1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35
2015/5/18
モラエス資料展示場〜徳島駅前アミコ1階で5月30日から〜
眉山山頂の施設老朽化で
資料館が閉鎖になったモラエス館ですが、
その資料の一部が徳島駅前アミコ(そごう)の
1階に展示されることになりました。
展示内容は検討されていますが、
多くの方の目に触れる場所で
資料が展示され、市民の関心が高まると
いいですね。

以下徳島新聞から
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


モラエス館収蔵品の著作や写真 アミコと徳大で展示 2015/5/16 13:33

 徳島市は、3月末で閉館した眉山山頂のモラエス館の収蔵品を30日から徳島駅前のアミコビルと徳島大常三島キャンパスで展示する。収蔵品の新たな常設展示場となる眉山山頂展望休憩施設の改修が終わる2016年10月ごろまでの一時的な措置。市は「モラエスをより多くの人に知ってもらう機会になる」と期待している。
 
 徳島市は、3月末で閉館した眉山山頂のモラエス館の収蔵品を30日から徳島駅前のアミコビルと徳島大常三島キャンパスで展示する。収蔵品の新たな常設展示場となる眉山山頂展望休憩施設の改修が終わる2016年10月ごろまでの一時的な措置。市は「モラエスをより多くの人に知ってもらう機会になる」と期待している。
 
 収蔵品を展示するのはアミコビル1階の専門店街の一画(58平方メートル)と徳島大総合科学部2号館・地域連携プラザ1階の多目的室(73平方メートル)。施設管理者の協力を得て、いずれも無償で借りた。
 
 展示品は著作や直筆の絵はがき、写真など約500点ある収蔵品のうちの8割程度となる見通し。多くの買い物客らが立ち寄るアミコは一般県民がモラエスに興味を持つきっかけになるような展示を考え、徳島大では学生らの研究にも生かせる貴重な品を中心に並べる方針。

 展示場にはボランティアのガイドが常駐し、展示品の案内や解説をする。オープンする30日はモラエスの誕生日。市観光課の担当者は「展示場所が2カ所に分かれる不便さはあるが、継続的に顕彰していくことが大事。気軽にモラエスに触れてほしい」と話す。

 両展示場とも観覧無料。アミコが専門店街営業日の午前10時10分〜午後5時、徳島大が毎週水曜日午後1時〜同5時15分に観覧できる。

 モラエス館は晩年を市内で過ごしたポルトガルの文人モラエス(1854〜1929年)を顕彰する施設で1976年にオープンした。老朽化のため2015年度中に解体され、市が跡地に新たな観光展望施設を建設する。
2015/5/11
ミラノ万博開幕! 日本館に「チームラボ」、徳島ウイークも!
ミラノ万博開幕! 日本館の映像に「チームラボ」

2015年5月1日、ミラノ万博がついに開幕しました!
10月31日までの184日間、
万博としては史上初めて「食」をテーマに開催されます。

ミラノ万博開幕式は、12時(現地時間)より
万博会場内オープン・エア・シアターで開催されました。
会場上空には赤・白・緑の煙によりイタリア国旗を描いた
航空機が登場。式典にはレンツィ首相をはじめ
各国要人が参列し、万博の成功を祈りました。


日本館では、11時(現地時間)より開館式を行い
日本館特別大使のハローキティが
着物スタイルで登場しテープカットを行いました。

ミラノ万博 日本館 の参加クリエイターに
徳島市出身の猪子 寿之(チームラボ代表)が
含まれます。

日本館の展示は5部構成となっており、
「シーン1」「シーン2」をチームラボの猪子寿之氏が
担当しました。

9月6日〜9日の4日間、徳島をPRするブースも出展。

以下参考〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
YOMIURI ONLINE 徳島・・・

ミラノ万博にLEDや食文化出展…9月の4日間

飯泉知事は19日の県議会本会議の一般質問で、イタリア・ミラノで5月1日〜10月末に開かれるミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の日本館イベント広場に、9月6日〜9日の4日間、徳島をPRするブースを出展することを明らかにした。伝統工芸の藍染めや欧州でも人気があるユズを使った料理などでPRし、観光客誘客や販路開拓を狙う。(三浦孝仁)
 県によると、キャッチフレーズは「JAPAN BLUE 徳島」で、伝統工芸の藍染めや発光ダイオード(LED)にちなんだ。藍染めや阿波和紙を活用した体験型イベントを開くほか、県無形民俗文化財「阿波木偶でく『三番叟さんばそうまわし』」の公演、LEDを使ったアート作品の展示を予定。県内のシェフが特産のなると金時やナシなどを材料にしたイタリア料理やフランス料理を提案したり、ユズやスダチを使った郷土料理を提供したりする。
 県は同万博の来場者に向け、県内の観光地や食材などを発信するイタリア語版のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のサイトを4月中に作る予定。飯泉知事は「県の観光資源や食文化、産業を最大限に活用したい」とした。
 同博覧会日本館PR事務局によると、同万博には140以上の国や国際機関が参加し、約2000万人の来場者が見込まれているという。

++++++++++++++++++++++++++++

香川県は8月29日〜9月1日の4日間、日本館にブースを設け、讃岐うどんや盆栽、漆器などの県産品をアピールする。(四国新聞)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

