見てみ!来てみ!徳島
イベント情報 最新ブログ おすすめプラン 観光情報 交通案内 よくある質問
阿波おどり
NHK 阿波おどり2017放送詳細
総合テレビ 四国地方
9月1日(金)午後 7時30分〜  8時43分
 [再]2日(土)午後10時05分〜11時18分
BSプレミアム
9月5日(火) 23:45 〜 6日(水) 01:00

「徳島 阿波おどり2017」

かねや笛が奏でる“ぞめき”にあわせ、男と女が踊り込む。
時に優雅に、時に荒々しく舞う男踊り。
どこまでもしなやかで、艶やかな女踊り。
計算された一糸乱れぬ集団美。それが徳島の阿波おどり。
踊り手たちは仕事や学業の傍ら、1年を通して稽古を重ね、夏の本番を迎える。
「阿波おどりなくして我が人生なし」と語る徳島の人たち。
何がそこまでさせるのか。
底知れぬ阿波おどりの魅力を藤井隆さん、南沢奈央さんとたっぷり堪能する。
【ゲスト】藤井隆,南沢奈央,【解説】岡秀昭,山田実,【司会】佐々木智一,【リポート】庭木櫻子,【ナレーション】三浦珠実
BSプレミアム「阿波おどり」放送 2017年
「阿波おどり」で盛り上がった徳島の
町の様子が今年も全国の皆さんにご覧いただけます。
8月12日藍場浜演舞場などで、収録が行われました。
佐々木アナと庭木アナが出演しています。
詳細は、今後発表になると思います。
放送日は
9月1日(金)午後 7:30〜8:43(総合・四国4県)
9月5日(火)午後11:45〜翌0:58(BSプレミアム・全国)
です。
阿波おどりにお越しの個人のお客様へ(2017年)
おすすめページから転載

阿波おどり総合案内所が徳島駅前東側、徳島バス乗り場横に設置されます。
こちらでは、観光案内、宿泊案内、有料演舞場の当日券が販売されます。
電話での問い合わせ ・観光088−653−9680
・宿泊 088−653−9682


阿波おどりの期間(8月12日〜15日)徳島駅周辺の道路は混雑が予想されます。
また、近隣の駐車場だけでは、駐車台数が不足するおそれがあります。
阿波おどりの期間は、郊外の無料臨時駐車場から、
阿波おどり会場近くまでの直行のシャトルバスを利用してお越しください。
シャトルバスは利用料(整理料)1人1回100円をご用意ください。
なお、無料臨時駐車場は、吉野川河川敷駐車場(1000台)、
またはマリンピア駐車場(550台)の2ヶ所です。
シャトルバスは、第一便が午後4時出発。
以降、随時発車を予定しています。原則、地元観光バス車両(毎日10台 以上をピストンで)を使用します。
帰路シャトルバスの乗り場は、吉野川河川敷へは徳島市立体育館前、
マリンピアへは東警察署北です。
乗車前に整理料100円をご用意ください。
各駐車場に相互には乗り入れませんので行き先を確認してください。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビの目的地は、
「徳島市上助任町天神」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
目的地は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。
徒歩で吉野川河川敷から徳島市立体育館前まで1.7km30分
マリンピアへは東警察署北から4km1時間15分です。


阿波おどり会場周辺の公園や学校校庭が臨時駐車場として開放さ れています。
各1日1回1000円でPTA、町内会の方が運営しています。
新町小学校(300台)、内町小学校(320台)、
富田小学校(200台)、徳島中学校(300台)、
富田中央公園(120台)、東富田公園(200台)、
県庁(県外車のみ対応・213台無料)18時より、土日10時より
市街地のコインパーキングは特別料金で値上げされていますので
ご注意ください。
臨時駐車場の空車情報を地元ラジオ局が放送します。
14時から19時の間で随時放送です。
NHK第一放送(AM945KHz)
四国放送(AM1269KHz)
FM徳島(FM80・7MHz)
B−FM(FM79・1MHz)


有料演舞場の当日指定券は阿波おどり総合案内所のほか、
ファミリーマートで午前10時から販売。16時から演舞場チケットボックスでも販売。
自由席は、ローソン、セブンイレブンなどでも販売。
当日券は枚数に限りがあります。


阿波おどり会場周辺は、午後6時から午後11時まで交通規制が敷かれます。
国道192号から南側、東西1・5km。南北1・5kmのエリアが、規制区域で車両進入出来ません。
市内の交通は、午後4時以降混雑が予想されます。
阿波おどり運営スタッフは赤色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。


演舞場は有料と無料があります。
有料演舞場は、明るい照明に場内放送で踊り連の紹介アナウンス、
有名人の踊り込み、有名連の 卓越した踊りを楽しめます。

有料演舞場は、
市役所前演舞場(初日は開幕式があり、2部終演には複数連の合同踊りがあります)
藍場浜演舞場(徳島駅に近いマンモス演舞場・NHKの中継放送で使われる)定員5126名
紺屋町演舞場(歓楽街に近く踊りと夜の町を楽しめる)定員2763名
南内町演舞場(新町川沿いで川風が涼やか。2部終演は複数連の合同踊りが有名。映画「眉山」の舞台)定員3210名
チケットはコンビニなどでお求めください。
当日券もありますが、前売りが安く入手できます。
3歳以上有料。幼児は膝の上に座れば無料です。

なお、前売りで売り切れの席種も当日券で用意出来る場合があります。
整理返券が当日券として販売され前売りよりも見やすい優良席 が入手できる場合があります。


有料演舞場の席種(料金)の違いについて・・・
踊りは演舞場の踊り通路を行進します。
単に行進踊りするだけでなく、フォーメーションを組んだりします。
男女列が交差したり、集団で踊ったり、止まったりします。
このフォーメーションの披露は、演舞場中央で行います。
また、芸能人が踊り込んで来ると演舞場中央の放送席からあいさつします。
S席は会場中央ですから、これらが正面で見やすいです。
A席は出口に近いですが、これらの進行方向ですから見やすいです。
B席は会場中央から手前側で、フォーメーションは正面から過ぎていますので
後ろ姿を見る形になります。
C席は、踊り口近くでフォーメーションは遠くて見えません。< br>踊る前の踊り子の素顔が見えます。自由席ですから早い者勝ちで席を取ります。
空席が出れば前に移動出来ます。


観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は場内に売り子が販売しています。
第1部は西日が強いので水分補給し熱中症にはご留意ください。


無料演舞場は、踊り子と観客の距離が近く熱気が感じられ、踊りの中に飛び込みたくなります。
自由席なので早めの席取りが必要。夕暮れ時、日影を考えて席をキープしましょう。席に座れない人はレジャーシートを用意しています。
新町橋演舞場(目抜き通りで眉山を背景に踊る)
両国本町演舞場(最 長170mの演舞場は踊り子には心臓破りの演舞場)


踊りたい「踊る阿呆」には<にわか連>がおすすめ
徳島駅近くの元町おどり広場と市役所前市民広場がにわか連の集合場所です。
誰も自由に参加出来、服装は自由で踊りのレッスンを受けて演舞場に踊り込みます。
18:30、20:30に集合してください。踊り練習して演舞場へ入ります。
元町広場からは新町橋演舞場に、市役所前市民広場からは両国本町演舞場に踊り込みます。
両国本町演舞場がオススメ!

おどりハッピの貸出しがあります。
ちょっと衣装にこだわりたいという方にハッピを貸出ます。
阿波おどり総合案内所と市役所市民広場、元町おどり広場で貸出ます。
ハッピのデザインは女優の宮本信子さんが施しました。
有料になります。 貸し出しが3000円。返却時2500円返却。
18:00〜22:00(毎日先着250人)


阿波おどり衣装のレンタルは「アートレント」で貸してくれます。
株式会社アートレント  〒770-0873徳島県徳島市東沖洲1丁目6-2
電話624-7710 FAX624-7712


着付け教室の踊り浴衣の着付けサービスは廃止されました。


市中の阿波おどりは、午後6時から始まります。日中から踊りを楽しみたい方には、
次の会場でお楽しみください。
■選抜阿波おどり大会
有名連の卓越した踊りをステージショーで楽しむことが出来ます。
多くある踊り連から、選考を経てステージに立つことは名誉なことです。
踊りや照明、演奏曲にも演出を加えて見せる踊りに徹しています。
息つく間もなく展開するステージを楽しめます。
(有料で指定・自由で料金が変わります)
前夜祭・アスティ徳島
11日 11時〜、15時〜、19時〜各80分公演
阿波銀ホール(郷土文化会館)約800席
12日〜15日 11時〜、1 3時30分〜、16時〜各70分公演、

■阿波おどり会館
12日〜15日(50分公演)250名定員
11時〜、13時〜、15時〜
大人1000円、小人500円、
踊り体験会17時〜 無料 整理券発行

●盆流し
お盆の朝には手習いの三弦音楽を披露しながら歩く風習がありました。
三味線演奏を流して歩きます。
12日9時〜 阿波おどり会館から市中へ、10時30分 徳島城博物館
●開幕奉納おどり
家祖、藩祖、藩主の菩提寺・興源寺境内で阿波おどりを奉納します。観覧無料。
12日9時〜 興源寺(下助任・しもすけとう)
●流し踊り
阿波おどり振興協会所属の連員から選ばれた踊り子の踊りパレードです。
12日10時 〜 徳島駅前から新町橋など
●アスティおどり広場
大ホールのアリーナで有名連踊りを見物後に踊りのレッスンを受けます。参加無料。
12日〜15日 11時〜 14時〜 アスティ徳島
●NHK熱演!阿波おどり
NHK徳島放送局のロビーを開放し大学連や有志の踊り連、踊り体験などを楽しめます。
13日〜15日 12時30分〜、15時15分〜入れ替え制 観覧無料
●津田の盆踊り
県文化財に指定されている踊り。阿波おどりの原型とも言われています。
漁師町を踊り流します。
15日 11時〜、13時30分〜、徳島城博物館(入場料大人300円)
    18時〜 津田中学校前から町内 観覧無料


●そごう徳島店2階2階ペデストリア ンデッキ
<阿波おどり実演ライブ日程>
・12日(土)
 午前11時30分:本家大名連
 午後2時:そごう連、紀州連、無作連
 午後3時:仙台すずめ踊り
 午後4時:そごう連、ぞめき渦の会
 午後5時:よしこの連、楽楽、ひかり連、
・13日(日)
 午後2時:竜虎連、紀州連、娯茶平
 午後3時:本家大名連、無作連、
 午後4時:琉球國祭太鼓創作エイサー、広島紅葉連、うしお連
 午後5時:よしこの連、けんど連、なにわ連
・14日(月)
 午後2時:阿波小町、うしお連、神戸楠公連
 午後3時:娯茶平、達粋連、本家大名連、
 午後4時:寶船、佐那河内すだち連、
 午後5時:よしこの連、けんど連、舞女流華連、歌舞伎連、
・15日(火)
 午後2時:そごう連、本家大名連、竜虎連
 午後3時:本家大名連、佐那河内すだち連、歌舞伎連
 午後4時:そごう連、高円寺菊水連、
 午後5時: けんど連、舞女流華連、よしこの連
※記載スケジュールは予定です。各連の都合により演舞予定・時間は変動する場合があります。



●市内循環観光バス「ぐるぐるバス」は
終了(廃止)しました。

■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
午後5時と5時30分に開催を知らせる花火が上がります。
大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
(降雨代演はありません)
なお、チケットの払い戻しは購入した場所で翌日から8月20日まで行われます。
一方、一旦開催が決まり1時間以上経過以降に中止になった場合は、払い戻しはありません。
※総合案内所で購 入のチケットは、阿波おどり会館の実行委員会で払い戻しになります。
〜〜雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・


■100円均一の店は、徳島駅周辺では、
徳島駅ビル4階にあります。雨具の用意はお早めに。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場ステージ
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:(欠 番)
  13:アスティ徳島(枠外右下)
  14:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  15:阿波おどり会館
  16:よんでん阿波おどり広場
  17:NHK徳島放送局(8月13〜15日)
  18:アミコフェスタinシビックセンター(8月13〜15日)
   19:アミコデッキ阿波おどりフェスタ(そごう前)
  20:アスティおどりひろば
  21:銀座おどり広場
  22:ビアガーデンで阿波おどり
  23:阿波おどり実行委員会本部
  24:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  25:観光宿泊案内所(旅館組合)
  26:徳島市観光ステーション(地下1階)
  27:にわか連集合場所(市役所・元町)

紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行
■アスティ徳島へは・・・・
JR徳島駅前、市営バス乗り場3番乗り場
「山城町・ふれあい健康館」行きバスに乗車約20分、
文理 大学前下車、徒歩3分。
JR二軒屋駅下車、徒歩20分
■PDF版: http://www.awaodori-kaikan.jp/dance/guides.pdf
 大きすぎてプリントは不自由かも。
 この画面左の地図は中心部のみ切り取りしています。
●阿波おどりの楽しみは見る阿呆より踊る阿呆になることですよ〜〜
阿波おどり観覧の団体のお客様へ (2017年)
おすすめページから転載


阿波おどり観覧の団体のお客様へ (2017年)


阿波おどりでは、お越しのお客様に快適にご利用いただくため、事前に情報を入手されることをお薦めします。
(なお、この掲載内容は当会が集めたもので、一部古い情報が混じっている可能性があります。
阿波おどり実行委員会が7月25日から設置されていますのでご確認ください)
阿波おどり実行委員会 電話 088-653-9670

■団体予約の申込先
団体予約に関するお問い合わせ・予約申込みなどにつきましては、
徳島市観光協会において対応いたします。
TEL. 088-622-4010

■団体様の留意事項
団体様にあたってご留意いただきたいポイントを整理いたしました。

団体バス乗降場について
1.バスの降車について
 団体バス降車場スペースを設けています。
団体様のバスについては、いずれか2ヶ所にて団体客様にバスを降車していただきます。
藍場浜演舞場に入場される場合は、郷土文化会館あわぎんホール西。(仁心橋・じんしんばしの西)地図左端。
その他の演舞場には、県庁前かちどき橋北東側の中洲町の道路エリアで降車すると便利です。地図右端。
(一方通行です進入方向注意、交通整理員が待機))
2.バス降車後について
団体バスから降車いただき、演舞場に入場いただくためには、降車場から歩いての移動になり
約10分〜20分程度とお考えください。
降車場からの移動、演舞場への入場口整理列への集合などの時間を勘案し、
開演時間の30分程度前には、団体バス降車場に到着いただくようお願いいたします。
(演舞場へは開演30分前から入場となります)
なお午後4時以降は周辺は道路渋滞となりますのでお早めに市街地へお入り下さい。
3.バスは、団体さま降車後バス臨時駐車場等へと回送してください。
吉野川河川敷バス駐車場は100台駐車可。14時30分から利用可です。
利用料は1日1回3000円。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビは
「徳島市上助任町天神」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
あくまでも目標は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。
ドライバーさんへ:最寄りのコンビニはセブンイレブン徳島吉野本町6丁目店・☎088-653-7713
(吉野川橋から400m)


団体様は阿波おどり終演後、バス臨時駐車場へはシャトルバスでお回り下さい。
シャトルバスは、1人100円の整理料が必要です。
整理料は乗車前にお支払いとなります。
団体さまは事前にクーポンをご利用ください。現地で料金係が精算を対応します。
シャトルバスは、地元観光バス車両を使用し随時運行します。(一般客と混乗しますが観光バス車両なら着席定員です。一部路線用車両の場合もあります。
約10台がピストン運転します)
団体バス臨時駐車場(吉野川河川敷行き)シャトルバス乗り場は、市立体育館前(徳島駅北西)から出発します。
シャトルバスの行き先をご確認ください。
無料駐車場は2ヵ所あり、マリンピア駐車場と吉野川河川敷駐車場です。
(シャトルバスは相互には向かいませんので吉野川河川敷行きを体育館前から利用してください)



■団体の留意事項
1、有料演舞場への入場方法(団体のお客様)
入場には、入場券が必要です。
指定席の場所を入場口でご確認ください。
開場時間になれば入場できます。観覧席の裏側が入場口です。
自由席は先着順ですので開場までお待ちいただきます。
開場は開演の約30分前です。
(約2時間の上演で、1部2部の入れ替え制)。
終演は演舞場内の踊りステージ通路で観客も踊りながら退場となります。
(観客入場口と退場口は異なりますので、予め集合場所を決めておいてください。一般的にお手洗いの場所、デパート前あたりの場所が集合場所になっているようです)

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は売り子が客席で販売します。
第1部は西日が強いので、水分補給して熱中症にはご留意ください。

阿波おどり運営スタッフは赤色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。


●どうぞ、楽しく阿波おどりをご覧下さい〜踊ればもっと楽しいですよ〜


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
(実施告知の花火が午後5時と5時30分に上がります)
大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。

一方、一旦開催が決まり1時間経過以降に中止になった場合は、チケットの払い戻しはありません。
※団体様のチケットの払い戻しは、阿波おどり会館の実行委員会へお問い合わせください。

〜〜ただ、雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・
これもまた、思い出になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

■滞在時間別モデルプランをご用意しています!

会場周辺は午後6時以降、車両進入禁止エリアになります。(地図黄色エリア)
お早めに、会場周辺へ到着なさってください。


会場周辺には、皆様にお楽しみいただけるスポット
やコンテンツが多くあります。
バスツアーを企画される際には、滞在時間に応じて楽しんでいただける
モデルプランをご用意いたしましたので、ぜひご検討ください。

滞在プラン

観光施設
・阿波おどり会館
・徳島城博物館
・文学書道館(作家・瀬戸内寂聴名誉館長)
・阿波人形浄瑠璃人形館(郷土文化会館・阿波銀ホール内)

お買い物・おみやげ
・阿波おどり会館
・徳島駅地下
・徳島駅前名店街ビル
・アミコ地下(そごう)
・ご当地スーパーマーケット(かごや町、両国橋、等)

ご参拝
・天神社(眉山下)
・瑞巌寺(新町小学校南)
・春日神社(寺町)

散策
・新町ボードウォーク
・新町川水際公園
・寺町

軽食
・大判焼(駅前)
・お好み焼き
・徳島ラーメン


周遊船
・ひょうたん島周遊船(両国橋たもと、所要30分)
・ぐるぐるバスは終了(廃止)しました。

地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場ステージ
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:(欠番)
  13:アスティ徳島(枠外右下)
  14:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  15:阿波おどり会館
  16:よんでん阿波おどり広場
  17:NHK徳島放送局(8月13〜15日)
  18:アミコフェスタinシビックセンター(8月13〜15日)
  19:アミコデッキ阿波おどりフェスタ(そごう前)
  20:アスティおどりひろば
  21:銀座おどり広場
  22:ビアガーデンで阿波おどり
  23:阿波おどり実行委員会本部
  24:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  25:観光宿泊案内所(旅館組合)
  26:徳島市観光ステーション(地下1階)
  27:にわか連集合場所(市役所・元町)



紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行
徳島市の阿波おどりに参加するタレントさん2017年
 

12日に開幕する徳島市の阿波おどり(12〜15日)に、
今年もタレントさんが参加して連を演舞場に繰り出します。
常連さんから新人さんまで阿波おどりを楽しんでいただきましょう。
9日の徳島新聞で報じられました。
なお、タレントさんの連が記載された
阿波おどりHOTニュースは発行されません。

・12日

「サンスター連」森脇健児、林家三平、
「サントリー ザ・プレミアム・モルツ連」国分佐智子、男子バレーサントリーサンバーズ、
「大鵬薬品チオビタ連」KONISHIKI、
「ダイドー連」吉村作治
「ジブラルタ生命保険連」三遊亭若圓歌
「日立化成連」白石みき
「日本ハム連」岩本勉
「幸福の科学連」千眼美子(清水富美加)
「四国銀行連」島崎和歌子

・13日

「アサヒスーパードライ連」イメージガール田口千晶
「キョーエイ連」U字工事

・14日

「日清どん兵衛連」テツandトモ、中村静香

・15日

「エフエム徳島連」上野優華、井門宗之、森藤恵美、
「日立連」野々村真
「森永カルダスチビッコ連」タージン
「イオン連」STU48
「富士通システムズ・ウエスト連」曽田茉莉江
「富士通連」松村邦洋
阿波おどり演舞場に出演する一般踊り連の受付〜8月6日
 8月12日に開幕する徳島市の阿波おどり演舞場に
出演する踊り連の受け付け方法は、昨年に引き続き、
踊り期間4日間分を1日で抽選する方式とし、
8月6日午前10時から徳島新聞社で行います。

〈踊り連受け付け〉
◇抽選日時 8月6日10時から順次抽選
(有料演舞場8月12日・13日分=10時、14日・15日分=10時半、無料演舞場12日・13日分=11時、14日・15日分=11時半)
◇抽選場所 徳島新聞社7階ホール(徳島市中徳島町2)
 ※当日は東側玄関からお越しください。
◇抽選方法 【事前抽選】(本抽選の順番を決定)
抽選の前に連名を確認、ちょうちん、いんろう、浴衣など
連名が確認できるものを持参してください
※事前抽選に参加しないと本抽選に参加出来ません
【本抽選】(演舞場の順番を決定)
◇対象演舞場など 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、
両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、
新町橋東おどり広場、両国橋南おどり広場の9カ所
◇申し込み基準 各演舞場1日1連
観光姉妹都市交流で仙台市訪問
観光姉妹都市交流で仙台市訪問します。
8月5日(土)〜6日(日)、
宮城・仙台市にて阿波おどり振興協会選抜連が踊りを披露いたします。
ぜひ本場徳島の阿波おどりをご体感ください
◎出演予定はこちら
【8月5日(土)】
15:45 仙台ビジネスホテル前
16:30 交歓会 ※関係者のみ
【8月6日(日)】
12:20 仙台市長表敬訪問
12:40 市民広場/七夕まつりオープニング
(http://www.sendaitanabata.com)
14:30 サンモール一番町
15:30 ファーストタワー《踊り体験あり》
16:30 東二番丁スクエア《踊り体験あり》
阿波おどり期間の民泊宿泊者募集
阿波おどり期間の民泊宿泊者募集

徳島市では、「徳島市阿波おどり」期間中の
宿泊施設の不足を改善するために、
8月11日から16日までの間、
観光客に個人宅の空き部屋などを宿泊施設として提供する
「イベント民泊」を実施します。

徳島市内の民家に宿泊し、ゆっくりと阿波おどりや
観光地めぐり、民泊ならではの自宅提供者との交流も
楽しんでみませんか。

民泊実施期間
8月11日(金曜日)〜8月16日(水曜日)
宿泊を希望する方は、以下のURLへ
http://tokusimaminpaku.sakura.ne.jp/

イベント民泊運営事務局(業務受託者:株式会社パソナ)
電話  03−6734−1118(受付時間:平日8:30〜17:15)
メール  event-minpaku@pasona.co.jp
キリン一番搾り生ビールCM阿波おどり
7/18に「一番搾り 徳島に乾杯」が発売となりました!
徳島と言えば、阿波おどり!
嵐 の松本さん出演のTVCMでは、「おどらにゃそんそん!」と
と華麗に阿波おどりを披露する徳島の皆さん。
囃す地元の方々に触発され、徳島行きを決意!?
「行くぜ徳島!」と手ぬぐいを頭に巻いて立ち上がる松本さんでした。徳島の誇りがつまった、贅沢な飲みごたえとすっきりとした味わいをお楽しみください!徳島に乾杯!
阿波おどり無料演舞場の踊り連事前申し込みについて
徳島市の阿波おどり無料演舞場の踊り連出演順を事前申込で受け付けます。
◆演舞場  新町橋(東側・西側)演舞場 ・ 元町おどり広場 ・ 新町橋東おどり広場 ・ 両国橋南おどり広場
◆申し込み基準  演舞場と各おどり広場 1連あたりいずれか1ヵ所
◆申し込み方法
 7月7日〜10日(午前9時30分〜午後5時30分)の4日間
 徳島市観光協会(阿波おどり会館内)に備えている所定用紙または、ホームページ内の申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入し、同観光協会か
徳島新聞社事業部に申し込んでください。結果については、後日通知いたします。
 ただし、申し込み数が予定数を超えた場合は、抽選により決定します。
「水都とくしま連」の募集受付〜7月7日(金)必着
阿波おどり本番に「水都とくしま連」として、そろいの浴衣を着て
演舞場で踊る踊り子を募集します。
経験は問いません。阿波おどり一色となる徳島の熱い夜を
楽しみませんか。

【とき】8月14日(月)・15日(火)各日17時〜20時
 (着付けが必要な場合15時〜)
【募集人数】各日ともに男踊り・女踊り・子ども踊り各40人(抽選)
 ※子ども踊りは、同連で踊る保護者の同伴が必要。
【参加費】大人3,000円、子ども1,000円
【申込方法】7月7日までに、所定の用紙(PDFリンク)に必要事項を記入し、
郵送または直接徳島市観光協会へ。
【締め切り】7月7日(金)必着
【問い合わせ】徳島市観光協会 電話088−622−4010
JC徳島の阿波おどりキャンプの受付開始
徳島青年会議所は、阿波おどりの素晴らしさ、
そして徳島の素晴らしさを
もっと多くの人に知ってもらうために、
会場からほど近い、街のど真ん中に
1日限りのキャンプ場を作ることにしました。
 会場から程近い街のど真ん中に、100張限定で
キャンプサイトが用意されます。
料金は、一区画につき3,000円。
本場の阿波踊りに行きたいけど、宿が取れないから……と
諦めている方、キャンプ道具を持っているなら、
行かない手はありません!

