見てみ!来てみ!徳島
イベント情報 最新ブログ おすすめプラン 観光情報 交通案内 よくある質問
団体概要
1 2 3 4
2017/4/25
タウン誌タウトク4月号に「鍛冶屋ツアー」が掲載されました
2017年03月28日の「タウトク」4月号の
特集記事
四国・淡路島の最新スポットで
鍛冶屋さんツアーが掲載されました。 

■四国・淡路島の最新スポット
四国と淡路島のレジャー、グルメ、イベントなど最新情報をご紹介!
家族や友人と行きたいお店が満載です☆
という特集で、勝浦町へのタクシープランが
紹介されました。
2016/10/1
JAF Mate 2016年10月号に掲載されました。
徳島市の観光地、魅力がJAFの機関紙
JAF Meteの10月号に掲載されました。
町のあちこち情報がいっぱいです。
会員さんは見てくださいね。
2015/10/2
映画「眉山」(2007年公開)の舞台
映画「眉山」(2007年公開)の舞台

9月の青空が広がるこの季節、
2006に年に撮影された映画「眉山」は、
好天のもと、徳島県庁の屋上で
エンディング部分が収録されました。
当時の様子を読売新聞の取材を受けました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下読売新聞から

<四国のロケ地>眉山 徳島・眉山          読売新聞
2015年10月01日

撮影が行われた眉山山頂の展望台。眼下に徳島市街などが一望できる(徳島市眉山町で)

◇おおらかに 父のように
 徳島市中心部にどっしりと構える市のシンボルの「眉山」(標高290メートル)。ロケ地になった山頂の展望台からは市街地を一望でき、天気の良い日には紀伊半島まで見渡せる。
 「なめらかな形が眉に似ていて、万葉集に詠まれました。どの方向から見ても眉に見えるため、この名が付いたとも言われます」。とくしま観光ガイドボランティア会副会長の黒田忠良さん(52)が教えてくれた。

2006年に撮影、07年に公開された映画は、徳島に住む末期がんの母と東京から看病のため帰郷した松嶋菜々子さんが演じる娘の河野咲子との交流やそれぞれの恋を軸に展開する。

吉野川に架かる橋から見た眉山。眉の形に見える
 展望台では、医師から母が医学生の解剖実習などに遺体を提供する「献体」を申し出ていると明かされる場面が撮影された。
 黒田さんらボランティア会のメンバーは、観光客のエキストラとして出演。夕暮れ時の限られた時間に撮影され、「失敗できないと思い、演技に集中していると、あっという間に時間が過ぎた。このシーンの意味を理解したのは、作品を見た後でした」と振り返る。
 クライマックスは阿波おどりのシーン。母から亡くなったと聞かされていた父の生存を知った咲子が、東京で探し当て、会場に呼ぶ。圧倒的な迫力のぞめきの中、父と母が視線を合わせ「再会」を果たす。

 撮影に携わった関係者によると、犬童一心監督は多くの場面で眉山を登場させることにこだわっていたという。実際、吉野川にかかる橋を渡る車窓など随所に映る。母娘を優しく見守る「父親」の存在として描かれた眉山を通して、家族の大切さを感じさせてくれる物語になっている。
 「母の『献体』は恋人や徳島への愛の証し。映画は私たちがあたり前に感じていた山の存在の大きさに気付かされた」。黒田さんはそう受け止める。
 上映後、訪れる観光客が一気に増えた。10万人台だったロープウェー利用客は公開された07年度に17万人台に増え、その後も16〜19万人台で推移している。
 兵庫県高砂市の会社経営、沢野文明さん(48)は展望台に立ち、「おおらかで動じない山の雰囲気に父性を感じる」と話した。映画を見て、徳島を包み込む眉山に魅了される人は今も多い。

 ◇徳島市・眉山
徳島市・眉山眉山山頂へはJR徳島駅から車で約20分。麓の阿波おどり会館から「眉山ロープウェイ」(中学生以上、片道610円)を利用すると約6分。運転時間は4〜10月は午前9時〜午後9時(11〜3月は午後5時半、8月12〜15日は午後10時まで)。
 同会館では、阿波おどりの公演が通年で行われ、歴史を紹介した「阿波おどりミュージアム」もある。徳島市のホームページ(http://www.city.tokushima.tokushima.jp/bizan/)から映画「眉山」徳島ロケマップがダウンロードできる。
([pdf] 1.44 Mバイト)
2015/5/9
「とくしま旅づくりネット」3周年イベントが徳島新聞に掲載
子ども、ゆるキャラと遊ぶ 「旅ネット」が3周年で催し 2015/5/8 09:26

 徳島市広域観光案内ステーション「とくしま旅づくりネット」の開設3周年を祝う記念イベントが同市のそごう徳島店の時計前広場であり、親子連れらでにぎわった。

 旅づくりネットの公式キャラクター「かわに〜ズ」や石井町のイメージキャラクター「ふじっこちゃん」など7体が登場。じゃんけん大会で勝ち残った人にかわに〜ズグッズをプレゼントしたほか、かわに〜ズダンスも披露した。

 じゃんけん大会で縫いぐるみをもらった桝本悠斗ちゃん(4)=同市安宅1=は「勝ててうれしい。ゆるキャラはかわいかった」と喜んでいた。

 同ステーションは2012年4月、アミコビル地下1階に開設され、同市と周辺11市町村の観光情報を発信している。
【写真説明】かわに〜ズからプレゼントをもらう子どもたち=そごう徳島店前
2015/3/12
「イルミネーション夜景ツアー」
徳島新聞の企画記事「徳島の観光」で
NPO法人徳島ツーリズム協会が
紹介されました。
10月〜2月に実施したツアーを
旅行商品の開発面から取材いただいたものです。
実数としては、少ない参加者数ですが、
徳島の夜の魅力を
参加された方にはお伝え出来たと思っています。

今年の冬も実施に向けて
計画を立てていますので、
徳島の夜景をどうぞお楽しみください。
2013/1/21
とくしま観光サポーター養成講座
日経MJ新聞に掲載されました
2012/12/26
「おもてなし」をテーマに観光講演会(新聞掲載されました)
「おもてなし」をテーマに観光講演会を開催いたします。
観光関係者だけで なく、おもてなしに関心のある方はどなたでも参加いただけます。
2012/12/10
とくしま観光サポーター養成講座が始まる
とくしま観光サポーター養成講座が新聞掲載されました。
2012/12/8
観光サポーター養成講座  〜日経新聞に掲載されました
2012/11/30
とくしま観光サポーター募集 〜徳島新聞に掲載されました