関西広域連合のミラノ国際博覧会への出展

京都府・京都市 6/7〜6/11  京都ウィーク
  映像上映、チラシ、パネル等の設置
和歌山県 7/5〜7/7  和歌山県の日
   The Wakayama Days 〜The Origin of Washoku and Travel〜
  映像上映、チラシ、パネル等の設置
兵庫県 7/16〜7/19 Feel Hyogo,the taste of Japan!
   日本の極み、ひょうごの「食」体感!
   映像上映、チラシ、パネル等の設置
徳島県 9/6〜9/9 徳島ウィーク(仮称)
   映像上映、チラシ、パネル等の設置
大阪市 9/10〜9/13 姉妹都市大阪から魅力発信
   〜Buon giorno da OSAKA!〜(仮称)
2015/5/7
徳島のおみやげがアンケートに答えて3割引中
徳島県では、県産品の認知度向上と消費拡大による
地域経済の活性化を図るため、国の交付金を活用して、
インターネット通販サイトにおいて
魅力ある県産品を販売する「おどる宝島!とくしま物産展」を開設しています。

徳島県物産協会の通販サイト「楽天市場 あるでよ徳島」内で
サイト内のアンケート回答後に表示される割引クーポンを取得し、
3割引で購入できます。

送料は5000円で無料になります。詳しくは下記アドレスで確認ください。

販売期間
平成27年4月20日〜平成28年2月29日(売り切れ次第終了)。
割引分の金額は国の交付金が出品事業者へ補填されます。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/arudeyotokushima/
2015/5/3
行ってよかった!日本の城ランキング
行ってよかった!日本の城ランキング

世界最大の旅行口コミサイト
「TripAdvisor」の日本法人である
トリップアドバイザー社は、
トリップアドバイザー上に投稿された
過去1年間の口コミ評価を基に
「行ってよかった!日本の城ランキング2014」を発表。
第1位は、「熊本城」(熊本県熊本市)、
第2位には「松山城」(愛媛県松山市)、
第3位には「姫路城」(兵庫県姫路市)、
などでした。


【行ってよかった!日本の城ランキング 2014 】

 1位 (1) 熊本城 /熊本県熊本市

 2位 (6) 松山城 /愛媛県松山市

 3位 (11) 姫路城 /兵庫県姫路市

 4位 (10) 弘前城 /青森県弘前市

 5位 (4) 松本城 /長野県松本市・・・・・
 
 以下四国でランクインは、

 11位 (-) 宇和島城 /愛媛県宇和島市

 13位 (-) 丸亀城 /香川県丸亀市

 14位 (15) 高知城 /高知県高知市

 20位 (-) 今治城 /愛媛県今治市

寄せられた口コミの中には、年代を問わず
多くの人がお城を訪れ楽しむ様子が見られた。
■2位 松山城(愛媛県松山市)
 「リフトで山頂まで絶景でした。
松山城も素晴らしい建物で十分に見学を楽しめました。
庭園の散策もたのしめ、おすすめスポットです」、
「小高い山にそびえる広大なお城。お城にはロープウェイで楽に登れる。
ロープウェイを降りて少し歩くと天守閣が望める広場にでる。
ここではボランティアのひとにシャッターを押してもらった。
心のこもったコミュニケーションで気持ちのいい観光ができ、
楽しい思い出の松山城になった。天守閣を見学して、
帰りはリフトで街並みを楽しみながら帰ってきた。」など、
周囲の人との交流や、公園内も楽しんだという
口コミが多く寄せられた。

「行ってよかった!日本の城ランキング2014」は、
2013年6月〜2014年5月の1年間に投稿された
日本の城(城址含む)に投稿された日本語の口コミを、
星評価(5段階)の平均、口コミの投稿数などをもとに、
独自のアルゴリズムを集計したもの。
2015/4/28
東京富士美術館所蔵展
東京富士美術館所蔵展
「美の饗宴 西洋絵画の300年―バロック、ロココからエコール・ド・パリまで」

徳島近代美術館では、
東京富士美術館の幅広いコレクションの中から
60点あまりの絵画を選び出し、西洋美術の歴史を
概観しようとする展覧会が開かれます。
およそ300年間にわたる美術の歴史と社会の
大きな変化を見つめてきた作品から、
変遷をごらんください。

2015年4月29日(水・祝) - 6月21日(日)

【休館日】
毎週月曜日(5月4日[月・祝]は開館)、5月7日[木]

【観覧料】
一般1,200円/高校生500円/小・中学生300円/未就学児 無料

【出品点数】64点
出品内容
アントニー・ヴァン・ダイク<アマリア・ファン・ソルムス=ブランウェルスの肖像>
カナレット(ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)<ローマ、ナヴォーナ広場>
フランソワ・ブーシェ<田園の気晴らし>
ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル<ユピテルとテティス>
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー<ユディト>
ピエール=オーギュスト・ルノワール<赤い服の女>、<読書する女>
クロード・モネ<海辺の船>
ピエール・ボナール<若い女>
モイーズ・キスリング <花>

県立近代美術館 tel:088-668-1088


文化の森へのアクセス
■徳島市営バス 徳島市交通局(088-623-2154)
1.徳島市営バス3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し18分、
  終点「文化の森」で下車。
その他
  徳島市営バス3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原(入田)」行きに乗車
  16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
■徳島バス(088-622-1811)
徳島バス4番のりば「仁井田西」行き、または「佐那河内線 神山高校前」行きに乗車
 し16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
※JR文化の森駅からは、徒歩で約35分(2km程度)です。タクシーバスはありません。
 タクシー乗り場はJR二軒屋駅です。