AWAODORI CAMP概要
日程 2017年8月12日(土)13日(日)

12日(土)
キャンプ チェックイン/9:00〜  門限/23:30 消灯/24:00
 同時開催イベント 11:00〜17:00
13日(日)
チェックアウト/〜12:00
※雨天決行
会場 徳島市中徳島町二丁目
料金 1区画:3,000円
(一部メーカーテント提供区画有 1区画/15,000円)

主催 一般社団法人 徳島青年会議所
〒770-0865 徳島市南末広町5番8-8号徳島経済産業会館2F
088-623-1478

https://www.awaodori-camp.com/
阿波おどりの演舞場出演連が発表されました
阿波おどりの演舞場出演連が発表されました

7月1日に
徳島市の阿波踊り(8月12〜15日)の
有料演舞場入場券が発売されます。
有名連の各演舞場に出演する「張り付け表」が
発表になりました。
各演舞場で、有名連がいつ出演するか、
お気に入りの連の踊りをお楽しみください。
阿波おどり演舞場に出演する優先連受け付け
阿波おどり演舞場に優先的に出演することが出来る
優先連受け付けが行われます。
▽有名連(阿波おどり団体に所属し、選抜阿波おどり大会に出演している連)
▽タレント連(テレビなどで活躍しているタレントなどが所属する連)
▽県外連(徳島県以外の人で構成し、活動実績のある連)
▽阿波おどり実行委員会が運営上、特に認めた連

◇対象演舞場 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町の5カ所
◇申請方法 6月3日〜6日(9時半〜17時半)の4日間、徳島市観光協会(同市新町橋2の阿波おどり会館内)に備えている所定用紙に必要事項を記入し、同観光協会か徳島新聞社事業部に申請してください
 ※問い合わせ   徳島市観光協会 〈電088(622)4010〉
          徳島新聞社事業部 〈電088(655)7331〉
全国阿波おどりコンテスト出場県外連募集
11月3日(金・祝)・4日(土)・5日(日)の3日間,
アスティとくしま(徳島市)で
「秋の阿波おどり〜阿波おどり大絵巻〜」が開催されます。
イベントの一つ「第3回全国阿波おどりコンテスト」に
参加いただく県外連を募集しています。
7月10日(月)までに申込票をお送りください。

出演費用について コンテスト出場連には,
○徳島県内に1泊以上宿泊で
・四国,近畿(2府4県),中国地方 →15万円
・関東甲信越,東海,北陸(3県),九州地方 →25万円
・北海道,東北(6県),沖縄地方 →30万円
<加算条件> ○東新町商店街へ踊り込み連 →1連+3万円

詳しくは
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2017051200165/files/kontesutoannai.pdf
徳島県観光政策課
TEL088−621−2342
FAX088−621−2851
〒770−8570 徳島県徳島市万代町1丁目1番地
2017徳島市阿波おどりのチケット販売チラシ
日本を代表する夏の祭典、
「2017徳島市阿波おどり」は、今年も
8月11日(金)の前夜祭から始まり、
本番は8月12日(土)〜8月15日(火)の開催となります。
時間は、第1部/18時〜20時 第2部/20:30〜22:30で
入場券が必要な有料演舞場は
市役所前演舞場・藍場浜演舞場・紺屋町演舞場・南内町演舞場の
4か所です。
例年通り、通常チケットの販売は7月1日から
コンビニのチケット発券機から求められます。
阿波おどり2017の概要
5月19日阿波おどり実行委員会が開かれ外国人向けの
演舞場入場券の販売などが決まりました。
これは徳島市役前演舞場のS席のうち50席を海外向け
インターネットで販売。案内表記を日本語と英語にし、
場内アナウンスも大学生の英語バージョンが加わります。
洋式トイレも備えるということです。
昨年好評だった南内町演舞場の特別席は6月15日から30日まで
インターネットサイトで先行販売されます。
有料演舞場は藍場浜、紺屋町、南内町、市役所前の4か所。
11日の前夜祭はアスティとくしまで11時、15時、19時の
3回の公演となります。
選抜阿波おどりは郷土文化会館・あわぎんホールで
11時、13時30分、16時の3回 公演が行われます、
前売り券は7月1日10時から全国のコンビニ、楽天チケット
などで発売されます。
阿波おどりポスター2017が完成
毎年8月12日から8月15日までの4日間、徳島市中心街で開催する
『阿波おどり』を全国にPRする平成29年度阿波おどりポスターが完成しました。

写真は、全国公募で寄せられた251点から選ばれた
有名連「娯茶平」の女はっぴ踊りの写真です。

JR四国の主要駅や旅行会社、県内の宿泊施設などに配布します。
また、一般向けに徳島市観光協会(阿波おどり会館3階)で販売があります。
B1版1枚100円、B3版1枚 50円

B1版 1030(縦)× 728(横) 印刷枚数 3,500枚
B3版 517(縦)× 368(横) 印刷枚数 3,000枚



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から


今夏の阿波踊りPRポスターお披露目   2017/5/20 09:56

 今夏の徳島市の阿波踊りをPRする市観光協会のポスターが完成し、19日の阿波おどり実行委員会でお披露目された。

 写真は、全国公募で寄せられた251点から選ばれた阿波市市場町香美の元県職員秋山修一さん(66)の作品を採用。娯茶平の女性の踊り子がぐっと腰を落として、男踊りを力強く踊る姿を捉えた。

 キャッチコピーは、徳島市のコピーライター新居篤志さんが考案した「天下御免の夏きたる!」。グラフィックデザインは、同市のデザイナー藤本孝明さんが担当した。

 B1判を3500枚、B3判を3千枚作製。全国のJR主要駅や旅行会社、県内の宿泊施設などに配る。一般向けにB1判100円、B3判50円で販売する。
ドイツで阿波おどり 2017年4月24日〜26日
阿波おどり振興協会選抜連が
4月24日(月)〜26日(水)の日程で
ドイツ・ニーダーザクセン州内各地にて
阿波おどりを披露。
ハノーバーで開催される世界最大の産業見本市、
ハノーバーメッセにも出演!
本場の阿波おどりをPRしました。
見本市には徳島のブースが出展され
藍で染めた木材など徳島の産業がアピール
されました。
【4月24日(月)】
ハノーバー/Hannover Fairs International
「ナイトオブイノベーション」
▼19:00頃 出演
[http://www.hannovermesse.de/home]
【4月25日(火)】
ヴォルフスブルク/City Galerie Wolfsburg
「阿波おどり公演」3回公演
▼@13:00〜/A15:00〜/B17:00〜
[https://m.city-galerie-wolfsburg.de/]
【4月26日(水)】
リューネブルク/リューネブルク博物館
「板東俘虜収容所 展覧会」オープニングセレモニー
▼18:00頃 出演
※時間は全て現地時間になります。(時差:日本-7時間)
阿呆連FBより
秋の阿波おどり 2017年は11月3日〜5日
徳島で秋の阿波おどりを楽しむ
イベントが今年も開かれます。
2017年は11月3日〜5日に
イベント会場アスティ徳島で開催され、
3連休のお楽しみとなりそうです。
毎日11時と14時から阿波おどりステージを
見ることが出来ます。
日頃の技をさらに磨いて
見る阿波おどりをじっくりと楽しめます。
阿波おどり2団体が、芸術性の高い踊りを
見せてくれます。
入場無料です。
なお、旅行会社の方は、観覧席の確保、バス駐車場について
徳島県観光政策課にお問い合わせください。
はな・はる・フェスタ2017 出演連
第20回目を迎える「はな・はるフェスタ」春の阿波おどりで
有名連の豪華競演を屋内ホールと屋外桟敷席でたっぷりとご覧いただけます。
入場には整理券が必要ですが、開演30分前から定員数が配布されます。
会場入り口でお受け取りください。
出演連は、画像のようになります。
入場無料です。
また、徳島のおいしいものが並ぶグルメストリートや、ステージイベント、
伝統文化の体験コーナーなど、楽しいイベントがいっぱい。
開催日
2017年4月15日[土]・16[日]
開催時間
10:00-17:00
※15日[土]は18:00-21:00も開催
 会 場
新町川公園一帯(JR徳島駅から徒歩5分)
入場無料

主 催
はな・はる・フェスタ実行委員会
徳島県/徳島市/徳島新聞社

お問い合わせ
はな・はる・フェスタ実行委員会事務局
(徳島新聞社事業部)
TEL:088-655-7331
春の阿波おどり「はな・はる・フェスタ2017」開催日程
今年で、はな・はる・フェスタは20周年になります。
開催日は4月15日[土]・16[日]
10:00-17:00 ※15日[土]は18:00-21:00も開催され夜も楽しめます。
会場:新町川公園一帯(JR徳島駅から徒歩5分)
入場・観覧無料
 
■主 催
はな・はる・フェスタ実行委員会
徳島県/徳島市/徳島新聞社

http://ameblo.jp/hanaharu-f/entry-12250626750.html?frm_src=thumb_module

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から

「はな・はる」4月15日開幕 グルメ横丁など新企画   2017/2/24 14:15

 徳島の春の祭典「はな・はる・フェスタ」(実行委、徳島新聞社など主催)の実行委総会が23日、徳島新聞社であり、20回目となる今年のフェスタの日程を4月15、16の両日と決めた。県産食材の魅力を発信する「とくしまグルメ横丁」や東新町商店街での有名連による流し踊りなど、初めての企画がめじろ押しで、節目の祭典を華やかに盛り上げる。
 会場は、藍場浜公園を中心とした新町川沿い一帯。同公園で昨年まで10年間行われた徳島ラーメン博覧会に代わって「とくしまグルメ横丁」を催し、阿波牛などを使ったメニューを販売する。しんまちボードウオーク一帯では海産物に特化したグルメイベントを行う。
 阿波踊り関連のイベントも充実させる。有名連33連が競演する「春らんまん阿波おどり」(藍場浜公園桟敷ステージ)や「阿波おどり春舞台」(あわぎんホール)を行うほか、昨年まで有料だった阿波おどり会館での公演を無料にする。
 15日には夜のイベント「はな・はる・ナイト」があり、午後6時から有名連8連が東新町商店街に踊り込み、あわぎんホールでも踊り公演がある。同8時からは新町川沿いで美波町の無形文化財「吹筒花火」が披露される。
 このほか恒例のダンスコンテストやエフエム徳島スペシャルライブ、藍染などの伝統工芸体験といった多彩なイベントが行われる。各イベントの情報は新聞広告のほか公式ブログやフェイスブック、ツイッターでも随時発信する。
 総会には実行委員長の近藤宏章・県商工会議所名誉会頭ら20人が出席し、フェスタの事業計画案などが承認された。
阿波おどり会館の昼夜おどりは休止(12月26日〜1月23日)
阿波おどり会館の踊りホールの音響施設更新のため
12月26日(月)〜2017年1月23日(月)まで
実演公演が休止となります。
昼のおどり、夜のおどりともに休止です。

なお、お正月の1月2〜3日の特別公演は工事を休止して踊りを
実施となります。
2017年の阿波おどりポスター写真決定
来年の阿波おどりのポスター用写真が発表に
なりました。
総数251点から、「娯茶平」の女子の男おどりが
選ばれました。
落ち着いたおどりが写真から伝わってきます。

審査で、阿波市市場町香美の元県職員秋山修一さん(66)の
作品が採用になりました。
秋山さんの作品は、10年にも採用されています。
今年は、県内外の70人から251点の応募があり、
推薦のほかに特選2点、入選5点が選ばれました。
京都で阿波おどりを踊ります。平成28年10月9〜10日
京都市で、本場徳島の「阿波おどり」の披露や
徳島市イメージアップキャラクター「トクシィ」が
観光PRを行います。
12月に開催される「徳島LEDアートフェスティバル」など
徳島市の観光やイベントをPRします。

嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会の協力で
10月9日(日曜)から10月10日(月曜)
京都市で阿波おどりを踊ります。
また、「トクシィ」による観光PR
徳島市観光パンフレット等を配布します。


10月9日(日曜)
午後1時
レストラン嵐山
午後1時30分
阪急嵐山駅前広場
午後2時
中之島公園
午後3時
嵐電嵐山駅前
午後4時
嵐山通船付近

10月10日(月曜)
午後0時30分
阪急嵐山駅前広場
午後1時
中之島公園
午後2時30分
JR嵯峨嵐山駅前
午後3時30分
嵐電嵐山駅前
午後4時30分
嵐山通船付近

画像:https://www.youtube.com/watch?v=A9GJU58jSFY
「阿波おどり2016」がBSで放送 9月6日
BSプレミアム 9月6日(火)午後11時45分

かねや笛が奏でる“ぞめき”にあわせて、男と女が踊り込む。どこまでもしなやかな指先の動き。
時に優雅に、時に荒々しく迫る足運び。計算された集団美。踊りのグループ“連”が1年かけて作り上げた「いま、一番美しい・かっこいい・楽しい」踊りが一堂に会する。そんな徳島の阿波おどりには、毎年来たくなる仕掛けがいっぱいです。
誰でも参加可能、有名連と街中へ踊り込み、観光客を「踊る阿呆(あほう)」へと誘う「にわか連」。毎夏、やってくる「県外連」と迎える地元の人たち。番組では阿波おどりに魅せられた子どもたちにも密着。
“今に生きる伝統文化”阿波おどりの魅力を、パトリック・ハーランさん、吉木りささんとともにたっぷりと堪能します。
阿波おどりがロシアのモスクワで演舞予定8/27
フランス・パリでの公演が中止になったという
ニュースがありましたが、一方で
ロシアでの公演が決まりました。
ロシアでの公演は初めてだそうです。
観客も一緒に踊るといいですね。
浴衣姿で寒くないのかなあと余計な心配する
編集子です。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から

選抜連、ロシアで初披露 27日から国際音楽祭に参加 2016/8/24 11:1

 阿波おどり振興協会の選抜連が、27日からロシア・モスクワ市で開かれる国際音楽祭「スパスカヤタワー・インターナショナルミリタリーミュージックフェスティバル」に出演する。徳島県によると、ロシアで阿波踊りが披露されるのは初めて。
 フェスは27日から9月4日まで開かれ、イタリア、ギリシャなど約10カ国の警察や軍隊のマーチングバンドが参加。各国の伝統舞踊の上演もあり、ロシア有数のイベントとして高い人気を誇っている。

 出演に当たっては、在日ロシア大使館から県に依頼があり、阿波おどり振興協会が受けた。
 選抜連の40人は25日に出発し、フェスには27〜29日の3日間出演する予定。華麗な乱舞を繰り広げて来場者に徳島の伝統芸能を楽しんでもらうほか、地元の子どもたちとも交流する。帰国は31日。
 振興協会の朝日榮作会長(71)は「海外に阿波踊りを発信する絶好の機会。連員と一緒に踊れば楽しさは一層増すだろう。徳島に踊りに来てもらえるよう、魅力を伝えたい」と話した。
 県国際企画課によると、日本から同フェスに出演するのは秋田、山形に続いて3県目。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKから

阿波踊りロシアで披露へ

徳島の阿波踊りが、ロシアの首都モスクワで開かれるイベントで8月27日から披露されることになりました。
このイベントは、世界各国の軍隊や警察のマーチングバンドが演奏を披露する「スパスカヤタワーインターナショナルミリタリーミュージックフェスティバル」で、8月27日から9日間、モスクワの「赤の広場」で開かれます。
イベントには毎年、民俗芸能の団体も招かれていて、阿波踊りはその1つとしてロシア大使館から徳島県に出演の要請がありました。
「阿波おどり振興協会」に所属する「有名連」と呼ばれる代表的な踊り手のグループから選抜メンバー40人が参加し、27日から3日間、現地でパレードに参加するなどして踊りを披露します。
このイベントに日本の団体が参加するのは、盛岡市の「さんさ踊り」、秋田市の「竿燈まつり」に次いで3団体目だということです。
派遣団の団長を務める阿波おどり振興協会の朝日榮作・会長は、「ロシアで阿波踊りが披露されるのはおそらく初めてではないか。市民との交流イベントも予定されているので、ロシアの人にも一緒に踊ってもらって喜んでもらいたい」と話しています。

08月25日 09時39分
パリ阿波おどりは中止になりました(2016)
パリ公演は全面的に中止になりました。
地元徳島から参加できなくても、東京阿波おどりのメンバーが
パリの公演を成功させるのではないかと
編集子は期待もしていましたが、
実行委員会のFBの記事とNHK徳島が中止を報じました。

平和のシンボルでもある阿波おどりが
公演できない状況であるパリの現状が悲しい・・・
でもいつか、平和になったら
必ず上演されるでしょう。
関係者のご苦労をお察しします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
実行委員会FBから

阿波おどりパリ


AWA ODORI PARIS 2016を誠に残念ながら中止することにいたしました。

ニースでのテロ事件、フランス全土での緊急事態宣言の延長に伴い、外務省から「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」が発信され、参加踊り手の方々の渡航延期を決定づける事となりました。実行委員会として、踊り手の方々の判断に同調することとなりました。

本事業にご支援、ご協賛をいただきましたパートナーの皆様、そして昨年より阿波踊りパリを応援してくださいました皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
痛ましいテロの記憶が色褪せた頃に、踊り手の皆様が万全の体制で再びイベントへ参加復帰してくださることでしょう。それまでは、フランスの皆様には日本で阿波踊りを楽しんで頂ければと思います。
皆様の応援誠にありがとうございました。2015年のイベントは最高に素晴らしいものでした。皆様のサポートと共に将来再びイベントを実現できたら幸いです。
阿波踊りパリ実行委員会
contact@awaodoriparis.com


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKから


阿波おどりパリ公演が中止


徳島市の阿波おどりは、去年、初めてフランス・パリでの公演が行われて好評を博し、ことし9月にも再び公演が行われる予定になっていましたが、現地での相次ぐテロ事件を受け、中止されることが決まりました。
徳島の夏を彩る阿波おどりは、日本を代表する祭りのひとつとして去年10月、パリ中心部の広場で初めて公演が行われ、5000人余りが見物に訪れるなど熱気に包まれました。
9月には、去年の倍のおよそ60人の踊り手が参加し、再びパリで踊りを披露する予定でしたが7月、フランス南部のニースで大型トラックが暴走し80人余りが犠牲になるテロ事件が起きるなど、治安の悪化が懸念されることなどから公演は中止されることが決まりました。
フランスでは、政府が非常事態宣言を来年1月まで延長し厳重な警備を続けていて、各地で夏の大型イベントが中止されています。
去年、「阿波おどりパリ公演」の団長を務めた岡秀昭さんは、「阿波おどりの明るさと平和を、一緒に踊って再認識してもらいたかったし、阿波おどりにはそれだけの力があることを見せたかったが、残念です」と話していました。

08月17日 13時04分
阿波おどり閉幕 (2016)
4日間にわたる徳島市の阿波おどりが閉幕しました。
恒例の南内町演舞場で総おどりがあり、
阿波おどり振興協会の16連、約1800人が
フィナーレを飾りました。
今年の4日間の人出は。123万人と
好天に恵まれ大勢の人出となりました。
8月1日から特設された演舞場は、
撤去作業が始まりました。
過ぎゆく時の寂しさを覚えます。

遠来のお客さまには、お楽しみいただけましたか。
人口の倍以上の観光客が押し寄せる阿波おどり期間で、
不慣れな対応とはいえ、不愉快な思いをされた方も
いらっしゃると思います。申し訳ございませんでした。
平和だからこそ楽しめる夏まつり、阿波の盆おどりを
楽しみにまた来年もどうぞお越しくださいますよう
お願いいたします。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
NHKニュースより
徳島市の阿波おどり閉幕

