
徳島の名物料理や特産品を味わい、徳島市内を散策してめぐります。徳島を訪れる観光客や転勤で徳島に来られた方、また市民を対象に名物料理を少しずつ味わってもらい、町をめぐってもらおうと企画したまち歩きガイドツアーです。
新町橋や船場、銀座など市内中心部を巡り、観光ガイドボランティアのガイドが徳島の町をゆっくりと案内して回ります。
 お昼ごはんに、金時豆入りお好み焼き、徳島ラーメン、そば米汁、徳島両国バーガー、食後の甘味には、蒸し菓子などを少しずつ(半人前)を味わいます。

■コース案内  
JR徳島駅改札前(集合) 出発
 南内町――銀座――富田町――両国本町――両国橋南商店街――JR徳島駅(解散)

日  時:2016年11月19日(土) 午前10時20分集合、10時30分出発
集合場所:JR徳島駅改札前
参加費 :2,500円(保険料、食事代、ガイド料)     
募集人員:15人程度     
所要時間:約3時間30分 
参加申込:徳島ツーリズム協会で受付  TEL・FAX:088−622−8214
その他 :道路の狭い場所で車の通行にご注意ください。広報のため撮影する場合があります。
2016/10/1
とくしまマラソンは2017年3月26日
春の大イベントとして
多くの参加者を迎え、
多数のボランティアがお手伝いする
[とくしまマラソン]の日程が来年3月26日に
決まったと報道がありました。
従来は4月に開催していましたが
3月に変更になったようです。
過去に知事選があったときには
3月開催だったんですが・・・
4月は暑いということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKから

とくしまマラソンは3月26日

1万人を超えるランナーが参加する四国最大規模のマラソン大会、「とくしまマラソン」は、来年は10回目の節目の大会となり、3月26日に開かれることが決まりました。

これは徳島県などでつくる実行委員会が30日に徳島市で総会を開いて決めました。
「とくしまマラソン」は、徳島市をスタートとゴールに吉野川沿いなどを走る、四国最大規模のフルマラソンで、10回目の節目となる次の大会は来年3月26日の日曜日に開かれることになりました。

募集定員は1万5000人で、申込期間はことし11月8日から22日までで、主にインターネットで受け付けることにしています。
ことし4月に開かれた大会には全国や海外からこれまでで最も多いおよそ1万2500人が参加しました。

また、ゲストランナーとしてリオデジャネイロオリンピックの女子マラソンに出場した伊藤舞選手や、アテネオリンピック、女子マラソンの金メダリストでことし4月に現役を引退した野口みずきさんなどが参加する予定となっています。
さらに、10回目を記念して、フルマラソンの前日にマラソンの初心者や親子連れなどが徳島市内の3.5キロのコースを楽しみながら走るイベントを初めて行うことにしています。

09月30日 17時33分
2016/9/14
「四国デスティネーションキャンペーン」カウントダウンボード除幕
「四国デスティネーションキャンペーン」カウントダウンボード除幕

JRグループの観光キャンペーン
「四国デスティネーションキャンペーン(DC)」まで
あと200日の
カウントダウンボードが設置されて除幕式がありました。
徳島ツーリズム協会も式の進行をお手伝いしました。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKより


四国観光のPR看板 駅に設置

四国の魅力を発信する大型の観光キャンペーンが来年4月から始まるのを前に、徳島市のJR徳島駅に13日開幕までのカウントダウンを伝えるボードが設置され、除幕式が行われました。

四国4県や四国ツーリズム創造機構などは全国のJRグループと協力して「四国デスティネーションキャンペーン」と題した大型の観光キャンペーンを来年4月から6月にかけて行います。
13日JR徳島駅では、キャンペーン開幕までのカウントダウンを伝えるボードの除幕式が行われ、JR四国の山本仁志徳島企画部長が、「キャンペーンに向けて四国4県が一体となって盛り上がっていけるよう取り組んでいきたい」とあいさつしました。
このあとJR四国のマスコットキャラクターやキャンペーン開幕まであと200日と記されたカウントダウンボードが披露されました。
このボードは四国4県の県庁所在地の駅に設置されます。
除幕式のあと、JR四国の職員らが乗客や買い物客にキャンペーンをPRするパンフレットなどを配りました。
四国ツーリズム創造機構の別所智之さんは、「鳴門の渦潮や大歩危をはじめとした全国的に有名な所を改めてPRするとともに4県から提案してもらった観光の素材も強力にPRして全国から多くの観光客を呼び込みたい」と話していました。

09月13日 11時42分


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下四国放送より


JR徳島駅にカウントダウンボード
(徳島県)


来年4月から四国4県とJRが行う大型観光キャンペーンをPRするボードがJR徳島駅に設置され、13日除幕式が行われました。JRグループなどは来年4月から約3か月間、日本全国から四国へ観光客の誘致を図る大型観光キャンペーン「四国デスティネーションキャンペーン」を行います。JR徳島駅コンコースではこのキャンペーンの開催を前に機運を高めようとPRボードが設置され除幕式が行われました。ボードにはJR四国のイメージキャラクター「すまいるえきちゃん」と「れっちゃくん」が描かれキャンペーン開催までの日数が表示されています。このボードは四国4県の県庁や主要駅などあわせて9か所に設置されます。式の後には駅のホームに到着した特急列車の乗客を出迎え四国の観光名所などを案内するパンフレットを手渡しながらキャンペーンをPRしました。
[ 9/13 18:42 四国放送]


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から

四国PR事業、開催まで200日 徳島駅にボード設置 2016/9/13 14:09


四国PR事業、開催まで200日 徳島駅にボード設置 四国4県とJR四国などが来年4〜6月に四国観光をPRする「四国デスティネーションキャンペーン」まで13日で200日となり、徳島駅改札前のコンコースにカウントダウンボードがお目見えした。

 ボードは縦1・7メートル、横90センチ。キャンペーンまでの日数を刻み、ムード盛り上げを狙う。この日、関係者約30人が出席しボードの除幕式を行った。

 JR四国の山本仁志徳島企画部長は「カウントダウンで事業の認知度を上げ、四国一体となって盛り上がっていきたい」と述べた。