1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
2015/2/22
『合格祈願・まち歩き』
『合格祈願・まち歩き』

徳島大学入試前期日程の試験日(2月25日)に、

とくしま観光ガイドボランティア会では、

受験生の付き添いの方を対象にしたウォーキングツアー

「合格祈願・まち歩き」を実施します。

大学入試のために徳島を訪

受験生を持つ保護者の方を対象に

試験時間中に合格祈願の神社参拝や

徳島観光の見どころを短時間で紹介するコースを用意しました。


日  時:平成27年2月25日(水)
集合場所:JR徳島駅前観光案内所(バス降車場前) 
受  付:午前9時30分から
出発時間:午前10時00分 (小雨決行) 
所要時間:約2時間
募集人員:20名
参加費 :ガイド料無料、
参加申し込み:当日集合場所で受付。電話088-623-5342
特  典:眉山ロープウエイは工事運休のためバス無料送迎します。
2015/2/6
2月6日徳島・牟岐町で震度5強 津波の心配なし(更新→余震なし)
(更新→2月9日正午現在、震度1以上の余震は観測されていません。ご安心ください)


6日午前10時25分ごろ、地震がありました。
震源地は徳島県南部。
震源の深さは10キロ。地震の規模を示す
マグニチュードは5.0と推定。
この地震による津波の心配なし。


徳島市では、震度3でした。

JRが運転を見合わせています。
【牟岐線】
徳島駅〜海部駅間
更新→阿南〜由岐駅間:運転見合わせ
   徳島〜阿南駅間:運転再開
由岐〜海部駅間:運転再開
更新→全線:運転再開
【徳島線】
徳島駅〜阿波池田駅間
更新→徳島〜穴吹駅間:見合わせ
   穴吹〜阿波池田駅間:運転再開
更新→全線:運転再開


停電   なし
高速道路 通常
高速バス 通常
空港   通常
2015/1/27
ししゃもねこ〜徳島県北島町生まれのキャラクター
頭部は「猫」で胴体が「ししゃも」のキャラクター。
生みの親は北島町在住の服飾デザイナー川久保貴美子さん。
 「ししゃもねこ」は2011年1月19日夜生まれ。
旧吉野川流域に生息し、憧れの魚は「およげたいやきくん」「スイミー」という
プロフィールを持ち、「ゆるかわいい」とファンを増やしている。
グッズは、マグネットとストラップ、シール、かぶりもの、ぬいぐるみ、
などがあり、メーンカラーの「きなり」のほか、
「ももいろ」「そらいろ」「だいだい」「きいろ」など
各色で展開しています。
徳島阿波おどり空港のほか、2015年春からは
駅やSAなどでも販売予定です。

http://www.shishamoneko.com/
2015/2/3
四国の新幹線実現を目指してパネル展
四国4県と四国経済連合会が設置した
「四国の鉄道高速化連絡会」は、
四国の新幹線の整備計画格上げに向けて
四国地域全体での機運を盛り上げようと
徳島駅などで、パネル展を開催しました。

また、四国新幹線導入での試算が行われ
採算が取れるとした案は、4県の県庁所在地に停車駅を設け、
徳島−松山間と岡山−高知間に路線を整備するというもの。
移動時間は徳島から新大阪に向かう場合、
現在より78分早い95分に短縮。
事業費は約1兆5700億円かかりますが、
1日平均9千人の利用が見込め、経済波及効果は
年間169億円としました。
このほか、国が1973年に示した
大阪と大分を結び、徳島、高松、松山を経由する案も試算しましたが、
採算は見込めないと結論付けました。

【資料】
整備総延長302km
概算事業費
建設費:1.57兆円
建設費:1.53兆円 車両費:0.04兆円

新大阪駅までの所要時間
徳島駅 : 95分 短縮時間(▲ 78分)
高松駅 : 75分(▲ 29分)
松山駅 : 98分(▲112分)
高知駅 : 91分(▲104分)

平均輸送密度9,000人/日
経済波及効果 (4県全体) 169億円/年

ルートの特徴
●山陽新幹線への乗り入れを想定
●4県県庁所在地を新幹線で結節
●経済波及効果が最大
●将来的な海峡部分の整備により、山陽新幹線の代替経路を確保

http://www.pref.kagawa.jp/kotsu/shikoku_shinkansen/index.html
2015/1/27
とくしまバーガー
とくしまバーガーは
平成19年度より徳島商工会議所青年部が
地産地消の推進と地域の活性化を目的として、
徳島県の豊かな自然に育まれた食材をふんだんに活用した
「とくしまバーガー」を発案し、
それを広めるための活動として「とくしまバーガー事業」
(「とくしまバーガー」の認定審査、コンテスト開催、
バーガーマップの発行等)を実施してきました。

22年度末で徳島商工会議所青年部の「とくしまバーガー事業」の
事業期間が満了したため、
認定事業者が寄り、「とくしまバーガー事業」を引き継ぐとともに、
必要な共同事業を行い、「とくしまバーガー」ブランドを
さらに認知・充実させることを目的に
とくしまバーガー協同組合を設立しました。

認定された「とくしまバーガー」は、
「認定書」と認定店舗用「のぼり」が揚げられたお店で
オリジナルキャラクターの統一包装紙とともに提供されています。
写真は撮影のため串を使っています。

徳島ツーリズム協会では、定期的に「徳島バーガー」を
食べるサイクリングツアーを実施しています。

http://www.tokushima-burger.com/