徳島市の夏を彩る「阿波おどり」は最終日の15日夜、およそ1800人の踊り手による「総おどり」が行われ、フィナーレを飾りました。
徳島市の「阿波おどり」は、今月12日に開幕し、15日夜は4日間のフィナーレを飾る「総おどり」が、南内町演舞場で行われました。
かねや笛、それに太鼓が奏でる独特の「ぞめき」のリズムが鳴り響く中、「有名連」と呼ばれる代表的なグループの踊り手およそ1800人が、列をなして演舞場に踊り込みました。
はじめに「女踊り」の踊り手たちが手を上にあげて息を合わせたあでやかな踊りを見せると、会場は華やかな雰囲気に包まれます。
続いてうちわやちょうちんを手にした「男踊り」の踊り手たちが腰をしっかりと下ろして躍動感のある踊りを繰り広げ、観客は大きな拍手を送っていました。
最後は、見物客も踊りに参加し、会場の熱気は最高潮に達していました。
東京から来た60代の女性は「踊り手の楽しそうな表情が伝わり、最高の祭りでした。激しい踊りも静かな踊りもどちらもすばらしかったです」と話していました。
実行委員会によりますと、阿波おどりには、15日までの4日間で去年と同じおよそ123万人が訪れたということです。
08月16日 13時06分


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から

熱狂尽きず 阿波踊りフィナーレ 2016/8/16 10:37

2016年の徳島市の阿波踊り(市観光協会、徳島新聞社主催)は15日、興奮と歓喜が冷めやらぬ中で閉幕した。こよい限りと乱舞する天水たちの姿に、観客たちは心を震わせ踊りの渦へ。過ぎゆく「徳島の夏」を名残惜しむように、踊り絵巻はいつ果てるともなく続いた。

 終宴の時が近づいても、踊りへの情熱は色あせない。夜空をつんざく鉦や太鼓の音は鳴りやまず、踊る阿呆と見る阿呆の心が一つになっていく。

 有名連は華やかな演出で、見る阿呆を酔狂の世界に引き込んでいく。「二拍子の天国」に身を投じた観客たちはにわか連となって列をなし、われを忘れて踊りに浸った。

 午後10時すぎ、南内町演舞場では恒例の総踊りが始まった。フィナーレを飾った極彩色の乱舞は、桟敷客の胸に消えることのない感動を刻んだ。

 最終日、熱狂の街に繰り出したのは30万人(阿波おどり実行委発表)で、4日間の人出は昨年と同じ123万人だった。
阿波おどり期間に運行!観光バスツアー参加者募集中

NPO法人徳島ツーリズム協会では、阿波おどり期間中の昼間に徳島市や隣接する市町をめぐり徳島の魅力を伝えるバスツアーを実施します。
阿波おどりに来徳された観光客や帰省の家族連れなど、多くの方に徳島の町の良さを知ってもらいたいと思います。

Aコース:8月12日 「徳島早めぐり〜藍屋敷と吉野川の眺め〜」
JR徳島駅前集合=徳島市内昼食・地元の野菜を使ったバイキング=車中から吉野川の眺め=藍住・藍の館(OP藍染め体験)=松茂・菓子工場=JR徳島駅前
時間:お昼12時集合出発〜午後3時30分帰着
旅行代金:3,000円(お一人さま・昼食込)※OP追加料金:藍染めは生地により個人負担

Bコース:8月13日 「阿波の文化と伝説を訪ねて〜阿波丈六寺と義経、金長狸〜」
JR徳島駅前集合=丈六寺=義経騎馬像=金長狸像=小松島みなと交流センター=徳島市・昼食=市内車窓案内=JR徳島駅前 
時間:午前9時集合出発〜午後3時帰着 
旅行代金:3,500円(お一人さま)

Cコース:8月14日・15日 「みどころ徳島1日めぐり〜藍屋敷と阿波人形浄瑠璃〜」
JR徳島駅前集合=藍住・藍の館(OP藍染め体験)=徳島市内昼食・地元の野菜を使ったバイキング=松茂・菓子工場=阿波十郎兵衛屋敷(人形浄瑠璃)=JR徳島駅前
時間/午前9時集合出発〜午後3時30分帰着
旅行代金/3,500円(お一人さま・昼食込)※OP追加料金:藍染めは生地により個人負担

集合場所:徳島市観光ステーション(徳島駅前アミコ・そごう地下)「旅づくりネット」に集合。
最少催行人員:2名   
添乗員:同行。観光ガイドスタッフが同行お世話します。※バスガイドは乗車しません。
参加申込:徳島ツーリズム協会で受付  TEL・FAX:088−622−8214 
または、「旅づくりネット」TEL:088−635−9002
阿波おどりにお越しの個人のお客様へ(2016年)

阿波おどり総合案内所が徳島駅前東側、徳島バス乗り場横に設置されます。
こちらでは、観光案内、宿泊案内、有料演舞場の当日券が販売されます。
電話での問い合わせ ・観光088−653−9680(期間中特設電話)
・宿泊 088−653−9682

阿波おどりの期間(8月12日〜15日)徳島駅周辺の道路は混雑が予想されます。
また、近隣の駐車場だけでは、駐車台数が不足します。
阿波おどりの期間は、郊外の無料臨時駐車場から、
阿波おどり会場近くまでの直行のシャトルバスを利用してお越しください。
シャトルバスは利用料(整理料)1人1回100円をご用意ください。
なお、無料臨時駐車場は、吉野川河川敷駐車場(1000台)、
またはマリンピア駐車場(550台)の2ヶ所です。
シャトルバスは、第一便が午後4時出発。
以降、随時発車を予定しています。原則、地元観光バス車両(毎日10台以上をピストンで)を使用します。途中下車はできません。

帰路シャトルバスの乗り場は、吉野川河川敷へは徳島市立体育館前、
マリンピアへは東警察署北です。
乗車前に整理料100円をご用意ください。
各駐車場に相互には乗り入れませんので行き先を確認してください。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビの目的地は、
「徳島市上吉野町3−21」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
目的地は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。


阿波おどり会場周辺の公園や学校校庭が臨時駐車場として開放されています。
各1日1回1000円でPTA、町内会の方が運営しています。
新町小学校(300台)東山手町2−25、内町小学校(320台)徳島町城内1−15、
富田小学校(150台)中央通り3−15、徳島中学校(300台)中前川町3−16
富田中央公園(120台)秋田町2−4、東富田公園(120台)富田橋1−4、
県庁(県外車のみ対応・210台無料)18時より、土日は10時より、万代町1−1
※西富田公園の開設はありません。
阿波おどり会場近くの駐車場は、学校や公園の臨時駐車場がオススメです。
1回1000円ですから、3時間以上の駐車なら割安。
市内のコイン駐車場は通常1時間200〜300円ですが
1時間500円に特別料金として値上げになったりしています。

臨時駐車場の空車情報を地元ラジオ局が放送します。
14時から19時の間で随時放送です。
NHK第一放送(AM945KHz)
四国放送(AM1269KHz)
FM徳島(FM80・7MHz)
B−FM(FM79・1MHz)


有料演舞場の当日指定券は阿波おどり総合案内所で午前10時から販売。
演舞場近くの臨時売店で16時から販売。

自由席券は、サークルK・サンクスぴあ、セブンイレブン、ローソン、
ファミリーマートで販売。
当日券は枚数に限りがあります。


阿波おどり会場周辺は、午後6時から午後11時まで交通規制が敷かれます。
国道192号から南側、東西1・5km。南北1・5kmのエリアが、規制区域で車両進入出来ません。
市内の交通は、午後4時以降は混雑が予想されます。

阿波おどり運営スタッフは水色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。



演舞場は有料と無料があります。

有料演舞場は、明るい照明に場内放送で踊り連の紹介アナウンス、
有名人の踊り込み、有名連の卓越した踊りを楽しめます。
有料演舞場は、
市役所前演舞場(2部終演には複数連の合同踊りがあります)
藍場浜演舞場(徳島駅に近いマンモス演舞場・12日は開幕式が行われる。NHKの中継放送で使われる)定員5126名 ※カメラマンへ・・・照明がLEDに切り替わり色味が青いです。
紺屋町演舞場(歓楽街に近く踊りと夜の町を楽しめる)定員2763名
南内町演舞場(新町川沿いで川風が涼やか。2部終演は複数連の合同踊りが有名。映画「眉山」の舞台)定員3210名
当日券もありますが、前売りが安く入手できます。
3歳以上有料。幼児は膝の上に座れば無料です。
なお、前売りで売り切れの席種も当日券で用意出来る場合があります。

有料演舞場の席種(料金)の違いについて・・・
踊りは演舞場の踊り通路を行進します。
単に行進踊りするだけでなく、フォーメーションを組んだりします。
男女列が交差したり、集団で踊ったり、止まったりします。
このフォーメーションの披露は、演舞場中央で行います。
また、芸能人が踊り込んで来ると演舞場中央の放送席からあいさつします。
S席は会場中央ですから、これらが正面で見やすいです。有名人が近くで見られます。
A席は出口に近いですが、これらの進行方向ですから見やすいです。
B席は会場中央から手前側で、フォーメーションは自席正面から過ぎていますので
後ろ姿を見る形になります。
C席は、踊り口近くでフォーメーションは遠くて見えません。
踊る前の踊り子の素顔が見えます。自由席ですから早い者勝ちで席を取ります。
空席が出れば前に移動出来ます。

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は場内に売り子が販売しています。
第1部は西日が強いので水分補給し熱中症にはご留意ください。

無料演舞場は、踊り子と観客の距離が近く熱気が感じられ、踊りの中に飛び込みたくなります。
自由席なので早めの席取りが必要。夕暮れ時、日影を考えて席をキープしましょう。席に座れない人はレジャーシートを用意しています。
タレント有名人は踊りに来ません。
新町橋演舞場(目抜き通りで眉山を目前・背景に踊る)
両国本町演舞場(最長170mの演舞場は踊り子には心臓破りの演舞場で人気)

踊りたい「踊る阿呆」には<にわか連>がおすすめ
徳島駅近くの元町おどり広場と市役所前市民広場がにわか連の集合場所です。
誰も自由に参加出来、服装は自由で踊りのレッスンを受けて演舞場に踊り込みます。
18:30、20:30に集合してください。踊り練習して演舞場へ入ります。
元町広場からは新町橋演舞場に、市役所前市民広場からは両国本町演舞場に踊り込みます。
両国の心臓破りの演舞場を体験できます。

おどりハッピの貸出しがあります。
ちょっと衣装にこだわりたいという方にハッピを貸出ます。
阿波おどり総合案内所と市役所市民広場で貸出ます。
ハッピのデザインは女優の宮本信子さんが施しました。
有料になります。貸し出しが3000円。返却時2500円返却。
18:00〜22:00(毎日先着250人)
なお、販売はしていませんが返却しない方がいらっしゃるのも現実です。

阿波おどり衣装のレンタルは「アートレント」で貸してくれます。
アートレント
〒770-0873 徳島市東沖洲1丁目6-2
 電話624-7710  FAX624-7712
徳島市東部の郊外になります。
 徳島市バス  沖洲・南海フェリー行 約15分
 中央市場口下車 歩約1km(マリンピア工業団地へ)

踊り浴衣の着付けサービスは昨年から休止になりました。美容院でご相談ください。

市中の阿波おどりは、午後6時から始まります。日中から踊りを楽しみたい方には、次の会場でお楽しみください。

■選抜阿波おどり大会
有名連の卓越した踊りをステージショーで楽しむことが出来ます。
多くある踊り連から、選考を経てステージに立つことは名誉なことです。
踊りや照明、演奏曲にも演出を加えて見せる踊りに徹しています。
息つく間もなく展開するステージを楽しめます。
(有料で指定・自由で料金が変わります)

前夜祭・アスティ徳島
11日 11時〜、15時〜、19時〜各80分公演
阿波銀ホール(郷土文化会館)約800席
12日〜15日 11時〜、13時30分〜、16時〜各70分公演、
徳島市文化センターは老朽化のため閉鎖になりました。


■阿波おどり会館 おどりホール
12日〜15日(50分公演)
11時〜、13時〜、15時〜
大人800円、小人400円、朝9時から発売
踊り体験会17時〜 無料・要整理券・朝9時から配布


●盆流し
お盆の朝には手習いの三弦楽曲を披露しながら歩く風習がありました。
三味線演奏を流して歩きます。
12日9時〜 阿波おどり会館から市中へ
12日10時30分〜 徳島城博物館

●開幕奉納おどり
家祖、藩祖、藩主の菩提寺・興源寺境内で阿波おどりを奉納します。観覧無料。
12日9時〜 興源寺(下助任2−45・しもすけとう)

●流し踊り
阿波おどり振興協会所属の連員から選ばれた踊り子の踊りパレードです。
12日10時〜 徳島駅前から新町橋など

●アスティおどり広場
大ホールのアリーナで有名連踊りを見物後に踊りのレッスンを受けます。参加無料。
12日〜15日 11時〜 14時〜 アスティ徳島

●NHK熱演!阿波おどり
NHK徳島放送局のロビーを開放し大学連や有志の踊り連、踊り体験などを楽しめます。
13日〜15日 13時00分〜17時 観覧無料

●津田の盆踊り
県文化財に指定されている踊り。阿波おどりの原型とも言われています。
漁師町を踊り流します。
14日 13時10分〜 NHK熱演阿波おどり 観覧無料
15日 11時〜、13時30分〜、徳島城博物館(入場料大人300円)
    18時〜 津田中学校前から町内 観覧無料


●そごう徳島店2階ペデストリアンデッキ
<阿波おどり実演ライブ日程>
・12日
 午前11時:徳島県阿波おどり保存協会合同
 午後2時:そごう連
 午後2時30分:本家大名連
 午後3時  :仙台すずめ踊り
 午後3時30分:無作連、歌舞伎連
 午後4時:そごう連、四国大学連、高越連
 午後5時:よしこの連・阿波藍連、ほか

・13日
 午後2時30分:娯茶平
 午後3時:本家大名連、神戸チルド連、壱興連、
 午後4時:龍虎連、阿波藍連、
 午後5時:無作連、よしこの連、けんど連、
 午後6時:本家大名連、

・14日
 午後2時:うしお連、神戸楠公連、本家大名連、
 午後3時:娯茶平、高円寺連、歌舞伎連、
 午後4時:琉球祭太鼓、広島紅葉連、達粋連 
 午後5時:けんど連、よしこの連、佐那河内すだち連

・15日
 午後2時:そごう連、紀州連、よしこの連、
 午後3時:神戸楠公連、桜花連、
 午後4時:そごう連、文理大学連、、
 午後5時:けんど連、佐那河内すだち連、歌舞伎連
※記載スケジュールは予定です。各連の都合により演舞予定・時間は変動する場合があります。

●アミコ阿波おどりフェスタ
 シビックセンター4階ホール(無料)
 12日〜15日
 13時〜17時 阿波おどり実演や三味線の会の演奏

●よんでん阿波おどり広場
  12日〜15日 18時〜21時30分
  四国電力 徳島支店広場(徳島市寺島本町東2丁目29)
  客席数:約260席  入場料:無料
 ※カメラマンへ・・・水銀灯が多いので青味の多い色温度です。


●市内循環観光バス「ぐるぐるバス」は
通常土日の運行ですが、
8月12〜15日 は、臨時に運行します。
朝10:00〜1時間おきに出発
15時まで運行します。
阿波おどり会館前を出発し約40分で循環します。
乗車料は無料ですが、定員は24名で先着順です。
途中下車は出来ますが途中乗車は出来ません。
なお、混雑が予想されますので
整理券を発行する場合があります。


●徳島観光バスツアー 当日参加可能
大型バスでにぎわいの町や自然あふれる風景を観光サポーターがご案内します。
(集合:そごう地下「とくしま旅づくりネット」)
8月12日、12時00分集合 3000円(昼食込み)
 Aコース「藍屋敷と吉野川のながめコース」
8月13日、9時00分集合、3500円(昼食込み)
 Bコース「阿波法隆寺の丈六寺、義経、金長狸コース」
8月14日、15日 9時00分集合 3500円 (昼食込み)
 Cコース「阿波藍と阿波人形浄瑠璃コース」
問い合わせ
 NPO徳島ツーリズム協会 電話 088-622-8214
 とくしま旅づくりネット  電話 088-635-9002


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
午後5時と5時30分に開催を知らせる花火が上がります。

大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部(18時)から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、あわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(2000円)する必要があります。満員になれば入場出来ません。現金のみ。
なお、チケットの払い戻しは購入した場所で翌日から8月20日まで行われます。
一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、払い戻しはありません。
※総合案内所で購入のチケットは、阿波おどり会館の実行委員会で払い戻しになります。

〜〜雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・



■100円均一の店は、徳島駅周辺では、
徳島駅ビル4階と、駅東側ダイコクドラッグ地下にあります。雨具の用意はお早めに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
添付した地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場(ステージ)
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  14:阿波おどり会館
  15:よんでん阿波おどり広場
  16:NHK徳島放送局
  17:アミコフェスタinシビックセンター
  18:アミコ阿波おどりデッキ
  19:アスティおどりひろば
  20:銀座おどり広場
  21:阿波おどり実行委員会本部
  22:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  23:観光宿泊案内所
  24:徳島市観光ステーション(地下1階)
  25:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  

紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行



■アスティ徳島へは・・・・
JR徳島駅前、市営バス乗り場3番乗り場
「山城町・ふれあい健康館」行きバスに乗車約20分、
文理大学前下車、徒歩3分。
JR阿波富田駅下車、徒歩20分

阿波おどりガイド
■PDF版:http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14696191250.pdf

●阿波おどりの楽しみは見る阿呆より踊る阿呆になることですよ〜〜
鳴門市阿波おどり開幕(2016)
お盆シーズンのトップを切って
阿波おどりが鳴門で開幕しました。
鳴門駅西に特設された演舞場2カ所には
次々に踊り連が繰り出し、ぞめきの
リズムを奏でました。
周辺には、露店が並び夏祭りの雰囲気でいっぱいに
なっています。
11日までの3日間、多くの観光客や踊り子で賑わいます。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKから

鳴門の阿波踊り開幕

徳島の夏を彩る阿波踊りのトップを切って9日、鳴門市で阿波おどりが開幕し、「初おどり」が行
われました。
「初おどり」は夜に行われる本番を前に、午前10時から鳴門市の鳴門公園で行われ、鳴門市の職員などでつくる「なると市連」のメンバーと観光をPRする「鳴門うずしお大使」のおよそ30人が参加しました。
踊り手たちは、渦潮で知られる鳴門海峡や鳴門市と兵庫県の淡路島を結ぶ大鳴門橋を背景に、しなやかな女踊りや豪快な男踊りを披露しました。

また訪れた人たちも飛び入りで参加し、独特の「ぞめき」のリズムにあわせて踊り手たちと一緒に踊りを楽しんでいました。
東京都から訪れた80代の女性は、「何度か踊ったことがありますが、何年ぶりかに踊りました。この年になっても本当に楽しかったです」と話していました。

また兵庫県から家族で訪れた30代の男性は、「楽しい踊りでした。
みんなで楽しめていい経験になりました」と話していました。
鳴門市の阿波おどりは11日ま
での3日間行われ、今月12日には100万人以上の人出が見込まれる徳島市の阿波おどりが開幕します。

08月09日 15時04分

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下JRTから

鳴門公園で恒例の「初おどり」
(徳島県)

いよいよ阿波踊りシーズンの到来です。9日から始まる徳島県鳴門市の阿波踊りを前に鳴門公園で、9日、恒例の「初おどり」が披露されました。鳴門公園の千畳敷では、鳴門市の阿波おどり開幕を告げる恒例の「初おどり」が行われました。ことしは、鳴門市の職員とその家族で作る「なると市連」の踊り子ら約30人が踊りを披露。鳴門観光をPRする「うずしお大使」の2人も踊りに華を添えていました。そして、見物に訪れた観光客が踊りの輪に入り、一緒に初踊りを楽しみました。鳴門市の阿波おどりは市内2つの演舞場を中心に11日まで3日間行われます。
[ 8/9 19:30 四国放送]


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から


鳴門市の阿波踊り 開幕控え「初踊り」 2016/8/9 14:11


鳴門市の阿波踊り 開幕控え「初踊り」 鳴門市の阿波踊り開幕を夜に控えた9日午前、同市鳴門町土佐泊浦の鳴門公園千畳敷で「初踊り」があり、威勢の良い掛け声と軽快なぞめきのリズムを鳴門海峡に響かせた。
 市職員でつくる「なると市連」(森岡正則連長)と鳴門うずしお大使の西川奈那子さん(20)、松木里奈さん(21)の約30人が出演し、力強い男踊りや艶やかな女踊りを繰り広げた。観光客も一緒に踊り込む場面もあり、「ヤットサー」と声を張り上げながら心地良い汗を流した。

 同市大麻町板東の四国霊場1番札所・霊山寺でも、熊本地震による犠牲者の鎮魂と早期復興を願って踊りを披露した。
 鳴門市の阿波踊りは11日までの3日間、市中心部の演舞場などで開かれる。
阿波おどり観覧の団体・旅行業者さまへ (2016年)
阿波おどりでは、お越しのお客様に快適にご利用いただくため、事前に情報を入手されることをお薦めします。
(なお、この掲載内容は当会が集めたもので、一部古い情報が混じっている可能性があります。
阿波おどり実行委員会が7月25日から設置されていますのでご確認ください)
阿波おどり実行委員会 電話 088-653-9670

■団体予約の申込先
桟敷席の団体予約に関するお問い合わせ・予約申込みなどにつきましては、
徳島市観光協会において対応いたします。
TEL. 088-622-4010

■団体様の留意事項
団体様にあたってご留意いただきたいポイントを整理いたしました。

団体観光バス乗降場について
1.バスの降車について
 団体バス降車場スペースを設けています。
団体様のバスについては、いずれか2ヶ所にて団体客様にバスを降車していただきます。
藍場浜演舞場に入場される場合は、郷土文化会館あわぎんホール西。(仁心橋・じんしんばしの西・地図の左端)
その他の演舞場には、県庁前かちどき橋北東側の中洲町の道路エリアで降車すると便利です。
(一方通行です進入方向注意、交通整理員が待機))
2.バス降車後について
団体バスから降車いただき、演舞場に入場いただくためには、降車場から歩いての移動になり
約10分〜20分程度とお考えください。
降車場からの移動、演舞場への入場口整理列への集合などの時間を勘案し、
開演時間の30分程度前には、団体バス降車場に到着いただくようお願いいたします。
(演舞場へは開演30分前から入場となります)
なお午後4時以降は周辺は道路渋滞となりますのでお早めに市街地へお入り下さい。
3.バスは、団体さま降車後バス臨時駐車場等へと回送してください。
吉野川河川敷バス駐車場は観光バス100台駐車可。14時30分から利用可です。23時まで。
料金は1日1回3,000円です。(無料ではありません)
吉野川河川敷駐車場へのカーナビは
「徳島市上吉野町3-21」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
あくまでも目標は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。
トイレは仮設があります。
駐車場から最寄りのコンビニはセブンイレブン「徳島吉野本町6丁目店」
088-653-7713まで約400m


団体様は阿波おどり観覧後、バス臨時駐車場へはシャトルバスでお回り下さい。
シャトルバスは、1人100円の整理料が必要です。
整理料は乗車前にお支払いとなります。
団体さまは事前にクーポンをご利用ください。現地で料金係が精算を対応します。
シャトルバスは、地元観光バス車両を使用し随時運行します。(一般客と混乗しますが観光バス車両なら着席定員です。一部路線用車両の場合もあります。
約10台がピストン運転します)
団体バス臨時駐車場(吉野川河川敷行き)シャトルバス乗り場は、市立体育館前から出発します。徳島駅北西側です。
乗用車臨時無料駐車場は2ヵ所あり、マリンピア駐車場と吉野川河川敷駐車場です。シャトルバスの行き先をご確認ください。
(シャトルバスは相互には向かいませんので吉野川河川敷行きを体育館前から利用してください)
なお、マリンピア駐車場への割り振りの場合は、東警察署前からの乗車になります。



■団体の留意事項
1、有料演舞場への入場方法(団体のお客様)
入場には、入場券が必要です。
指定席の場所を入場口でご確認ください。
開場時間になれば入場できます。観覧席の裏が入場口です。
自由席は先着順ですので開場までお待ちいただきます。
開場は開演の約30分前です。
(約2時間の上演で、1部2部の入れ替え制)。
終演は演舞場内の踊りステージで観客も踊りながら退場となります。
(観客入場口と退場口は異なりますので、予め集合場所を決めておいてください。一般的にお手洗いの場所、そごうデパート前あたりの場所が集合場所になっているようです)
当ホームページの阿波おどり演舞場座席表で概ねの位置をご確認ください。

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は売り子が客席で販売します。
第1部は西日が強いので、水分補給して熱中症にはご留意ください。

阿波おどり運営スタッフは水色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。


●どうぞ、楽しく阿波おどりをご覧下さい〜踊ればもっと楽しいですよ〜


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
(実施告知の花火が午後5時と5時30分に上がります)
大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、あわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(2、000円現金)する必要があります。満員になれば入場出来ません。定員800人で現金のみです。

一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、チケットの払い戻しはありません。
※団体様のチケットの払い戻しは、阿波おどり会館の実行委員会へお問い合わせください。

〜〜ただ、雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・
これもまた、思い出になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

■滞在時間別モデルプランをご用意しています!

会場周辺は午後6時以降、車両進入禁止エリアになります。
お早めに、会場周辺へ到着なさってください。


会場周辺には、皆様にお楽しみいただけるスポット
やコンテンツが多くあります。
バスツアーを企画される際には、滞在時間に応じて楽しんでいただける
モデルプランをご用意いたしましたので、ぜひご検討ください。

滞在プラン

観光施設
・阿波おどり会館(有料)
・徳島城博物館(有料)
・文学書道館(作家・瀬戸内寂聴さんの資料)(有料)
・阿波人形浄瑠璃人形館(郷土文化会館・阿波銀ホール内)(無料)

お買い物・おみやげ
・阿波おどり会館(物産協会)
・徳島駅地下
・徳島駅前名店街ビル
・アミコ地下(そごう)
・ご当地スーパーマーケット(かごや町、両国橋、等)
・徳島代表菓「金長まんじゅう」のハレルヤ(松茂町広島字北川向)は、
 お盆期間中(8/12〜15)は、朝9時30分〜夜10時まで営業。
 立ち寄り、車内販売(応相談)

ご参拝
・天神社(眉山下、阿波おどり会館横)
・瑞巌寺(新町小学校南、阿波おどり会館歩5分、庭園は有料300円)
・春日神社(寺町、阿波おどり会館歩10分)

散策
・新町ボードウォーク
・新町川水際公園
・寺町

軽食
・大判焼(駅前)
・お好み焼き
・徳島ラーメン


周遊バス・船
・ぐるぐるバス(阿波おどり会館発、所要40分、無料)
・ひょうたん島周遊船(両国橋たもと、所要30分、保険200円)


地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国本町演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場(ステージ)
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  14:阿波おどり会館
  15:よんでん阿波おどり広場
  16:NHK徳島放送局
  17:アミコフェスタinシビックセンター
  18:アミコ阿波おどりデッキ
  19:アスティおどりひろば(枠外右下)
  20:銀座おどり広場
  21:阿波おどり実行委員会本部
  22:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  23:観光宿泊案内所
  24:徳島市観光ステーション(地下1階)
  25:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  

紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行
四国放送阿波おどり中継(2016)
徳島の唯一の民放(日テレ系)
四国放送が阿波おどりの中継を実施します。
8月12日(金)夜7時〜7時56分
詳細未定
阿波おどりに出演のタレント連(2016)
阿波おどりに来場出演する
タレントさんの連が出そろいました。
例年どおり出演するタレントさん、俳優さんや
今年初めて参加されるタレントさんなど
有名人が阿波おどりに参加され
演舞場で見られるのが楽しみです。
なお、姿を見せる演舞場m名、時間は発表になっていません。
阿波おどり期間に運行!徳島観光バスツアー参加者募集中
NPO法人徳島ツーリズム協会では、阿波おどり期間中の昼間に徳島市や隣接する市町をめぐり徳島の魅力を伝えるバスツアーを実施します。
阿波おどりに来徳された観光客や帰省の家族連れなど、多くの方に徳島の町の良さを知ってもらいたいと思います。

Aコース:8月12日 「徳島早めぐり〜藍屋敷と吉野川の眺め〜」
JR徳島駅前集合=徳島市内昼食・地元の野菜を使ったバイキング=車中から吉野川の眺め=藍住・藍の館(OP藍染め体験)=松茂・菓子工場=JR徳島駅前
時間:お昼12時集合出発〜午後3時30分帰着
旅行代金:3,000円(お一人さま・昼食込)※OP追加料金:藍染めは生地により個人負担

Bコース:8月13日 「阿波の文化と伝説を訪ねて〜阿波丈六寺と義経、金長狸〜」
JR徳島駅前集合=丈六寺=義経騎馬像=金長狸像=小松島みなと交流センター=徳島市・昼食=市内車窓案内=JR徳島駅前 
時間:午前9時集合出発〜午後3時帰着 
旅行代金:3,500円(お一人さま)

Cコース:8月14日・15日 「みどころ徳島1日めぐり〜藍屋敷と阿波人形浄瑠璃〜」
JR徳島駅前集合=藍住・藍の館(OP藍染め体験)=徳島市内昼食・地元の野菜を使ったバイキング=松茂・菓子工場=阿波十郎兵衛屋敷(人形浄瑠璃)=JR徳島駅前
時間/午前9時集合出発〜午後3時30分帰着
旅行代金/3,500円(お一人さま・昼食込)※OP追加料金:藍染めは生地により個人負担

集合場所:徳島市観光ステーション(徳島駅前アミコ・そごう地下)「旅づくりネット」に集合。
最少催行人員:2名   
添乗員:同行。観光ガイドスタッフが同行お世話します。※バスガイドは乗車しません。
参加申込:徳島ツーリズム協会で受付  TEL・FAX:088−622−8214 
または、「旅づくりネット」TEL:088−635−9002
その他:暑い時期なので水分補給を十分にしてください。
ヨンデン阿波おどりひろば(出演連2016)
四国電力の駐車場を使った
阿波おどり会場の
よんでん阿波おどりひろばの
出演連が発表になりました。
踊り子が間近に見られる会場で
熱気あふれる踊りです。

(カメラマンへ・・青味の強い照明です)
アスティ阿波おどりひろば出演連(2016)
大規模ホール「アスティとくしま」では
8月11日阿波おどり前夜祭が開かれます。
12日〜15日の昼間は、無料の阿波おどり会場になります。
11時〜、14時〜の2回、
有名連による阿波おどりの披露と体験ができます。
NHK阿波おどり番組(2016年)
NHK連は12日藍場浜演舞場に杉浦太陽さんが参加。
「Discover四国 「徳島 阿波おどり2016 」
放送は、
8月26日(金) 後7:30〜8:43 ≪総合・四国地方(高知を除く)≫
8月27日(土) 前10:05〜11:18≪総合・四国地方(高知を除く)≫


8月13日〜15日は
NHKロビーでの阿波おどり「熱演!真昼の阿波おどり」!
有名連から県外の連まで、個性的な51連が勢揃いします。
「にわか連」「初心者のための阿波おどり講座」もあります。
当日の模様は深夜に放送されます。
NHK徳島ローカル放送EテレでONAIR
8月28日深夜1:55〜
8月29日深夜1:40〜
8月30日深夜1:40〜
阿波おどり会場づくり
阿波おどり会場づくり

阿波おどりの会場となる演舞場づくりが始まりました。
一番大きな会場となる藍場浜公園では
作業員がクレーンを使って、資材を運び込んで
組み立てています。
町の中には、黄色と赤の提灯も据え付けられはじめ
いよいよ舞台作りが急ピッチに
行われています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKより


阿波おどりに向け桟敷を設置

8月12日から始まる徳島市の阿波おどりに向けて、見物客を迎える桟敷の設置作業が1日から始まりました。
徳島市の阿波おどりの期間中、市内には、踊りを間近で観覧できる演舞場が有料と無料、あわせて6か所設けられ、およそ1万6000人分の桟敷が用意されます。
このうち、徳島市中心部を流れる新町川沿いに設けられる藍場浜演舞場は、長さが120メートルほどあり、最も多いおよそ4900人分の桟敷が用意されます。
1日、およそ20人の作業員が出て、クレーンを使って鉄製のパイプを運び出し、桟敷の骨組みを組み立てました。
1日の徳島市は、午前中から厳しい暑さとなっていて、作業員たちはこまめに水分補給をしながら作業にあたっていました。
桟敷には、このあと、座席となる板が1枚1枚取り付けられ、設置作業は8月10日までにすべての演舞場で終える予定で、その後、消防や警察などが安全点検を行います。
徳島市の阿波おどりは8月12日から4日間の日程で行われ、「阿波おどり実行委員会」によりますとことしは日曜日が含まれることから去年の123万人を上回る人出を見込んでいるということです。

08月01日 12時49分
阿波おどりにブルーインパルスが飛行  8月12日
8/12 2016徳島市阿波おどりの 開幕式に
ブルーインパルスが飛行します。

日時:平成28年8月12日(金) 17:10〜17:20
予定場所:徳島市藍場浜公園上空周辺
展示飛行内容:T-4 計6機による飛行
徳島市阿波おどり無料演舞場参加申し込み
徳島市阿波おどりの無料演舞場などの
踊り連事前申し込みについて徳島市観光協会から
お知らせが発表になりました。

8月12日に開幕する、徳島市の阿波おどり無料演舞場等の
踊り連出演順を事前申込で受け付けます。

◆演舞場  新町橋(東側・西側)演舞場 ・ 元町おどり広場 ・
      新町橋東おどり広場 ・ 両国橋南おどり広場

◆申し込み基準  演舞場と各おどり広場 1連あたりいずれか1ヵ所

◆申し込み方法
 7月8日〜11日(午前9時30分〜午後5時30分)の4日間
 徳島市観光協会(阿波おどり会館内)に備えている所定用紙または、
ホームページ内の申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入し、同観光協会か
徳島新聞社事業部に申し込んでください。
結果については、後日通知いたします。
ただし、申し込み数が予定数を超えた場合は、抽選により決定します。


問い合わせ  徳島市観光協会    TEL 088-622-4010

http://www.awaodori-kaikan.jp/info4/item.cgi?Id=363&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&Mode=awa
2016阿波踊り 有名連の練習場所
夕暮れとともに公園や広場などから
阿波おどりの練習が聞こえてきます。
年に一度のお祭りを成功させるために、熱心な練習が行われています。
徳島新聞に練習場所が掲載されました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から

2016阿波踊り 有名連の練習場所(7月)

 8月12日に開幕する徳島市の阿波踊り本番に向け、同市を中心に県内各地で踊り連の練習が熱を帯びている。夕暮れと共に聞こえ始めるお囃子。心浮き立つリズムと音色に、近くを通りかかった人たちは足を止め、練習に励む踊り子たちの姿に見入っている。練習を見ようと、場所を調べて見物に訪れる人もいるそうだ。有名連の7月の練習場所や時間をまとめた。

                (注)天候や連の事情で練習していないこともあります

◆徳島県阿波踊り協会(50音順)

葵連 月〜金=徳島中央公園の助任橋南側  19時半〜21時
土=川内公民館学習室        19時半〜21時
阿波扇 月、水、木、土=水際公園ふれあい橋 19時半〜21時
※夏休みから日曜日を除いて毎日練習
うきよ連 月、水、木=徳島中央公園バラ園前  19時半〜21時
火=上八万小学校体育館       20〜22時
金=川内公民館           19時半〜21時
菊水連 月〜金=藍場浜公園         19時半〜21時
藝茶楽 月〜金=藍場浜公園         19〜21時
独楽連 火〜金=徳島中央公園の中央公園前郵便局周辺 19時半〜21時
日=石井小学校体育館        19時半〜21時
娯茶平 月〜金=助任川緑地公園       19〜21時
新のんき連 月、木=中央武道館横        19〜21時
日=川内南小学校体育館       18〜20時
水=川内南小学校体育館       19時半〜21時半
酔狂連 月、木=中央武道館横        19〜21時
日=川内南小学校体育館       18〜20時
水=川内南小学校体育館       19時半〜21時半
殿様連 月〜金=藍場浜公園         20〜21時
蜂須賀連 月、木=城西中学校体育館      19時半〜21時
※7月12〜31日までの月〜金は藍場浜公園  19〜21時
平和連 月、水=沖洲マリンピア北端     19時半〜21時
金=しらさぎ台コミュニティーセンター19時半〜21時
ほんま連 月=八万コミュニティーセンター   19時半〜21時
火〜金=徳島中央公園        19時半〜21時
まんじ連 月、木=飯谷小学校グラウンド    19〜21時
(雨天・多家良中央コミセン)
火・金=松茂町の喜来小学校体育館  19〜21時半
日=宮井小学校体育館        19〜21時
都連 火、木、土=沖洲マリンターミナル  19時半〜21時
第1・3木曜、第2・4日曜=B&G海洋センター19時半〜21時
みやび連 月〜土=藍場浜公園         19時半〜21時
悠久連 月〜木=徳島中央公園        19〜21時
金=万代町倉庫           19〜21時



◆阿波おどり振興協会(50音順)

のんき連 月、水、金=徳島中央公園北助任川沿い水道橋付近19時半〜21時
火、木=藍住東中学校体育館     19時半〜21時
天水連 月〜金=徳島市雑賀町        19時すぎ〜21時
阿呆連 月〜木=藍場浜公園         19〜21時
金=東新町商店街          19〜21時
ゑびす連 月、火、金=マリンピア沖洲     19時半〜21時
木=B&G海洋センター       19〜21時
水玉連 月〜金=鷲ノ門前          19時半〜21時
第1、2水=万代埠頭        19時半〜21時
第2、3日=とくぎんトモニプラザ  19時半〜21時
新ばし連 月〜金=鷲ノ門前          19時半〜21時
天保連 月、水、木、金=JAバンク徳島スタジアム前19時半〜21時
第1、3、5水=県障がい者交流プラザ19〜21時
第2、4木=とくぎんトモニプラザ  19〜21時
扇連 月〜金=徳島市役所市民広場     19時半〜20時50分
浮助連 月〜木=マリンピア沖洲       19時半〜21時
金=万代埠頭            19時半〜21時
うずき連 月、火、木、金=徳島港周辺     19時半〜21時
阿波鳴連 月〜金=徳島市吉野川運動広場    19時半〜21時
さゝ連 月=県障がい者交流プラザ      19時半〜21時
火=北島小学校体育館        19時半〜21時半
木=新町ボードウオーク       19時半〜21時
若獅子連 月・金=加茂名コミュニティーセンター19時半〜21時半
水=藍場浜公園           19時半〜21時
19〜28日の火・木=藍場浜公園  19時半〜21時
阿波連 月=北島小学校体育館        19時半〜21時
水・木・土=徳島港周辺       19時半〜21時
無双連 月、水、木、金=徳島市役所前市民広場19時〜20時50分
火=南部中学校武道館        20〜22時
葉月連 月〜金=JAバンク蔵本公園     19時半〜21時

◆徳島県阿波おどり保存協会(50音順)

阿波藍連 水、土=JR上鮎喰鉄橋西側河川敷   19時半〜21時
かずら連 日=マリンピア沖洲          15〜18時
木=マリンピア沖洲          19〜21時
(雨天は徳島市中島田町のかずら連事務所)
紀州連 火=徳島中央公園(阿波紀州)     19〜21時
日=和歌山県立体育館、和歌山城公園(紀州連)13時半〜17時半
天祐連 火〜土=マリンピア沖洲        19時半〜21時
武秀連 月、金、土=藍場浜公園        19〜21時
火=北島南小学校体育館        19時半〜21時半
本家大名連 月〜土=藍場浜公園          19〜21時
舞女流華連 日=兵庫県洲本市の洲本第二小学校体育館13〜16時
よしこの連 火=川内公民館            19時半〜21時
金=県文化の森駐車場         19時半〜21時
土=松茂町の喜来小学校体育館     19時半〜21時
阿波おどり有名連出演表2016
徳島市の阿波おどりで
有料演舞場に踊り込む有名連の
出演表が発表になりました。
お目当ての連が出演する演舞場を探して
チケット購入をしてください。
なお、タレント有名人の踊り込みに関しては
例年7月25日ごろに発表になります。
阿波おどりチケット7/1(金)より販売
徳島市の阿波おどりチケットが7/1(金)より販売になります。
期日は8月12日(金)〜15日(月)
時間は 第1部/18:00〜20:00 第2部/20:30〜22:30
入場券の必要な会場は4カ所。
市役所前演舞場・藍場浜演舞場・紺屋町演舞場・南内町演舞場
前売料金(税込)
S席1席(指定席) 2,000円
A席1席(指定席) 1,800円
B席1席(指定席) 1,600円
C席1席(自由席) 900円
※チケット1枚につき発券手数料が別途108円必要です。
※3歳以上の方は有料です。3歳未満の方は無料ですが、膝の上で抱いてください。
※市役所前演舞場に車椅子席を設けています。事前にお問い合せください。
※ペット(介助犬を除く)を連れての入場お断りです。


<Lコード>ローソンでの番号
市役所前演舞場 60040
藍場浜演舞場  60041
紺屋町演舞場  60042
南内町演舞場  60043

<Pコード>セブンイレブン、サークルKサンクス、ファミマなど
市役所前演舞場 597-750
藍場浜演舞場  597-751
紺屋町演舞場  597-752
南内町演舞場  597-753

1枚あたり発券に108円の手数料が必要です。

なお、有名連の出演表(はりつけ表)は6月30日午後に
例年発表になります。
「南内町演舞場」「特別席」の最終日2部は売り切れ
<追記>総おどりが見られる2部は売り切れになりました。

「南内町演舞場」「特別席」の最終は売り切れ
6月15日から「南内町演舞場」の「特別席」チケットが
先行販売されています。
南内町演舞場といえば2部の総踊りです。
この総踊りを正面から見たいという声から
今年初めて特別席が新設されました。
これまでにない、位置からの演舞場での
阿波おどりの観覧が出来ます。

すでに、最終日2部の最終公演が
売り切れとなっています。
「×」表示です。
なお、他の日も少なくなっています。
お早めに求めください。
http://tokushimashi-kankou.jp/news/item.cgi?Id=4
阿波おどり「南内町演舞場」の「特別席」チケット6月15日販売
阿波おどりの有料演舞場は4カ所ありますが、
南内町演舞場といえば総踊りが毎晩見られます。
この総踊りを正面から見たいという声から
今回、特別席(1部・2部で各118席)が新設されました。

売り切れ次第終了となりますので、お早めにお買い求めください。
総踊りは2部ですのでお間違いのないように。
尚、特別席には阿波おどりグッズが付いてきます。

http://www.awaodori-kaikan.jp/dance/

なお、一般席の販売は例年通り
7月1日になります。
スペインのバルセロナで阿波おどり  2016年6月11日、12日
スペインのバルセロナで阿波おどり  2016年6月11日、12日




スペインのバルセロナで現地時間2016年6月11日、12日に開かれる
ジャパニーズフェス「Matsuri」で阿波おどりが披露されます。


「Matsuri」は日本の伝統文化や、食をアピールするお祭りで、
今年で4回目。
そこに徳島の阿波おどり「娯茶平」が出演します。

会場では、かき氷やすいか割りの屋台など
様々なイベントが用意されて雰囲気を盛り上げます。

http://matsuribcn.com/


Programación
Sábado 11 y Domingo 12 de Junio 2016

12:00 h.– Apertura de la jornada (escenario)
12:30 h.– baile tradicional Awa Odori a cargo de Gojyahei (por toda la Plaça del Mar)
13:30 h.– Demostración de pintura japonesa sumi-e por mitsuru nagata 14:00 h.– Representación y taller de embu, ninjutsu de bujin kan
14:30 h.– taller de tambores japoneses wadaiko
15:30 h.– Baile tradicional Awa Odori a cargo de Gojyahei (escenario)
16:30 h.– Representación y taller de embu, ninjutsu de bujin kan
17:00 h.– Discurso de inauguración del Cónsul General del Japón en Barcelona, Hiroyuki Makiuchi (escenario, solo el sábado)
17:30 h.– baile tradicional Awa Odori a cargo de Gojyahei (por toda la Plaça del Mar)
18:00 h.– Espectáculo de música tradicional – tambores japoneses (taiko) a cargo de los grupos de Dongara y Shogo Yoshii (escenario)
20:00 h.– Baile tradicional Bon Odori con acompañamiento del grupo de Shogo Yoshii (escenario y área adyacente al escenario)
徳島「阿波おどり」に演舞場で踊る連の方に受付方法発表
徳島市観光協会が、今年の阿波おどりで踊り希望の順番を決める
抽選会が開かれます。
また、タレント等と踊る優先連は6月3~6日に受付が行われます。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島市観光協会


徳島市の阿波おどり演舞場に出演する踊り連の受付について

抽選で出演順決定
 8月12日に開幕する徳島市の阿波おどり演舞場に出演する踊り連の受け付け方法は昨年に引き続き、踊り期間4日間分を1日で抽選する方式とし、7月31日午前10時から徳島新聞社で行います。今年から両国橋南おどり広場も抽選とします。
また、タレント連、有名連など優先連の受け付けは、6月3日から4日間です。

〈踊り連受け付け〉
◇抽選日時 7月31日10時から順次抽選
(8月12日分=10時、13日分=10時半、14日分=11時、15日分=11時半)
◇抽選場所 徳島新聞社7階ホール(徳島市中徳島町2)
※当日は東側玄関からお越しください。
◇抽選方法
【事前抽選】(本抽選の順番を決定)
 抽選の前に連名を確認、ちょうちん、いんろう、浴衣など連名が確認できるものを持参してください
※事前抽選に参加しないと本抽選に参加出来ません
【本抽選】(演舞場の順番を決定)
◇対象演舞場など 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場、両国橋南おどり広場の9カ所
◇申し込み基準 各演舞場1日1連


〈優先連受け付け〉
◇該当連
▽有名連(阿波おどり団体に所属し、選抜阿波おどり大会に出演している連)
▽タレント連(テレビなどで活躍しているタレントなどが所属する連)
▽県外連(徳島県以外の人で構成し、活動実績のある連)
▽阿波おどり実行委員会が運営上、特に認めた連
◇対象演舞場 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町の5カ所
◇申請方法 6月3日〜6日(9時半〜17時半)の4日間、徳島市観光協会(同市新町橋2の阿波おどり会館内)に備えている所定用紙に必要事項を記入し、同観光協会か徳島新聞社事業部に申請してください

※昨年に引き続き、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場、両国橋南おどり広場についても申し込みの受け付けをします。7月上旬に申し込み方法を発表します。

※問い合わせ   徳島市観光協会  〈電088(622)4010〉
         徳島新聞社事業部 〈電088(655)7331〉
   主 催   徳島市観光協会
         徳島新聞社
   主 管   阿波おどり実行委員会
http://tokushimashi-kankou.jp/news/item.cgi?Id=2
今年の阿波おどり(2016年)
阿波おどり実行委員会が開かれ
今年の阿波おどりの内容が決まりました。
例年通り8月12日〜15日に徳島市中心部で
開かれます。
今年は、人気の高い南内町演舞場
(交通公園)で特別席が設けられるそうです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKニュースから


阿波おどり特別席を新設へ

徳島の夏を彩る「阿波おどり」は、ことしも8月12日から4日間、行われ、踊りの列を正面から見られる特別席が新たに設けられることになりました。
これは、13日、徳島市で開かれた阿波おどりの実行委員会で決まりました。
それによりますと、ことしの徳島市の阿波おどりは、例年と同じ8月12日から15日までの4日間行われ、有料演舞場が▼藍場浜や▼市役所前など4か所、無料演舞場が▼両国本町など2か所に設置されます。
初日の開幕式では、自衛隊のアクロバット飛行が披露されることになり、会場はこれまでの市役所前から藍場浜に変更されました。
また、南内町の演舞場には、踊りの列の両側に設ける通常の桟敷席のほかに、出口付近で踊りを正面から見られる「特別席」が新たに設けられ、前売り料金5000円で販売されることになりました。
そのほかの有料の桟敷席は、設置作業や警備の費用が高騰した影響で、料金が100円ずつ値上げされ、前売りで、S席が2000円、A席が1800円となります。
有料演舞場の前売券は、特別席は6月15日からインターネットで、そのほかの席は7月1日から全国のコンビニエンスストアなどで販売されます。
一方、委員会では、ことしの阿波おどりのポスターも発表されました。
ポスターの写真は両手を高く掲げたしなやかな女踊りの様子をとらえたもので、全国のJRの駅などでPRに使われます。

05月13日 18時53分

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から


阿波踊り南内町演舞場に特別席 演舞場・選抜大会100円値上げ 2016/5/14 14:23


 8月12〜15日の徳島市の阿波踊りで、南内町演舞場に有名連の総踊りなどを正面から観覧できる「特別席」を新設することが13日、同市の徳島ワシントンホテルプラザであった2016年度の第1回阿波おどり実行委員会で決まった。今年は市役所前演舞場で開いていた開幕式を藍場浜演舞場で行い、航空自衛隊松島基地(宮城県)の飛行チーム「ブルーインパルス」が展示飛行を披露する。

 特別席は全長122メートルの南内町演舞場を約5メートル短くし、出口付近に設置する。同演舞場の目玉である終演時の総踊りを正面から見たいとの声が多く、今回試験的に導入する。

 特別席にも1部、2部の入れ替え制を適用し、定員は各118人の予定。料金は前売りで1人5千円(阿波踊りグッズ付き)。6月15日から30日までの間、インターネットの専用サイト「阿波おどりチケットセンター」で先行販売し、売れ切れ次第終了する。

 有料演舞場は南内町と市役所前、藍場浜、紺屋町の4カ所。選抜阿波踊り大会(8月12〜15日)は昨年と同様、あわぎんホールで午前11時、午後1時半、同4時の1日3公演が行われる。11日の前夜祭はアスティとくしまで午前11時と午後3時、同7時の3回開く。

 有料演舞場と選抜大会(前夜祭を含む)の指定、自由席全ての料金を今年から100円値上げする。実行委事務局は「老朽化した桟敷の修繕などに費用がかかるため、やむを得ず値上げさせてもらった」としている。

 前売り券は7月1日午前10時に全国一斉発売し、阿波おどりチケットセンターや楽天チケット、コンビニ各店などで取り扱う。当日券はいずれも200円増で、有料演舞場近くの特設売り場などで購入できる。

 実行委の会合には約40人が出席し、役員改選で植田和俊徳島新聞社社長が委員長に再選された。
阿波おどりポスターが完成しました。
今年は、ささ連の女性が選ばれました。
公募写真ですが、すばらしい1カットです。
美人ですよね〜。モデルのお仕事もしている彼女だそうです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞から



阿波踊りPRポスター完成 徳島市観光協会 2016/5/14 10:19


阿波踊りPRポスター完成 徳島市観光協会 今夏の徳島市の阿波踊りをPRする市観光協会のポスターが完成し、13日の阿波おどり実行委員会でお披露目された。

 写真は、全国公募で寄せられた195点から選ばれた板野町矢武のフォトグラファー礒田尚樹さん(40)の作品。さゝ連の女性の踊り子が、しなやかに美しく踊る姿を捉えた。

 キャッチコピーは徳島市のコピーライター新居篤志さんが考えた「べっぴん二拍子、夏盛り!」で、グラフィックデザインは同市のデザイナー藤本孝明さんが担当した。

 B1判を4千枚、B3判を2千枚作製し、全国のJR主要駅や旅行会社、県内の宿泊施設などに配る。一般向けにB1判100円、B3判50円で販売する。
阿波おどりのパリ公演は2016年秋に

去年、先遣隊が、阿波おどりを披露した
パリ公演の日程が変更になりそうです。
当初5月公演と見られていましたが
フランス国内の情勢により流動的と見られています。
9月23日〜25日が有力となっているとの報道です。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
NHKから

阿波踊りを9月にパリで披露

去年、フランスのパリの中心部で披露され、好評を博した「阿波踊り」が、同時テロ事件のあとの安全対策や警備について検討を重ねたうえでことし9月に再び現地で披露される見通しになりました。
徳島の夏を彩る阿波おどりは、日本を代表する祭りのひとつとして国際的に広めていこうと、去年10月、フランスの首都、パリ中心部の広場ではじめて披露され、パリの市民など5000人以上が参加して好評を博しました。
パリ公演は、以前から、去年とことし、続けて開かれる計画でしたが、去年11月には、パリ中心部のコンサートホールが襲撃されるなど、同時テロ事件が発生したため、ことしの開催について、再検討されていました。
こうした中、踊り手の代表者や公演に関わる東京のイベント会社は安全や警備などについて協議を重ねたうえで、ことし9月、現地で再び公演を開催する方針を固めました。
関係者によりますと、踊り手は、「徳島県阿波踊り協会」と「阿波おどり振興協会」の中から選抜された去年の倍となる60人規模とし、9月24日と25日の2日間、去年、開催されたパリ中心部の同じ広場で披露することなどを軸にしているということです。
フランスは今も全土で非常事態宣言が出されていますが、主催者側は今後、安全に公演が行えるよう関係機関と連携し、詳細な計画を考えていきたいとしています。

03月05日 17時06分

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

徳島新聞から

阿波踊りのパリ公演、9月に延期 15年の同時テロが影響 2016/3/5 09:48

2016年に計画されていた阿波踊りのフランス・パリ公演が9月23〜25日に開かれる見通しとなった。当初は5月に予定されていたが、15年11月にパリで発生した同時多発テロなどの影響で延期された。日仏の関係者でつくる実行委員会が4月に正式決定する。
 出演するのは、県阿波踊り協会と阿波おどり振興協会から選抜された踊り子ら約60人。15年9月30日〜10月2日にパリで開かれたプレイベントの約30人から倍増する。
 会場はプレイベントの時と同じく、パリ中心部にあるヴォージュ広場などを予定している。ステージに加え、物産市も充実させる。

 パリ公演は、フランス人ジャーナリストのレジス・アルノーさんが阿波踊りに 感動し、「海外に紹介したい」と発案した。もともと15年5月に計画されていたが、同年1月にパリで起きた風刺週刊紙本社襲撃事件の影響で1年延期となり、さらに同時多発テロの余波を受けた。
 現在もパリでは警戒態勢が続いているが、実行委は安全面について協議を重ね、9月に本公演を開くことにした。今後、イベント内容の詳細を煮詰めていく。
阿波おどり振興協会選抜連がカンボジアを訪問。
2016年2月18日(木)〜20日(土)、プノンペン市内各地で出演しました!
カンボジアプノンペンでの
『絆フェスティバル』のオープニングセレモニーに出演。
来賓に駐カンボジア王国日本国大使、カンボジア王国 副首相が
ご来場されました。
日本のダンスチームやカンボジアの伝統舞踊も披露され、
トリに阿波おどりが出演。大盛り上がりでした。
また、イオンモールで踊りを披露しました。
阿呆連さんのFB写真
第7回阿波おどり大使選考会で新たに2人決まる
阿波おどりの振興や徳島の観光PRに活躍する
阿波おどり大使の選考会が開かれ
新たに2人が決まりました。

昭和58年からミス阿波おどりの選考が始まり17回目、
阿波おどり大使に名称を替え7回目の選考となりました。

選ばれたのは、
児島あいりさん(24)銀行員 趣味:スノーボード、筋力トレーニング。元有名連員
井本凪映(なえ)さん(19)大学生 趣味:阿波おどり(踊歴7年)、歌唱、

今後2年間各地でPR活動に活動されます。
「はなはるフェスタ」2016年4月16〜17日 阿波おどり予定
春の阿波おどり「はなはるフェスタ2016」の
阿波おどりスケジュールが決まりました。
春の陽気に誘われて、見て、踊って、食べて春の
イベントを楽しんでください。

JR徳島駅から徒歩約5分の
藍場浜公園など周辺で開かれます。

藍場浜公園エントランス桟敷
劇場あわぎんホールステージが
主会場になります。
娯茶平70周年記念お披露目 2/7
そごう徳島店の2階デッキで70周年記念の踊りが披露されました。

娯茶平の岡連長から連の紹介があり
敗戦風景の中から誕生した経緯や
過去の浴衣、ハッピも披露され
当時の浴衣の年長者のおどりが披露されました。
2階デッキからそごう店内にも踊り込み
多くの方から祝福の拍手が送られました。
連員300名が揃って記念写真を撮りました・・・
全体が撮れないほどの人数です。
2016年阿波おどり前夜祭のチケットプレゼント企画
徳島県内の日本旅館協会の宿泊施設(下記)に
2016年3月31日までに宿泊の方に
抽選券を差し上げます。
ペア50組100名を8月11日の
阿波おどり前夜祭にご招待(1泊2食付観覧チケット付)
交通費は自己負担になります。
阿波おどり前夜祭に向けて
早春の阿波路へどうぞお越しくださいませ
(4月に公開抽選の予定)

■徳島市
阿波観光ホテル
ホテルサンシャイン徳島
グランドホテル偕楽園
ニュー丸新
昴宿よしの
はやし別館
剣山ホテル
ホテル白水園
ホテル千秋閣
グランビリオホテル
ホテルクレメント徳島
ホテルアストリア
■鳴門
鳴門グランドホテル
ホテル鳴門海月
■三好
ホテルかずら橋
大歩危峡まんなか
娯茶平70周年記念イベント 2/7 14:30
2/7 14:30からそごう徳島店の2階デッキで
記念の踊りが披露されます。

娯茶平の由来は、阿波のことばで
「でたらめな人」という意味を「ゴジャ」「ゴジャブラ」と呼びます。
敗戦色が残る昭和20年代、
ひとときでも辛さを忘れて踊りたいと阿波踊り好きが集まり
結成されたことから、娯茶平と言われます。
昭和21年5月 「オール前川、娯茶平倶楽部」と言う名称で誕生しました
そして昭和22年 「娯茶平」と連名を改名。
昭和24年には古い紙幣を「こより」にして作った
紙製の浴衣で踊った歴史があります。

現在、そごう連等の指導をして踊りの振興に尽力し、
阿波おどり期間にはそごう店内で踊りを披露しています。
春の阿波おどり「はなはるフェスタ」2016年4月16〜17日開催

明石海峡大橋開通から
春の恒例行事となったはなはるフェスタ2016の
スケジュールが決まりました。
藍場浜公演では春の阿波おどりを楽しむことができます。
春の陽気に誘われて、見て、踊って、食べて春の
イベントを楽しんでください。
追加:チラシ(2016/02/11)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下徳島新聞

はな・はる・フェスタ 2016年4月16日開幕    2015/11/11
徳島の春の祭典「はな・はる・フェスタ」(実行委、徳島新聞社など主催)の実行委総会が10日、徳島新聞社であり、19回目となる次回フェスタの日程を2016年4月16、17の両日と決めた。今年初めて開催し、好評だった夜のイベント「はな・はる・ナイト」を継続するほか、阿波踊りや食文化など徳島の魅力を発信する。

 会場は例年通り徳島市の新町川公園一帯。メーン会場となる藍場浜公園の桟敷ステージでは、有名連33連が競演する「春らんまん阿波おどり」、あわぎんホールでは「阿波おどり春舞台」が楽しめる。入場はいずれも無料。
 「はな・はる・ナイト」は16日午後6時から同9時まで、新町橋東、両国橋西の両公園と、しんまちボードウオークを舞台に、ストリートダンスや音楽ライブなどが繰り広げられる。
 恒例の徳島ラーメン博覧会やエフエム徳島スペシャルライブのほか、県内市町村の名産品を集めた物産展&グルメストリートなどが企画されている。
 詳しい情報は今後、公式ブログやフェイスブック(FB)、ツイッターなどで随時発信する。
 総会には実行委員長の近藤宏章・県商工会議所連合会会長ら委員14人が出席。フェスタの活性化策について「街全体を花で飾って県外客をもてなそう」「近隣商店街の空き店舗を活用してみてはどうか」などの意見が出された。
パナソニックテレビVIERAに阿波おどりバージョン
阿呆連と天水連の女踊りが出演している
テレビCMが放送されています。
全国各地でご当地バージョンで製作されたものです。

2015/11/26 に公開
【徳島】徳島の阿波踊り、踊り子がプライベート・ビエラをPR!47都道府県別TVC­Mも楽しめる、日本全国 PRIVATE VIERA SHOW!

https://www.youtube.com/watch?v=d6q2G297BfI&feature=player_embedded
秋の阿波おどり〜阿波おどり大絵巻2015〜
11月28日(土)、29(日)にアスティとくしまで開催される「秋の阿波おどり〜阿波おどり大絵巻2015〜」では、全国から阿波おどり連を募集する「全国阿波おどりコンテスト」や有名連の講師からレクチャーを受けられる「阿波おどり伝承塾」、「おどり談義交流会」などが開催されます。

有名連による選抜!阿波おどり大絵巻(観覧無料!)
徳島を代表する有名連選抜による阿波おどり公演。
日 時 11月28日(土)徳島県阿波踊り協会 11:30〜/14:00〜
           淡路島の連(舞女流華連、三熊連)12:50〜
      29日(日)阿波おどり振興協会11:30〜/14:00〜
           徳島県阿波おどり保存協会 12:50〜
写真:スケジュール
「全国阿波おどりコンテスト」参加者募集〜11/29〜
「秋の阿波おどり〜阿波おどり大絵巻2015〜」で、
全国から阿波おどり連を募集し
「全国阿波おどりコンテスト」が開催されます。

11月29(日)に
イベントホール「アスティとくしま」で開催されるイベントで、
参加資格は「徳島県外の阿波おどりを愛する連であること」、
「鳴り物を用意すること」の2つ。
前日には、本場徳島の有名連の講師から阿波おどりの
レクチャーが受けられる「阿波おどり伝承塾」、
全国の連との交流を深める「おどり談義交流会」も開かれます。

◆全国阿波おどりコンテスト
日 程 11月29日(日)
時 間 9:00〜11:30頃(リハーサル 7:30〜8:30予定)
会 場 アスティとくしま(徳島市山城町東浜傍示1-1)
対象者 徳島県外の阿波おどり連
内 容 全国から参加いただく阿波おどり連の皆様に、
本場・徳島で自慢の踊りと鳴り物を競っていただきます。
 1. 各連を紹介し、5分程度で踊りを披露
 2. 全連の踊り終了後、審査、表彰
 3. 優勝連の鳴り物主導により、観覧の皆様を巻き込み、全員で総おどり
※鳴り物は各連でご準備ください。人数・衣装は問いません。

応募締め切りは10月30日必着
参加連:10連(申し込み多数の場合は抽選)
【問合せ先】 
徳島県観光政策課  TEL:088-621-2356

http://www.awanavi.jp/docs/2015100100039/

→エントリー決定と実施日がタイトで予定が立てられない方もいらっしゃると思います。
 出場が決まれば、団体10名以上で割引特典の宿泊費半額プランが用意されています。
 また、京阪神など日帰りエリアは貸切バス代半額も用意されています。
 
阿波おどりパリ公演のプレ公演隊出発
来年2016年春に計画されている
阿波おどりパリ公演に向けて
プレ公演の踊り子スタッフが
29日に出発しました。

32人の団長は娯茶平の岡連長。

9月30日から3日間、阿波おどり教室や
屋外公演を行うそうです。
9月30日付徳島新聞より
フランス・パリ阿波おどり公演〜9月30日から10月2日〜
フランス・パリで阿波おどり本公演を来年に控え
9月30日から10月2日までのプレイベントに向けて
合同練習が徳島新聞社で開かれたそうです。
踊り子と鳴り物32人が20分間の
舞台構成を練習し
息の合った踊りを見せたと9月18日付けの
徳島新聞に書かれていました。

通常、切磋琢磨する阿波おどり2団体が
協力してつくりあげる本場阿波おどりの魅力で
パリっ子の心に火をつくことでしょう。
全国に広がる阿波おどりの輪!各地の阿波おどり情報
徳島で生まれた郷土芸能が全国に広がる阿波おどり。
その輪がさらに大きくなりますように!
各地の阿波おどり情報
(日程は年により曜日並びの関係で変更の場合が多いです)

4月4日 八幡山桜まつり阿波踊り

4月5日 久米川さくらまつり

4月5日 静岡まつり

5月3日 姫路お城まつり

5月9日 浅草橋紅白マロニエまつりパレード

5月16日 神戸元町商店街阿波おどり

7月4日 小岩阿波おどり(江戸川区)

7月18日 大江戸新座祭り

7月18〜19日 上尾夏まつり実行委員会

7月18〜19日 経堂まつり(世田谷区)

7月24〜25日 楽坂祭り(新宿区)

7月25日 全道阿波踊り大会・新ひだか夏祭

7月25日 きたまち阿波踊り(練馬区)

7月25日  もばら阿波おどり(千葉県茂原市)

7月25〜26日 大和阿波おどり大会(神奈川県大和市)

7月25〜26日 小金井阿波おどり(東京小金井市)

7月26日 かせい阿波おどり(中野区)

7月26日 長田潮汲み祭り(神戸市)

7月26日 すのまた天王祭 

7月31日 江南阿波踊り大会

7月31〜8月1日 淡路島まつり(兵庫県洲本市)

8月1日 大月阿波おどり(山梨県大月市)

8月1日 静岡裾野夏祭り
 
8月1〜2日 中目黒夏まつり(東京目黒区)

8月1〜2日 東林間サマーわぁ!ニバル(神奈川県相模原市)

8月1〜2日 清瀬南口ふれあいロード夏まつり(東京清瀬市)

8月2日  白河関まつり

8月2日 入間川七夕まつり(埼玉県狭山市)

8月6日 成増阿波踊り大会(東京板橋区)

8月7日 江南阿波おどり大会(愛知県江南市)

8月7〜8日 糀谷阿波おどり(大田区)

8月7〜9日 しもきたざわ名物阿波おどり(世田谷区)

8月22〜23日 南越谷阿波踊り(埼玉県越谷市)

8月22日 あやせ大納涼祭

8月22日 大塚阿波おどり(豊島区)

8月22〜23日 三鷹阿波踊り

8月23日 天神天満阿波おどり

8月23〜24日 滝山・前沢みんなの夏祭り

8月28〜29日 高円寺阿波おどり(杉並区)

9月5日 稲城阿波おどり大会(東京稲城市)

9月5日 北浦和阿波おどり大会

9月5日 稲城阿波おどり大会(東京都稲城市)

9月5日 みちのく阿波おどり in 山形

9月5〜6日 踊れ西八夏まつり(東京八王子市)

9月6日  中村橋阿波おどり(練馬区)

9月12日 開成町阿波おどり(神奈川県) 

9月19日 みちのく阿波おどり2015 in 郡山

9月22〜23日 初台阿波踊り大会(東京渋谷区)

10月 3日 かわさき阿波おどり(神奈川県川崎市)

10月8日 那須温泉神社奉納踊り

10月11日 元町ミュージックストリート

10月17日 板橋区民まつり(東京都板橋区)

10月18日 東大寺阿波踊り

10月18日 すかいロード祭り(埼玉県狭山市)

10月18日 しまばらガマダス阿波踊り大会(長崎県島原市)

10月24〜25日 家康楽市in浜松

写真:阿波おどり会館から
阿波おどりの楽器
阿波おどりの楽器を「鳴り物」と呼びます。
阿波おどりになくてはならない存在です。


鉦〔かね〕 阿波おどりに初めて使用された楽器であろうといわれています。
カランカランと鋭い音は踊りのリズムをリードします。
バンドマスターの役目があります。「カカンコキン」と叩きます。


笛〔ふえ〕 唯一のメロディ楽器であるのが笛です。
ぞめきの入り乱れる中から、心澄ます音を心地よく踊り子たちに響かせてくれます。「ピヒョロヒャラヒ、ピピリヒャヒトロ〜」とメロディを奏でますが、
連によって違いますので、聴き比べるのも楽しみです。



大太鼓〔おおだいこ〕 ドンドーンと、腹の底に響きわたる
ダイナミックな音は、阿波おどりの躍動感や、
激しさをさらに、もりたててくれます。「ドンド・ドンドン」


三味線〔しゃみせん〕 阿波おどりとは切り離せない三味線。
歯切れの良いよしこの節の音色を聞けば、心浮き立ち、
踊りだしてしまう人も多いはずです。「チャンカ、チャンカ、チャンカ、チャンカ」


鼓〔つづみ〕 張り扇でたたく太鼓と手で叩く小鼓がある。
ポンポンというあの潤い満ちた音を聞くと
心がときめきます。「タンタ・タンタン」


締太鼓〔しめだいこ〕
甲高く、心浮き立つような音を出す締太鼓。
リズミカルに乾いた音で、踊り子たちを弾ませます。
「テケテン・テケテン」
NHK阿波おどり番組2015
阿波おどり2015「踊る阿呆たちの夏」

●地上波
8月28日19時30分〜20時43分 徳島局総合テレビ
9月 4日19時30分〜20時43分 四国管内総合テレビ
●BS
9月 1日23時45分〜0時58分   BS全国放送

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKHPより

阿波おどり2015「踊る阿呆(あほう)たちの夏」
BSプレミアム
2015年9月1日(火) 午後11:45〜午前1:00(75分)
番組内容
今から70年前、戦火にあい、焦土と化した徳島のまち。人々の心の支えになったのが、阿波おどりだった。豪快な男踊りにしなやかで上品な女踊りをたっぷりと堪能する。
出演者ほか
【ゲスト】つるの剛士,壇蜜,
【解説】岡秀昭,山田実,
【司会】岡隆一,
【リポーター】高山大吾,
【語り】阪井あかね
今から70年前、徳島のまちは戦火にあい、焦土と化していた。家や家族を失った徳島の人たち。心の支えになったのが、阿波おどりだった。かねや太鼓、笛、三味線が生み出す独特のリズム「ぞめき」、豪快な男踊りとしなかやで上品な女踊り。復興の象徴から4日間でのべ120万以上の人が集う「世界一熱い、極上のエンターテインメント」へと進化し続ける徳島の阿波おどりの魅力を、つるの剛士さん、壇蜜さんとたっぷり堪能する。
秋の阿波おどり 2015
毎年秋に開催している「秋の阿波おどり」
今年は”〜阿波おどり大絵巻2015秋〜”として、
様々なイベントが入場無料でお楽しみいただけます.

開催期間
2015/11/28(土)・29(日)
10:00〜16:00

28日は北山たけしさんのコンサート、
29日は全国阿波おどりコンテストを開催!
阿波おどり公演は両日とも午前・午後の2回あります。
徳島の海山里の幸や特産品の展示販売、
大谷焼・和紙細工・藍染め・遊山箱づくりなどの
体験コーナーなどがあります。
ご家族、お友達を誘ってお越しください♪

阿波おどり 1日2回公演 
【午前】11:30〜12:30 【午後】14:00〜15:00
開催地
徳島市山城町東浜傍示1 アスティとくしま
料金 無料
チラシポスター:踊り子は娯茶平の演出での踊り
阿波おどり閉幕
4日間にわたる徳島市の阿波おどりが閉幕しました。
南内町演舞場では総おどりで、
阿波おどり振興協会の16連、約1800人が
フィナーレを飾りました。
4日間の人出は。123万人と
台風が来た昨年から、9万人増えました。
特設された桟敷席は、昨夜の終了後から
撤去作業が始まりました。
過ぎゆく夏の寂しさを覚える時間です。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
NNNニュースより
総踊りでフィナーレ(徳島県)

徳島市の阿波踊りは15日、フィナーレを飾る総踊りがおこなわれ4日間の幕を閉じました。踊り天国も今宵限りと街は、踊り子たちの熱気に包まれました。両国本町演舞場では、イングランドからラグビー遠征で日本を訪れているセントポールズ高校の生徒達が初踊りを披露しました。有名連もこよい限りの熱い踊りで見る阿呆を魅了します。そして阿波踊り振興協会加盟の有名連による総踊りでフィナーレを迎えました。実行委員会によりますと15日の人出は32万人、4日間の人出は123万人でした。
[ 8/16 14:48 四国放送]


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
NHKニュースより

阿波おどり閉幕

徳島市の夏を彩る「阿波おどり」は最終日の15日夜、およそ1800人による「総おどり」が行われ、4日間のフィナーレを飾りました。
阿波おどりの最後を飾る「総おどり」は15日夜10時過ぎから徳島市の南内町演舞場で始まりました。
三味線や笛など「ぞめき」のリズムが会場に響き渡る中、「女踊り」の踊り手たちが手先の動きまで揃った優雅な踊りを披露しました。
さらに、「男踊り」の踊り手たちは威勢のよいかけ声をかけながら迫力のある踊りを見せます。
最後には、見物客も阿波おどりに参加し、会場の熱気は最高潮に達していました。
神奈川県から訪れた20代の女性は「すばらしい踊りの文化がある徳島をうらやましく感じました。
見ていて楽しかったので来年も来たい」と話していました。
また、「総おどり」に参加した20代の踊り手の男性は「1年間、この日のために頑張ってきたので感無量です。伝統ある阿波おどりがこれからも続くよう頑張っていきたい」と話していました。
実行委員会によりますと、阿波おどりの人出は15日までの4日間、去年より9万人多いおよそ123万人だったということです。

08月16日 11時16分

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
徳島新聞より

感動、胸に 阿波踊りフィナーレ 2015/8/16 10:03

感動、胸に 阿波踊りフィナーレ 戦後復活してから70回目の節目となる特別な4日間を誰もが胸に刻んだ。2015年の徳島市の阿波踊り(市観光協会、徳島新聞社主催)は15日、フィナーレを迎えた。名残を惜しむ天水たちは踊れる喜びを全身で表現し、見物客も入り乱れて熱狂は夜遅くまで続いた。
 開幕からの疲れも見せず、踊り子たちは「さあ、踊り天国もこよい限り」。結成から節目を迎えた有名連の腕利きが、受け継いできた技の粋を披露すれば、大学連や企業連の初心者も、強烈なぞめきのリズムに身を委ねて躍動する。どの顔も笑みと充実感であふれた。
 演舞場にも街角にも押し寄せる踊り子の波。渾身(こんしん)の踊りが、見る者の心を震わす。
 見ているだけは飽き足らないと、観光客もにわか天水に早変わり。自由気ままに手足を動かし、踊りの心地よさに酔いしれた。
  世代も国境も超え、人々に生きる活力を与えた踊りの祭典。最終日も32万人(阿波おどり実行委員会調べ)が繰り出した。戦後70回目の阿波踊りは、興奮と感動とともに新たな一ページを歴史に記した。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

朝日新聞より

徳島)阿波踊り、総踊りでフィナーレ

2015年8月16日03時00分
 徳島市の阿波踊りは15日、幕を閉じた。4日間の期間中、雨に見舞われることもあったが、鉦(かね)や太鼓、三味線による「ぞめき」が街中に鳴り響き、踊り子たちや観光客らの心を揺らし続けた。

 15日も日中から祭りの終わりを惜しむように、市中心部で熱演が続いた。南内町演舞場では午後10時すぎから、阿波おどり振興協会に所属する16連、約1800人が総踊りを披露し、フィナーレを飾った。市役所前演舞場でも県阿波踊り協会所属の8連、約800人が踊り込んだ。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
読売新聞から

ぞめく街 最高潮                     2015年08月16日

 ◇総踊り喝采

 徳島市の阿波おどりは15日、最終日を迎えた。市の中心部では夜遅くまで太鼓や鉦かねの音が鳴り響き、踊り手も見る人も徳島の夏を満喫。町中を熱気に包んだ4日間が幕を閉じた。

 この日も午後6時から6か所の演舞場で踊りが繰り広げられ、街角の様々な場所で行われた「輪踊り」では、見物客も連員の輪に入って笑顔で踊りを楽しんだ。

 南内町演舞場では有名連による「総踊り」があり、一糸乱れぬ演奏と動きで盛り上がりは最高潮に。連員らは別れを惜しむかのように踊り続け、見物客を魅了した。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

毎日新聞から


県や阿波おどり実行委員会は17日、12日から15日にかけて開かれた徳島市の阿波踊り期間中の人出を発表した。


 実行委の集計では、前年より9万人多い123万人で、うち県外客は61万人(前年56万人)、県内客は62万人(同58万人)と、県内外で昨年を上回った。台風の影響を受けた昨年に比べ、今年は大きな天候の崩れや猛暑日がなかったことや、最終日の15日が土曜日と重なったことなどが原因と見られる。

 4日間の人出の内訳は、12日=34万人(同32万人)▽13日=28万人(同30万人)▽14日=29万人(同26万人)▽15日=32万人(同26万人)で、演舞場や踊り広場に出演した踊り連は延べ860連と、前年と同数だった。
阿波おどりへのご参加、ご観覧ありがとうございました。
2015年阿波おどりが8月15日閉幕しました。
多くのお客さまを迎えて、
静かな徳島の町も賑わいました。
前半は、天気が不安定で時折にわか雨が降る時もありましたが、
後半は、熱気あふれる踊り天国となりました。

また、徳島観光バスツアーにも
多くの方にご参加いただき、
ありがとうございました。
徳島の魅力を多くの方にお伝えいただければ幸いです。
また、来年も熱気あふれる徳島の本場阿波おどりに
お越し下さいますよう、お願いします。

なお、観光ステーションや旅茶屋さくら亭、
旅行部門におきまして、多忙時における
失礼がありましたら、どうぞ
お許しくださいますようよろしくお願いします。

11月28日(土)〜11月29日(日)には、
秋の阿波おどりが予定されています。
イベント会場での阿波おどりも
どうぞ、お楽しみ下さいませ。
徳島観光 バスツアー 〜阿波おどり期間に〜(2015)
阿波おどりでお越しになったお客様に
徳島東部地区の観光地を効率よく回っていただこうと
貸切バスを使って見どころをご紹介するバスツアーをご用意しました。

Aコース:徳島早めぐり〜藍屋敷と吉野川の眺め〜(1日1便)
実施日:平成27年8月12日(水)
集合時間・場所:午前11時00分・JR徳島駅前
旅行代金 おひとり様3,000円、
【月日】 【旅程】
8/12(水) JR徳島駅前集合・出発(11:00)===吉野川堤防道路から車窓案内===◆昼食(徳島市内ホテルにてバイキング)=== ◆藍住町・藍の館===◆松茂町・ハレルヤスイーツキッチン===JR徳島駅到着・解散(15:30)※藍染め体験はオプション


Bコース:阿波の文化と伝説を訪ねて〜阿波丈六寺と義経、金長狸〜(1日1便)
実施日:平成27年8月13日(木)
集合時間・場所:午前9時00分・JR徳島駅前
旅行代金 おひとり様3,500円、
【月日】 【旅程】
8/13(木) JR徳島駅前集合・出発(9:00)===◆丈六寺(古刹・阿波の法隆寺)===◆義経騎馬像(旗山)===◆金長狸像(世界一の狸像)===◆小松島みなと交流センター===◆昼食(少し遅めの昼食、徳島市内ホテルにてバイキング)===市内の見どころを車窓案内===JR徳島駅到着・解散(15:00)

Cコース:みどころ徳島1日めぐり〜藍屋敷と阿波人形浄瑠璃〜(1日1便)
実施日:平成27年8月14日(金)・15日(土)
集合時間・場所:午前9時00分・JR徳島駅前
旅行代金 おひとり様3,500円、
【月日】 【旅程】
8/14(金)
8/15(土) JR徳島駅前集合・出発(09:00)===◆藍住町・藍の館===◆昼食(徳島市内ホテルにてバイキング)===◆松茂町・ハレルヤスイーツキッチン===◆阿波十郎兵屋敷(人形浄瑠璃観賞)===JR徳島駅到着・解散(15:30)
※藍染め体験はオプション

定員40名
3歳以上小学生未満の方は座席のみ提供し1,500円、
※バス代、昼食代、入場料、保険料を含む
食事条件/昼食1回
地元観光サポーターが同行し徳島東部のにぎわいの町や自然あふれる風景をご紹介します。
(空席があれば当日まで申し込みを受け付けます。この場合携帯にご連絡ください)
NPO徳島ツーリズム協会 電話088-622-8214、携帯090-2784-6416
とくしま旅づくりネット 電話088-635-9002
(旅行条件はパンフレットでご確認ください)
徳島阿波おどり空港 お出迎え♪ 《歓迎阿波おどり》を開催します!
徳島阿波おどり空港 お出迎え♪ 《歓迎阿波おどり》を開催します!


航空機でご到着のお客様を、阿波おどりでお出迎えいたします!
本場の阿波おどりをお楽しみください。

平成27年8月11日(火) 〜 8月15日(土)
東京からの到着便に合わせて演舞(各回約20分)
(1) ANA281便(10:10着)
(2) JAL455便(10:55着)
(3) ANA283便(12:15着)、JAL457便(12:20着)
(4) JAL3436便(14:00着) ※札幌線(8月火・木・土のみ運航)
※(4)は11日(火)、13日(木)、15日(土)のみ演舞

《ところ》 徳島阿波おどり空港 正面玄関前 阿波おどり像付近
 ※雨天時は1階到着ロビーにて実施
《出演連》 11日(火) 四国大学連
      12日(水) 娯茶平
      13日(木) 藝茶楽
      14日(金) 武秀連
      15日(土) ほんま連
主 催:徳島空港利用促進協議会、徳島空港ビル株式会社
*航空機の運航状況により、開催時間が前後する場合がございます。
徳島駅周辺で阿波おどり着付けの出来る店
YSNIC【イスニック】〜HPより
ポッポ街店 088-625-0037
助任橋店 088-622-0045
前川店 088-679-6003
阿波踊り着付け ¥5,000 (税込)
まず、電話で予約確認してください。

http://ysnic.p-kit.com/page173554.html
阿波おどりにお越しの個人のお客様へ(2015年)
阿波おどり総合案内所が徳島駅前東側、徳島バス乗り場横に設置されます。
こちらでは、観光案内、宿泊案内、有料演舞場の当日券が販売されます。
電話での問い合わせ ・観光088−653−9680(期間中特設電話)
・宿泊 088−653−9682

阿波おどりの期間(8月12日〜15日)徳島駅周辺の道路は混雑が予想されます。
また、近隣の駐車場だけでは、駐車台数が不足します。
阿波おどりの期間は、郊外の無料臨時駐車場から、
阿波おどり会場近くまでの直行のシャトルバスを利用してお越しください。
シャトルバスは利用料(整理料)1人1回100円をご用意ください。
なお、無料臨時駐車場は、吉野川河川敷駐車場(1000台)、
またはマリンピア駐車場(550台)の2ヶ所です。
シャトルバスは、第一便が午後4時出発。
以降、随時発車を予定しています。原則、地元観光バス車両(毎日10台以上をピストンで)を使用します。途中下車はできません。

帰路シャトルバスの乗り場は、吉野川河川敷へは徳島市立体育館前、
マリンピアへは東警察署北です。
乗車前に整理料100円をご用意ください。
各駐車場に相互には乗り入れませんので行き先を確認してください。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビの目的地は、
「徳島市上吉野町3−21」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
目的地は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。


阿波おどり会場周辺の公園や学校校庭が臨時駐車場として開放されています。
各1日1回1000円でPTA、町内会の方が運営しています。
新町小学校(300台)東山手町2−25、内町小学校(320台)徳島町城内1−15、
富田小学校(150台)中央通り3−15、徳島中学校(200台)中前川町3−16
富田中央公園(200台)秋田町2−4、東富田公園(200台)富田橋1−4、
県庁(県外車のみ対応・210台無料)18時より、15日は10時より、万代町1−1
※西富田公園の開設はありません。
阿波おどり会場近くの駐車場は、学校や公園の臨時駐車場がオススメです。
1回1000円ですから、3時間以上の駐車なら割安。
市内のコイン駐車場は通常1時間200〜300円ですが
1時間500円に特別料金として値上げになったりします。

臨時駐車場の空車情報を地元ラジオ局が放送します。
14時から19時の間で随時放送です。
NHK第一放送(AM945KHz)
四国放送(AM1269KHz)
FM徳島(FM80・7MHz)
B−FM(FM79・1MHz)


有料演舞場の当日指定券は阿波おどり総合案内所のほか、
サークルK・サンクスぴあ、セブンイレブンで午前10時から販売。
自由席は、ローソン、ファミリーマートでも販売。
当日券は枚数に限りがあります。


阿波おどり会場周辺は、午後6時から午後11時まで交通規制が敷かれます。
国道192号から南側、東西1・5km。南北1・5kmのエリアが、規制区域で車両進入出来ません。
市内の交通は、午後4時以降は混雑が予想されます。

阿波おどり運営スタッフはきみどり色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。



演舞場は有料と無料があります。

有料演舞場は、明るい照明に場内放送で踊り連の紹介アナウンス、
有名人の踊り込み、有名連の卓越した踊りを楽しめます。
有料演舞場は、
市役所前演舞場(初日は開幕式があり、2部終演には複数連の合同踊りがあります)
藍場浜演舞場(徳島駅に近いマンモス演舞場・NHKの中継放送で使われる)定員5126名 ※カメラマンへ・・・今年照明がLEDに切り替わり色味が不明です。
紺屋町演舞場(歓楽街に近く踊りと夜の町を楽しめる)定員2763名
南内町演舞場(新町川沿いで川風が涼やか。2部終演は複数連の合同踊りが有名。映画「眉山」の舞台)定員3210名
当日券もありますが、前売りが安く入手できます。
3歳以上有料。幼児は膝の上に座れば無料です。
なお、前売りで売り切れの席種も当日券で用意出来る場合があります。

有料演舞場の席種(料金)の違いについて・・・
踊りは演舞場の踊り通路を行進します。
単に行進踊りするだけでなく、フォーメーションを組んだりします。
男女列が交差したり、集団で踊ったり、止まったりします。
このフォーメーションの披露は、演舞場中央で行います。
また、芸能人が踊り込んで来ると演舞場中央の放送席からあいさつします。
S席は会場中央ですから、これらが正面で見やすいです。有名人が近くで見られます。
A席は出口に近いですが、これらの進行方向ですから見やすいです。
B席は会場中央から手前側で、フォーメーションは自席正面から過ぎていますので
後ろ姿を見る形になります。
C席は、踊り口近くでフォーメーションは遠くて見えません。
踊る前の踊り子の素顔が見えます。自由席ですから早い者勝ちで席を取ります。
空席が出れば前に移動出来ます。

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は場内に売り子が販売しています。
第1部は西日が強いので水分補給し熱中症にはご留意ください。

無料演舞場は、踊り子と観客の距離が近く熱気が感じられ、踊りの中に飛び込みたくなります。
自由席なので早めの席取りが必要。夕暮れ時、日影を考えて席をキープしましょう。席に座れない人はレジャーシートを用意しています。
タレント有名人は踊りに来ません。
新町橋演舞場(目抜き通りで眉山を目前・背景に踊る)
両国本町演舞場(最長170mの演舞場は踊り子には心臓破りの演舞場で人気)

踊りたい「踊る阿呆」には<にわか連>がおすすめ
徳島駅近くの元町おどり広場と市役所前市民広場がにわか連の集合場所です。
誰も自由に参加出来、服装は自由で踊りのレッスンを受けて演舞場に踊り込みます。
18:30、20:30に集合してください。踊り練習して演舞場へ入ります。
元町広場からは新町橋演舞場に、市役所前市民広場からは両国本町演舞場に踊り込みます。
両国の心臓破りの演舞場を体験できます。

おどりハッピの貸出しがあります。
ちょっと衣装にこだわりたいという方にハッピを貸出ます。
阿波おどり総合案内所と市役所市民広場で貸出ます。
ハッピのデザインは女優の宮本信子さんが施しました。
有料になります。貸し出しが3000円。返却時2500円返却。
18:00〜22:00(毎日先着250人)
なお、販売はしていませんが返却しない方がいらっしゃるのも現実です。

阿波おどり衣装のレンタルは「アートレント」で貸してくれます。
アートレント
〒770-0873 徳島市東沖洲1丁目6-2
 電話624-7710  FAX624-7712
徳島市東部の郊外になります。
 徳島市バス  沖洲・南海フェリー行 約15分
 中央市場口下車 歩約1km(マリンピア工業団地へ)

踊り浴衣の着付けサービスは今年度休止になりました。美容院でご相談ください。

市中の阿波おどりは、午後6時から始まります。日中から踊りを楽しみたい方には、次の会場でお楽しみください。

■選抜阿波おどり大会
有名連の卓越した踊りをステージショーで楽しむことが出来ます。
多くある踊り連から、選考を経てステージに立つことは名誉なことです。
踊りや照明、演奏曲にも演出を加えて見せる踊りに徹しています。
息つく間もなく展開するステージを楽しめます。
(有料で指定・自由で料金が変わります)

前夜祭・アスティ徳島
11日 11時〜、15時〜、19時〜各80分公演
阿波銀ホール(郷土文化会館)約800席
12日〜15日 11時〜、13時30分〜、16時〜各70分公演、
徳島市文化センターは老朽化のため閉鎖になりました。


■阿波おどり会館 おどりホール
12日〜15日(50分公演)
11時〜、13時〜、15時〜
大人600円、小人300円、朝9時から発売
踊り体験会17時〜 無料・要整理券・朝9時から配布


●盆流し
お盆の朝には手習いの三弦楽曲を披露しながら歩く風習がありました。
三味線演奏を流して歩きます。
12日9時〜 阿波おどり会館から市中へ
12日10時30分〜 徳島城博物館

●開幕奉納おどり
家祖、藩祖、藩主の菩提寺・興源寺境内で阿波おどりを奉納します。観覧無料。
12日9時〜 興源寺(下助任2−45・しもすけとう)

●流し踊り
阿波おどり振興協会所属の連員から選ばれた踊り子の踊りパレードです。
12日10時〜 徳島駅前から新町橋など

●アスティおどり広場
大ホールのアリーナで有名連踊りを見物後に踊りのレッスンを受けます。参加無料。
12日〜15日 11時〜 14時〜 アスティ徳島

●NHK熱演!阿波おどり
NHK徳島放送局のロビーを開放し大学連や有志の踊り連、踊り体験などを楽しめます。
13日〜15日 13時30分〜17時 観覧無料

●津田の盆踊り
県文化財に指定されている踊り。阿波おどりの原型とも言われています。
漁師町を踊り流します。
14日 13時40分〜 NHK熱演阿波おどり 観覧無料
15日 11時〜、13時30分〜、徳島城博物館(入場料大人300円)
    18時〜 津田中学校前から町内 観覧無料


●そごう徳島店2階ペデストリアンデッキ
<阿波おどり実演ライブ日程>
・12日
 午前11時:徳島県阿波おどり保存協会合同
 午後2時:そごう連
 午後2時30分:無作連
 午後3時30分:本家大名連
 午後4時:そごう連、歌舞伎連、高越連
 午後5時:よしこの連・みつ花連、ほか

・13日
 午後2時30分:娯茶平
 午後3時:なにわ連、壱興連、龍虎連、無作連
 午後4時:神戸チルド連、本家大名連、よしこの連
 午後5時:舞女流華連、みつ花連、けんど連、歌舞伎連、
 午後6時:

・14日
 午後2時:神戸ちるど連、阿波小町、
 午後3時:娯茶平、すだち連、紀州連、
 午後4時:けんど連 うしお連、よしこの連、はりまめちゃ楽連 
 午後5時:上野優華ライブ、無作連、歌舞伎連

・15日
 午後2時:そごう連、すだち連、よしこの連、
 午後3時:紀州連、桜花連、 
 午後4時:そごう連、広島紅葉連、けんど連、
 午後5時: 鯱ほこ連、うしお連、阿波藍連、歌舞伎連
※記載スケジュールは予定です。各連の都合により演舞予定・時間は変動する場合があります。

●アミコ阿波おどりフェスタ
 シビックセンター4階ホール(無料)
 12日〜15日
 13時〜17時 阿波おどり実演や三味線の会の演奏

●よんでん阿波おどり広場
  12日〜15日 18時〜21時30分
  四国電力 徳島支店広場(徳島市寺島本町東2丁目29)
  客席数:約260席  入場料:無料
※カメラマンへ・・・水銀灯が多いので青味の多い色温度です。


●市内循環観光バス「ぐるぐるバス」は
通常土日の運行ですが、
8月12〜15日 は、臨時に運行します。
朝10:00〜1時間おきに出発
15時まで運行します。
阿波おどり会館前を出発し約40分で循環します。
乗車料は無料ですが、定員は24名で先着順です。
途中下車は出来ますが途中乗車は出来ません。
なお、混雑が予想されますので
整理券を発行する場合があります。


●徳島観光バスツアー 当日参加可能
大型バスでにぎわいの町や自然あふれる風景を観光サポーターがご案内します。
(集合:そごう地下「とくしま旅づくりネット」)
8月12日、11時00分集合 3000円(昼食込み)
 Aコース「藍屋敷と吉野川のながめコース」
8月13日、9時00分集合、3500円(昼食込み)
 Bコース「阿波法隆寺の丈六寺、義経、金長狸コース」
8月14日、15日 9時00分集合 3500円 (昼食込み)
 Cコース「阿波藍と阿波人形浄瑠璃コース」
問い合わせ
 NPO徳島ツーリズム協会 電話 088-622-8214
 とくしま旅づくりネット  電話 088-635-9002


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
午後5時と5時30分に開催を知らせる花火が上がります。

大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部(18時)から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、あわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(1600円)する必要があります。満員になれば入場出来ません。現金のみ。
なお、チケットの払い戻しは購入した場所で翌日から8月20日まで行われます。
一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、払い戻しはありません。
※総合案内所で購入のチケットは、阿波おどり会館の実行委員会で払い戻しになります。

〜〜雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・



■100円均一の店は、徳島駅周辺では、
徳島駅ビル4階と、駅東側ダイコクドラッグ地下にあります。雨具の用意はお早めに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
添付した地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場(ステージ)
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  14:阿波おどり会館
  15:よんでん阿波おどり広場
  16:NHK徳島放送局
  17:アミコフェスタinシビックセンター
  18:アミコ阿波おどりデッキ
  19:アスティおどりひろば
  20:銀座おどり広場
  21:阿波おどり実行委員会本部
  22:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  23:観光宿泊案内所
  24:徳島市観光ステーション(地下1階)
  25:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  

紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行



■アスティ徳島へは・・・・
JR徳島駅前、市営バス乗り場3番乗り場
「山城町・ふれあい健康館」行きバスに乗車約20分、
文理大学前下車、徒歩3分。
JR阿波富田駅下車、徒歩20分
■PDF版:http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14375564700.pdf

●阿波おどりの楽しみは見る阿呆より踊る阿呆になることですよ〜〜
阿波おどり タレント芸能人有名人出演情報(2015)
阿波おどりに参加する
タレント、有名人芸能人の出演情報が発表になりました。
お気に入りの有名人が演舞場に登場するかもしれませんね。
8月
12日 サンスター連 三田村邦彦
12日 日本ハム連  岩本勉
12日 チオビタ連  KONISHIKI
12日 日立化成ポリマー連 白石みき
12日 ジブラルタ生命保険連 三遊亭若圓歌
12日 平成連 宮脇健、ひかる一平
12日 富士通連 友近、和牛
12日 サントリー連 林家三平、国分佐智子
    サントリーサンバーズ
13日 アサヒビール連 西田有沙
13日 富士通システムズ 北川弘美
13日 キョーエイ連 ダンディ坂野
14日 日清どん兵衛連 小島よしお、高橋真麻
14日 日本フルハップ連 オール阪神・巨人、女と男
14日 森永カルダス連 タージン
15日 日立連 野々村真

なお、踊りを披露する演舞場は公表されていません。
お盆期間の高速道路における渋滞予測(阿波おどり渋滞予測)
NEXCO西日本と本四高速が
お盆期間の高速道路における渋滞予測を発表しています。
お気をつけてお越しください。

12日 渋滞なし
13日 神戸淡路鳴門自動車道 下り四国方面 東浦IC付近 9時〜15時 最大は12時に約15km渋滞
    高松自動車道 下り高松方面 鳴門IC → 板野ICの間の鳴門西PA付近 10時〜15時 最大は11時に 5km、通過に30分

14日 高松自動車道 上り徳島神戸方面 津田東IC → 板野ICの間、大坂TN付近 14時〜20時。最大は16時に10km、通過に1時間0分

15日 神戸淡路鳴門自動車道 上り神戸方面 淡路IC→垂水JCTの間の舞子TN出口付近 17時〜21時、最大は18時に約5km
    高松自動車道 上り徳島神戸方面 津田寒川IC → 白鳥大内ICの間の津田東IC付近 13時〜16時、最大は14時に5km、通過に30分
    高松自動車道 上り徳島神戸方面 津田東IC → 板野ICの間の大坂TN付近 14時〜20時、最大は17時に15km、通過に1時間30分
    徳島自動車道 上り徳島方面 美馬IC → 土成ICの間の阿波PA付近 15時〜20時。最大は 16時に5km、通過に30分

16日 神戸淡路鳴門自動車道 上り神戸方面 北淡IC→垂水JCTの間の舞子TN出口付近 16時〜22時、最大は17時に約20km

なお、阿波おどり会場の市街地は17時ごろから渋滞し、18時には進入禁止の交通規制が実施されます。
阿波おどり観覧の団体・旅行業者さまへ (2015年)
阿波おどり観覧の団体業者さまへ (2015年)


阿波おどりでは、お越しのお客様に快適にご利用いただくため、事前に情報を入手されることをお薦めします。
(なお、この掲載内容は当会が集めたもので、一部古い情報が混じっている可能性があります。
阿波おどり実行委員会が7月25日から設置されていますのでご確認ください)
阿波おどり実行委員会 電話 088-653-9670

■団体予約の申込先
桟敷席の団体予約に関するお問い合わせ・予約申込みなどにつきましては、
徳島市観光協会において対応いたします。
TEL. 088-622-4010

■団体様の留意事項
団体様にあたってご留意いただきたいポイントを整理いたしました。

団体観光バス乗降場について
1.バスの降車について
 団体バス降車場スペースを設けています。
団体様のバスについては、いずれか2ヶ所にて団体客様にバスを降車していただきます。
藍場浜演舞場に入場される場合は、郷土文化会館あわぎんホール西。(仁心橋・じんしんばしの西・地図の左端)
その他の演舞場には、県庁前かちどき橋北東側の中洲町の道路エリアで降車すると便利です。
(一方通行です進入方向注意、交通整理員が待機))
2.バス降車後について
団体バスから降車いただき、演舞場に入場いただくためには、降車場から歩いての移動になり
約10分〜20分程度とお考えください。
降車場からの移動、演舞場への入場口整理列への集合などの時間を勘案し、
開演時間の30分程度前には、団体バス降車場に到着いただくようお願いいたします。
(演舞場へは開演30分前から入場となります)
なお午後4時以降は周辺は道路渋滞となりますのでお早めに市街地へお入り下さい。
3.バスは、団体さま降車後バス臨時駐車場等へと回送してください。
吉野川河川敷バス駐車場は観光バス100台駐車可。14時30分から利用可です。23時まで。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビは
「徳島市上吉野町3-21」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
あくまでも目標は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。
トイレは仮設があります。
駐車場から最寄りのコンビニはセブンイレブン「徳島吉野本町6丁目店」
088-653-7713まで約400m


団体様は阿波おどり終演後、バス臨時駐車場へはシャトルバスでお回り下さい。
シャトルバスは、1人100円の整理料が必要です。
整理料は乗車前にお支払いとなります。
団体さまは事前にクーポンをご利用ください。現地で料金係が精算を対応します。
シャトルバスは、地元観光バス車両を使用し随時運行します。(一般客と混乗しますが観光バス車両なら着席定員です。一部路線用車両の場合もあります。
約10台がピストン運転します)
団体バス臨時駐車場(吉野川河川敷行き)シャトルバス乗り場は、市立体育館前から出発します。徳島駅北西側です。
無料駐車場は2ヵ所あり、マリンピア駐車場と吉野川河川敷駐車場です。シャトルバスの行き先をご確認ください。
(シャトルバスは相互には向かいませんので吉野川河川敷行きを体育館前から利用してください)
なお、マリンピア駐車場への割り振りの場合は、東警察署前からの乗車になります。



■団体の留意事項
1、有料演舞場への入場方法(団体のお客様)
入場には、入場券が必要です。
指定席の場所を入場口でご確認ください。
開場時間になれば入場できます。観覧席の裏が入場口です。
自由席は先着順ですので開場までお待ちいただきます。
開場は開演の約30分前です。
(約2時間の上演で、1部2部の入れ替え制)。
終演は演舞場内の踊りステージで観客も踊りながら退場となります。
(観客入場口と退場口は異なりますので、予め集合場所を決めておいてください。一般的にお手洗いの場所、そごうデパート前あたりの場所が集合場所になっているようです)
当ホームページの阿波おどり演舞場座席表で概ねの位置をご確認ください。

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は売り子が客席で販売します。
第1部は西日が強いので、水分補給して熱中症にはご留意ください。

阿波おどり運営スタッフはきみどり色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。


●どうぞ、楽しく阿波おどりをご覧下さい〜踊ればもっと楽しいですよ〜


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
(実施告知の花火が午後5時と5時30分に上がります)
大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、あわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(1600円現金)する必要があります。満員になれば入場出来ません。定員800人で現金のみです。

一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、チケットの払い戻しはありません。
※団体様のチケットの払い戻しは、阿波おどり会館の実行委員会へお問い合わせください。

〜〜ただ、雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・
これもまた、思い出になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

■滞在時間別モデルプランをご用意しています!

会場周辺は午後6時以降、車両進入禁止エリアになります。
お早めに、会場周辺へ到着なさってください。


会場周辺には、皆様にお楽しみいただけるスポット
やコンテンツが多くあります。
バスツアーを企画される際には、滞在時間に応じて楽しんでいただける
モデルプランをご用意いたしましたので、ぜひご検討ください。

滞在プラン

観光施設
・阿波おどり会館(有料)
・徳島城博物館(有料)
・文学書道館(作家・瀬戸内寂聴さんの資料)(有料)
・阿波人形浄瑠璃人形館(郷土文化会館・阿波銀ホール内)(無料)

お買い物・おみやげ
・阿波おどり会館(物産協会)
・徳島駅地下
・徳島駅前名店街ビル
・アミコ地下(そごう)
・ご当地スーパーマーケット(かごや町、両国橋、等)
・徳島代表菓「金長まんじゅう」のハレルヤ(松茂町広島字北川向)は、
 お盆期間中(8/12〜15)は、朝9時30分〜夜10時まで営業。
 立ち寄り、車内販売(応相談)

ご参拝
・天神社(眉山下、阿波おどり会館横)
・瑞巌寺(新町小学校南、阿波おどり会館歩5分、庭園は有料)
・春日神社(寺町、阿波おどり会館歩10分)

散策
・新町ボードウォーク
・新町川水際公園
・寺町

軽食
・大判焼(駅前)
・お好み焼き
・徳島ラーメン


周遊バス・船
・ぐるぐるバス(阿波おどり会館発、所要40分、無料)
・ひょうたん島周遊船(両国橋たもと、所要30分、保険200円)


地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場(ステージ)
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  14:阿波おどり会館
  15:よんでん阿波おどり広場
  16:NHK徳島放送局
  17:アミコフェスタinシビックセンター
  18:アミコ阿波おどりデッキ
  19:アスティおどりひろば
  20:銀座おどり広場
  21:阿波おどり実行委員会本部
  22:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  23:観光宿泊案内所
  24:徳島市観光ステーション(地下1階)
  25:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  

紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行
よんでん阿波おどり広場
よんでん阿波おどり広場の出演団体が発表になりました。
日時:8月12日〜15日18:00〜21:30
場所:四国電力(株) 徳島支店前
客席数:約260席
入場料:無料
とくしま連はチャットモンチーが一緒に踊る!(2015)
とくしま連はチャットモンチーが一緒に踊る!(2015)


徳島県庁の阿波おどり連、「とくしま連」に、
チャットモンチーが加わって踊りこみます。
8月12日演舞場は2ヶ所を予定♪

◆市役所前:18:00頃〜18:15頃
◆南内町:19:24頃〜19:39頃

詳細なタレント、有名人参加情報は8月5日ごろ公開されます。
阿波おどり浴衣衣装の着付けサービス休止(2015)
女性の浴衣衣装は、独特の着方ですので、
専門の着つけの先生が無料で毎年8月12日〜13日に
徳島市福祉センターで
着つけてくれていましたが
今年のサービスは休止になりました。

長年、和装教室の先生、生徒さんが毎年、
持ち回りで行ってくれていましたが
事情で休止になりました。
阿波おどり2015 NHK 放送予定と「真昼の阿波おどり」の出演連
NHK徳島放送局の1階ロビーで開催する阿波おどり大会は、
徳島駅から徒歩3分ということもあって、毎回、
観光客を中心に多くの方が来場されます。


阿波おどり2015放送予定

NHK放送会館前演舞会場(表参照)
8月25日1時40分〜(24日夜)Eテレ 8月13日収録分
8月26日1時40分〜(25日夜)Eテレ 8月14日収録分
8月27日1時50分〜(26日夜)Eテレ 8月15日収録分

阿波おどり2015
特別ゲスト具志堅用高さんを迎える。(藍場浜演舞場)
8月28日19時30分〜20時43分 徳島局総合テレビ
9月 1日23時45分〜0時58分   BS全国放送
9月 4日19時30分〜20時43分 四国管内総合テレビ
徳島市国際交流協会が外国からの方との参加者募集
阿波おどりをご一緒に踊りましょう!
LET'S DANCE AWA ODORI!

徳島市国際交流協会では、今年も阿波おどり連を編成し踊って行きます。外国から来られている皆様にも参加していただき、楽しい阿波おどりにしたいと思っています。是非ご参加下さい。8月10日までに参加ご希望の方は、お名前、ご住所、出身国、電話番号、ハッピ貸出希望の有無をメールにてお知らせ下さい。徳島の夏を私達と一緒に楽しみましょう。
・と き:2015年8月12日(水)
・時 間:16:00〜17:00 受付・集合(徳島市国際交流協会へお越し下さい。)
         〃        軽食    
     17:30〜      踊り練習(TIA前公園にて)
      18:00〜   出発(スケジュールの都合で変更になる場合がありま す。ご了承下さい。) 
・参加費及び軽食代 : 
TIA会員及び外国人(小学生以上)=500円
            一般 (高校生以上)=2,000円
         (小学生以上中学生以下)=1,000円
*身体障害者手帳をご持参の方は上記金額の半額になります。未成年者、又手帳をご持参の方は必ず引率者同伴でご参加下さい。
・阿波おどりの衣装:
TIAオリジナルハッピを貸出ます。但し貸出料として別途2,500円いただきます。そ して返却の際に貸出料の内クリーニング代500円を差し引き2、000円は返却し ます。希望者はお申込み下さい。Tシャツ、短パン(ジーンズでも可)、踊り 用足袋(運動靴でも可)は各自持参のこと。他の服装でも可。 尚、新しいハッピは  5,000円で 販売もしております。


T.I.A.(Tokushima International Association)will organize an Awa Odori group on August 12th. Foreign and Japanese nationals alike are welcome to join us. Your participation will make a joyful Awa Dance Festival. Please let us know if you want to join us by sending e-mail by Aug.10th. (Please let us know your name, address, nationality and cell phone number) Let's enjoy a festive summer night in Tokushima.
・Date : August 12, 2015 (Wednesday)
・Time : Arrive at T.I.A. between 16:00 〜17:00 for a reception   and light meal. Practice will be held at 17:30 at the park in front of T.I.A.We plan to leave the park at 18:00 to go to the Dance Avenue.
・Participation Fee (including light meal) :
        Foreigners and TIA Members- Elementary student or older = 500 yen
     Non members - High school student or older =2,000 yen
               - Junior high student or younger =1,000 yen
 *Half price for disabled participants. We will not allow unescorted minors or disables join.
・Dance costume :
We will lend you a "TIA Original Happi Coat " for a deposit of 2,500 yen. Deposit will be refunded with a deduction of 500 yen for cleaning (total 2,000yen refund ) when the "Happi Coat" is returned. Please inform us using the
enclosed post card if you need a "Happi Coat". T-shirts, shorts or jeans and Odoritabi or canvas shoes are recommended. A new Happi Coat is also available
to purchase for 5,000 yen. Participants who would like to wear their own "Happi Coat" or "Yukata" are welcome to do so free of charge.

徳島市国際交流協会/Tokushima International Assoc.
徳島市新蔵町1丁目88/1-88 Shinkura-cho Tokushima
Tel : 088-622-6066/ E-mail : info@tia81.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

徳島市国際交流協会
E-MAIL: info@tia81.com
PHONE: 088-622-6066

Just a reminder: TIA's e-mail address has changed, so messages sent via Facebook will not be forwarded to the office directly, and may not be read immediately. For last minute Awa Odori sign-ups, or other urgent messages, please email or call the office directly.
TIAのメールアドレスは変更されたため、Facebookで送っていただいたメッセージは直接に事務所の方に届きません。すぐに返事が必要場合、事務所のメールアドレスまたは電話でご連絡お願い致します。
阿波おどり2015 四国放送(1ch)放送予定
8月14日19時〜19時56分(生放送)紺屋町演舞場
「戦後70年の阿波おどり」
 有名連の長老を迎えて阿波おどりを支えた戦後70年を見せる。
  写真は番組と関係ありません。
阿波おどり演舞場座席表 (2015)
徳島市阿波おどりの当日は4つの有料演舞場が設置されます。
パイプスタンドで設置される観覧席は、
地元では桟敷席と呼ばれています。

両側に設置された観覧席の間の踊り通路を
連と呼ばれる踊りチームが踊りパレードします。
有料指定席の番号は図のようになります。
入り口近くの自由席はどこに座ってもOKです。
中央付近は、踊り演技が見られてオススメです。
出口近くでは、最後の力を出した力演が見られます。

お買い求めの
席種、○列、○番でお座りになる席が確かめられます。

編集子としては、左右どちらを見るかと聞かれれば、
首を左に向けて見るのが楽なので、
進行方向、左から入ってくるほうが見やすいですね。
演舞場に踊り込む連の申し込みは8月2日に実施(2015)
8月2日10時から市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、
両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、
新町橋東おどり広場の出演抽選が行われます。

〈踊り連受け付け〉
◇抽選日時 8月2日10時から順次抽選(8月12日分=10時、13日分=10時半、14日分=11時、15日分=11時半)
◇抽選場所 徳島新聞社7階ホール(徳島市中徳島町2) ※当日は東側玄関からお越しください。
◇抽選方法 【事前抽選】(本抽選の順番を決定)抽選の前に連名を確認します。ちょうちん、いんろう、浴衣など連名が確認できるものを持参してください
※事前抽選に参加しないと本抽選に参加出来ません
【本抽選】(演舞場の順番を決定)
◇対象演舞場など 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場の8カ所
◇申し込み基準 各演舞場1日1連

※両国橋南おどり広場は午後5時から会場入り口で受け付けます


問い合わせ   徳島市観光協会   〈電088(622)4010〉
       徳島新聞社地域振興部 〈電088(655)7331
「無料演舞場の踊り連」の事前申し込みについて(2015)
「無料演舞場の踊り連」の事前申し込みについて


徳島市の阿波おどり無料演舞場の踊り連
を事前申込で受け付けます。

演舞場:新町橋(東側・西側)演舞場 ・ 元町おどり広場 ・ 新町橋東おどり広場
    演舞場と各おどり広場 1連あたりいずれか1ヵ所
申し込み方法
 7月7日〜10日(午前9時30分〜午後5時30分)の4日間
徳島市観光協会(阿波おどり会館内)に備えている所定用紙または、
ホームページ内の申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入し、
同観光協会か徳島新聞社地域振興部に申し込んでください。
結果については、後日通知。
申し込み数が予定数を超えた場合は、抽選により決定。
http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14359172060.pdf
選抜阿波おどり大会の出演連、前夜祭のスケジュールです。(2015)
徳島市阿波おどりは8月12日〜15日に開かれます。
前夜祭は8月11日です。
前夜祭は、アスティとくしま1カ所で開催されます。
選抜阿波おどり大会は、阿波おどりのステージショーで
あわぎんホール1カ所で開催されます。

それぞれ出演する連が発表になりました。
チケット購入の参考にしてください。
2015 阿波おどりの出演連が発表になりました (2015)
2015 阿波おどりの出演連が発表になりました


徳島市阿波おどりは8月12日〜15日に開かれます。前夜祭は8月11日です。

有料演舞場は市役所前演舞場・藍場浜演舞場・
紺屋町演舞場・南内町演舞場の4カ所。
選抜阿波おどり大会は、ステージショーであわぎんホール1カ所、
前夜祭は、アスティとくしま1カ所になります。


2015年7月1日午前10時より阿波おどり
有料演舞場・選抜阿波おどりのチケットが発売になります。

コンビニの発券機でお求めください。

※別に発券手数料(108円)が必要です。

チケット(演舞場桟敷券)
前売り価格
S席 1900円(指定席)
A席 1700円(指定席)
B席 1500円(指定席)
C席  800円(自由席)


選抜阿波おどり大会
前夜祭(アスティ徳島)8月11日のみ
特別指定席 2500円
指定席   2100円
自由席   1500円

(あわぎんホール)8月12日〜15日
指定席   1900円
自由席   1300円 

コンビニなどの発券イベント番号
・Pコード(セブンイレブン、サークルKサンクス、ファミマなど)
市役所前演舞場<597-750>
藍場浜演舞場 <597-751>
紺屋町演舞場 <597-752>
南内町演舞場 <597-753>
選抜阿波おどり<597-756>
前夜祭    <597-754>

・Lコード(ローソン)
市役所前演舞場<60040>
藍場浜演舞場 <60041>
紺屋町演舞場 <60042>
南内町演舞場 <60043>
選抜阿波おどり<60045>
前夜祭    <60044>

コード番号は再度確かめてお求めください。
http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14351381250.pdf

なお、電話とインターネットで予約の場合はシステム料が216円加算されます。



また、同時に鳴門市阿波おどりも発売になります。

http://www.city.naruto.tokushima.jp/itwinfo/i4592/
阿波おどりの有料演舞場・選抜阿波おどりチケットについて(2015)

2015阿波おどりの有料演舞場・選抜阿波おどり等の
チケット購入方法について発表がありました。
有料演舞場チケット
(市役所前演舞場・藍場浜演舞場・紺屋町演舞場・南内町演舞場)と
選抜阿波おどりチケット(あわぎんホール)
前夜祭チケット(アスティとくしま)は
7月1日にコンビニの端末で
発売になります。

演舞場、選抜阿波踊り大会とも
3歳児以上が有料です。幼児はだっこしてあげてください。
お席が必要でしたら幼児も有料席券をお求めください。
「心おどる水都・とくしま連」踊り子募集 (2015)
「心おどる水都・とくしま連」踊り子募集
「心おどる水都・とくしま連」踊り子募集

徳島市では、阿波おどり本番に
揃いのデザイン浴衣を着て
「心おどる水都・とくしま連」で一緒に踊る
連員(踊り子)を募集します。

阿波おどりの経験は問いませんが、浴衣のほかに、
一部用品の準備が必要です。

【とき】
平成27年8月14日(金曜)、15日(土曜)17:00〜20:00
(※注 着付けが必要な方は15:00〜)
市役所前演舞場→南内町演舞場を踊り込む予定

【募集人員】
各日とも男踊り・女踊り・子ども踊り各40人
※注 応募者多数の場合は抽選となります。
※注 子ども踊りは、とくしま連で踊れる保護者
(男踊り又は女踊り)の同伴が必要となります。
※注 踊り子以外の付き添いの方は演舞場内に入場できません。

【参加費】
無料

【徳島市から参加者へ貸し出すもの】
男踊り= 浴衣、帯、帯紐
女踊り= 浴衣、すそよけ、帯、帯〆、帯上げ、その他女踊り用品(編笠(紐付)、笠枕、手甲、ベルト、伊達〆、踊用ボテ、踊用前板、帯金具、腰ひも)
※注 その他女踊り用品について、お持ちの方はご用意ください。

子ども踊り=
法被、帯

【参加者が用意するもの】
男踊り= 足袋、踊りパンツ、さらし又は腹巻
女踊り= 肌着、足袋、下駄
子ども踊り=足袋(くつ可)、踊りパンツ(白短パン可)、さらし又は腹巻(白Tシャツ可)

【申込期間】
 平成27年6月15日(月曜)〜7月17日(金曜)

【申込方法】
所定の応募用紙に(1)住所、氏名、年齢、性別、電話番号 (2)希望日(14日または15日)、希望パート(男踊り、女踊り、子ども踊り) (3)阿波おどりの経験年数(未経験の方でも可)を記入して、7月17日(金曜)までに、郵送(7月17日までの消印有効)又は徳島市ホームページ「電子申請」、持参(受付時間:8:30〜17:00)、FAXにより徳島市観光課(〒770-8571 徳島市幸町2-5)へ申込み。
なお、申込多数の場合については抽選の上、当選者のみに文書で通知します。

また、阿波おどりが中止になった場合は、このイベントも中止となります。

【当日のスケジュール(予定)】
15:00 徳島市役所に集合し、控室にて衣装着付
17:00 徳島市役所市民広場に集合し、有名連により隊列確認、踊りの練習、記念撮影等
18:00 市役所前演舞場を踊り込み
19:30 南内町演舞場を踊り込み
20:00 徳島市役所控室にて着替え 解散
※注 踊りの練習は当日のみです。

【申込み先・問い合わせ先】
〒770-8571
徳島市幸町2-5
徳島市観光課
電話 088-621-5232


「心おどる水都・とくしま連」踊り子募集について

 徳島市では、阿波おどり本番にお揃いのデザイン浴衣を着て「心おどる水都・とくしま連」で一緒に踊る連員(踊り子)の皆さんを下記要領で募集します。

 阿波おどりの経験は問いませんが、お貸しする浴衣などのほかに、一部用品の準備が必要です。

【とき】

平成27年8月14日(金曜)、15日(土曜)両日とも17:00〜20:00(※注 着付けが必要な方は15:00〜)
市役所前演舞場→南内町演舞場を踊り込む予定

【募集人員】


各日とも男踊り・女踊り・子ども踊り各40人
※注 応募者多数の場合は抽選となります。
※注 子ども踊りは、とくしま連で踊れる保護者(男踊り又は女踊り)の同伴が必要となります。
※注 踊り子以外の付き添いの方は演舞場内に入場できません。

【参加費】

無料

【徳島市から参加者へ貸し出すもの】
男踊り= 浴衣、帯、帯紐 女踊り= 浴衣、すそよけ、帯、帯〆、帯上げ、その他女踊り用品(編笠(紐付)、笠枕、手甲、ベルト、伊達〆、踊用ボテ、踊用前板、帯金具、腰ひも) ※注 その他女踊り用品について、お持ちの方はご用意ください。
子ども踊り=
法被、帯

【参加者が用意するもの】
男踊り= 足袋、踊りパンツ、さらし又は腹巻 女踊り= 肌着、足袋、下駄 子ども踊り=
足袋(くつ可)、踊りパンツ(白短パン可)、さらし又は腹巻(白Tシャツ可)

【申込期間】

 平成27年6月15日(月曜)〜7月17日(金曜)

【申込方法】

 所定の応募用紙に(1)住所、氏名、年齢、性別、電話番号 (2)希望日(14日または15日)、希望パート(男踊り、女踊り、子ども踊り) (3)阿波おどりの経験年数(未経験の方でも可)を記入して、7月17日(金曜)までに、郵送(7月17日までの消印有効)又は徳島市ホームページ「電子申請」、持参(受付時間:8:30〜17:00)、FAXにより徳島市観光課(〒770-8571 徳島市幸町2-5)へ申込み。

 なお、申込多数の場合については抽選の上、当選者のみに文書で通知します。

 また、阿波おどりが中止になった場合は、このイベントも中止となります。

【衣装着付等】

 鳴物、踊り指導、着付けは、阿波おどり振興協会又は徳島県阿波踊り協会に所属する有名連が担当します。

【当日のスケジュール(予定)】

15:00 徳島市役所に集合し、控室にて衣装着付
17:00 徳島市役所市民広場に集合し、有名連により隊列確認、踊りの練習、記念撮影等
18:00 市役所前演舞場を踊り込み
19:30 南内町演舞場を踊り込み
20:00 徳島市役所控室にて着替え 解散
※注 踊りの練習は当日のみです。

【申込み先・問い合わせ先】
〒770-8571
徳島市幸町2-5
徳島市観光課
電話 088-621-5232
阿波踊りの募集「明日連」〜青少年センター連〜2015
「明日連」はとくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)を利用する団体が中心となって結成している阿波踊り連です。
本年も、8月15日(土)に演舞場で踊ることとしており、6月からとくぎんトモニプラザで練習を行います。
県内外を問わず、一般の方も参加できます。皆さんも「明日連」に参加してみませんか。

踊りこみ日時   平成27年8月15日(土)
集合は、とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)2階
定員70名 
参加費3,000円(軽食費、クリーニング費、運営費等)
申し込み締め切り7月31日
電話:088−625−6166
持参物(踊り小物):男子=踊りパンツ、足袋、白シャツ、巾着  
女子=和肌着、すそよけ、足袋、タオル、安全ピン、輪ゴム、ヘアピン、バンソウコウ、コットン、ストッキング、踊り下駄、巾着
徳島市の阿波おどり演舞場に出演する踊り連の受付について(2015)
徳島市の阿波おどり演舞場に出演する踊り連の受付について

〈優先連受け付け〉
◇該当連
▽有名連(阿波おどり団体に所属し、選抜阿波おどり大会に出演している連)
▽タレント連(テレビなどで活躍しているタレントなどが所属する連)
▽県外連(徳島県以外の人で構成し、活動実績のある連)
▽阿波おどり実行委員会が運営上、特に認めた連
 ◇対象演舞場 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町の5カ所
 ◇申請方法 6月2日〜5日(9時半〜17時半)の4日間、徳島市観光協会(同市新町橋2の阿波おどり会館内)に備えている所定用紙に必要事項を記入し、同観光協会か徳島新聞社地域振興部に申請してください


抽選で出演順決定
 8月12日に開幕する徳島市の阿波おどり演舞場に出演する踊り連の受け付け方法は昨年に引き続き、踊り期間4日間分を1日で抽選する方式とし、8月2日午前10時から徳島新聞社で行います。また、タレント連、有名連など優先連の受け付けは、6月2日から4日間です。

〈踊り連受け付け〉
◇抽選日時 8月2日10時から順次抽選(8月12日分=10時、13日分=10時半、14日分=11時、15日分=11時半)
◇抽選場所 徳島新聞社7階ホール(徳島市中徳島町2) ※当日は東側玄関からお越しください。
◇抽選方法 【事前抽選】(本抽選の順番を決定)抽選の前に連名を確認します。ちょうちん、いんろう、浴衣など連名が確認できるものを持参してください
※事前抽選に参加しないと本抽選に参加出来ません
【本抽選】(演舞場の順番を決定)
◇対象演舞場など 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町、両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場の8カ所
◇申し込み基準 各演舞場1日1連

※両国橋南おどり広場は午後5時から会場入り口で受け付けます
※昨年に引き続き、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場についても申し込みの受け付けをします。7月上旬に申し込み方法を発表します。

問い合わせ   徳島市観光協会   〈電088(622)4010〉
        徳島新聞社地域振興部 〈電088(655)7331
阿波おどりポスターが完成しました。(2015)
 毎年8月12日から8月15日までの4日間、当市中心街で開催する最大のイベント『阿波おどり』を全国に広くPRする平成27年度阿波おどりポスターが完成しました。
 写真は、全国公募で寄せられた225点から選ばれた 有名連「阿波扇」の女性の踊り子が満面の笑顔で踊る姿の作品。

 キャッチコピー 「あっぱれ!夏の有頂天。」
製作規格及び枚数
 (1) B1版    1030(縦)×728(横) 印刷枚数 4,000枚
 (2) B3版     517(縦)×368(横) 印刷枚数 2,000枚
今年の阿波おどり(平成27年・2015年)
今年の阿波おどりについて実行委員会が開かれ
例年どおりの日程が決まりました。
徳島市の阿波おどりは8月12〜15日に開かれ、
前売り券は7月1日からコンビニなどで販売されます。

選抜阿波おどりは、前夜祭が8月11日に
アスティ徳島で開かれ、市文化センターの休館により
あわぎんホール(郷土文化会館)1館での開催になり
入場券の入手が難しくなりそうです。

以下徳島新聞から
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
選抜阿波おどり1日3公演実施 あわぎんホールに集約 2015/5/26 09:19

 8月12〜15日に開く徳島市の阿波踊りの運営について協議する実行委員会の初会合が25日、徳島市のホテルサンシャイン徳島であり、期間中の選抜阿波おどり大会をあわぎんホールに集約して行うことを決めた。徳島市文化センターが耐震強度不足で休館中のため。有料演舞場は例年通り4カ所とする。前売り券は7月1日から販売する。

 8月12〜15日の選抜大会は、昨年は市文化センターとあわぎんホールで1日2回ずつ開いた。今年はあわぎんホールのみの開催とし、公演回数は午前11時、午後1時半、同4時の1日3回に増やすことにした。

 11日の前夜祭はアスティとくしまで午前11時と午後3時、同7時の3回開く。

 有料演舞場は市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町の4カ所。無料は両国本町と新町橋の2カ所。観光客らが近い距離で踊りを楽しめる「おどりロード」「おどり広場」は両国橋南詰めなど計5カ所に設ける。

 実行委の事務局は、増収策として演舞場にネーミングライツ(命名権)の導入を検討していることも明らかにした。

 有料演舞場の料金は前売りでS席1900円、A席1700円、B席1500円、C席800円。7月1日午前10時から全国一斉発売し、チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンなどの各店で販売する。当日券はコンビニや演舞場近くの特設売り場で購入できる。

 会合には委員や関係者約40人が出席した。
阿波おどり観覧チケット付き宿泊プラン
阿波おどり観覧チケット付き宿泊プラン


8/12〜8/15限定!阿波おどり観覧チケット付き宿泊プランのある宿が紹介されています。
徳島市旅館組合加盟のホテル・旅館で阿波おどり観覧チケット付き大部屋宿泊プランが販売されました。
ご予約は、各施設で受け付けております。
6月25日一次締切です。
大部屋での相部屋宿泊プランで素泊まりです。
料金:税込6500円
http://www.awaodori-kaikan.jp/info/item.cgi?Id=284&Mode=awa

編集子としても阿波おどり自由席チケットを放棄してでも割安なプランだと思います。
お早めにお申し込みください。
徳島を再発見するツアー (2015)
NPO法人徳島ツーリズム協会では、徳島の地元再発見の
まち歩きを実施します。
徳島を訪れる観光客や転勤で徳島に来られた方、また市民を対象に
徳島の文化、産業を見学、体験してもらい
徳島の魅力を感じてもらうコースです。

■阿波おどりと旧徳島城庭園、和菓子を楽しむコース(徒歩で案内コース)
  出発日 毎日(但し店休日は休止)
  最少催行:2名
  添乗員 なし(スタッフ同行)
  食事  茶菓子1回
旅行代金(お一人様):3,000円(入館料、観覧料込)
子供〈小学生〉:2,8000円
  行程:出発 13時30分    帰着:16時00分
JR徳島駅前=阿波おどり会館で踊り鑑賞と体験=旧徳島城表御殿庭園
=和菓子店茶席=JR徳島駅前

申し込み:徳島ツーリズム協会(徳島市一番町3丁目29−2)で受付 
電話088−622−8214(時間外は留守番電話対応)
注意事項:3日前までにお申し込みください。
旅行代金は当日集合場所で係員にお支払ください。
はなはるフェスタ阿波おどり関連イベント
はなはるフェスタ阿波おどり関連イベント
はなはるフェスタでは2会場で阿波おどりの演舞があります。
いずれも、10時30分からと13時30分からです。
藍場浜公園桟敷とあわぎんホールの観覧は無料です。
入場整理券が必要です。
開演30分前から入口で整理券を配布します。
整理券はお一人4枚までとなります。
藍場浜桟敷は600席、あわぎんホールは800席の
配布となります。
はな・はる・フェスタ「阿波おどり」の出演連
はな・はる・フェスタ2015 4月18日、19日開催の
「阿波おどり」部門の出演連・出演日時は添付表に決まりました。
今年も、有名連の豪華な演舞にご期待ください。
ご来場をお待ちいたしております。

はなはるフェスタのあわぎんホールと藍場浜公園特設演舞場の
阿波おどり入場料は無料ですが、
入場整理券が必要です。
当日10時と13時から配布されます。
阿波おどり有名連のホームページ
阿波おどり有名連のホームページには
活動予定が掲載されている場合がありますので、
観覧のご参考にしてください。(アドレスをコピペしてください)
有名連に入って踊りたい方も、連絡先が表示されていますので
各連にご連絡ください。


阿呆連
http://www.nmt.ne.jp/~south/ahouren/top/ahourentop01.htm


のんき連
http://nonki-ren.p-kit.com/


天水連
http://www.tensuiren.jp/top.html


えびす連
http://ebisu-awaodori.hacca.jp/


天保連
http://www.awaodori-tenporen.com/


うずき連
http://www.stannet.ne.jp/uzuki/


阿波鳴連
https://www.facebook.com/awanaru


葉月連
http://www12.ocn.ne.jp/~haduki/573.html


水玉連
http://mizutama-ren.net/


扇連
http://www.ougiren.com/


浮助連
http://ukisuke-ren.betoku.jp/


ささ連
http://sasaren.com/index.html


若獅子連
https://sites.google.com/site/wk24hp/


阿波連
http://awaren.org/default.html


無双連
http://www.geocities.jp/bigyasu0110/odori.htm#




殿様連
http://www7.ocn.ne.jp/~tonosama/


蜂須賀連
http://www.tcn.ne.jp/~shiirie/hachisukaren/


まんじ連
http://www.manjiren.com/


悠久連
http://yuukyuurenn.jimdo.com/


葵連
http://www.aoiren.com/


阿波扇
http://awaougi.web.fc2.com/


うきよ連
http://www.geocities.co.jp/ukiyoren/


菊水連
http://tokushimakikusuiren.web.fc2.com/index.html


芸茶楽
http://gejyaraku.com/index1.htm


娯茶平
http://www.gojyahei.com/index.html
娯茶平の鳴り物の特色は、笛と三味線が聞こえること。
「赤笛隊」は1996年に結成。紅に塗った揃いの笛を手に、総勢50人の奏者が一斉に“よしこの”を奏でる。
「三味線娘」は2001年に結成。若手連員を前面に出し、三味線を弾き歩き風情をアピールしている。


独楽連
http://www.komaren.com/


新のんき連
http://www.shinnonki.com/


平和連
http://heiwaren1951.web.fc2.com/


都連
http://miyakoren.web.fc2.com/
更新=9月にパリで阿波おどり披露へ (H27/7月)
続報(最新がページ上部に)

阿波おどりのパリ公演について徳島新聞に記事掲載がありました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
阿波踊り、パリでプレ公演 2016年の本番PR 2015/7/29 14:01

 2016年に計画されている阿波踊りパリ公演のプレイベントが今年9月30日〜10月2日、現地で開かれる。有名連の踊り子らが中心市街地などで乱舞を披露するほか、市民向けの踊り教室も開いて本番をPRする。今年の徳島市の阿波踊り(8月12〜15日)には、パリで日本文化を広めている団体が視察に訪れる。
 
 プレイベントは日仏の関係者でつくる「阿波踊りパリ公演実行委員会」が主催し、県阿波踊り協会と阿波おどり振興協会の踊り子ら32人が参加する。
 
 9月30日に現地の行政関係者やメディア、パリ公演のスポンサーらを招いたパーティーが日本大使館であり、阿波踊りを披露する。10月1日には日本文化の発信拠点・パリ日本文化会館で、市民ら約100人を対象に踊り教室を開催。2日はパリで最も歴史があるヴォージュ広場で乱舞を繰り広げ、市民に阿波踊りをPRする。
 
 パリを訪問する県阿波踊り協会の岡秀昭副会長(74)は「阿波踊りの楽しさを伝えたい」、振興協会の山田実理事長(62)は「踊りを通じて交流を深めることができれば」と意気込んでいる。
 
 徳島市の阿波踊りを視察するのは、パリで日本文化を伝えている団体「繋(つながり)太鼓センター」の米村ボナン鮎子さん(31)と夫のボナン・コラさん(41)ら3人。徳島市観光協会の招待で来県し、11日に前夜祭、12日に演舞場で踊りを観覧する。
 
 パリ公演は、15年5月に市庁舎やノートルダム大聖堂があるパリ4区の通りを舞台に有名連の踊り子ら約200人が踊りを披露する計画だったが、フランスで相次いだテロ事件の余波で1年延期した。
<完>


〜パリで阿波おどり披露へ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
(NHK徳島ニュースより)2015年2月25日

徳島の夏を彩る阿波おどりが、ことし9月と来年5月に、フランスの首都、パリで披露されることになりました。
パリでの阿波おどりは、東京在住のフランス人のジャーナリストが企画したもので、「徳島県阿波踊り協会」と「阿波おどり振興協会」に所属するグループから選抜されたメンバーなどのほか、東京・高円寺のグループなどが参加します。
メンバーは、まず、数十人規模でことし9月に1週間程度、パリを訪れ、劇場などでの公演を行うほか、フランス人の愛好家グループへの指導なども行います。
そして、来年5月には、およそ250人規模で再びパリを訪れ、徳島の阿波おどりと同様に屋外に出て、公園や路地などで盛大に踊りを披露します。
当初は、ことし5月に訪問を計画していましたが、1月、パリの新聞社が襲撃されるなどした一連のテロ事件を受けて、時期を遅らせることにしたということです。
両協会によりますと、海外公演の規模としては過去最大になるとみられるということです。
徳島県阿波踊り協会の岡秀昭副会長は、「阿波踊りの魅力をフランスの人たちにアピールし、世界中から徳島に足を運んでもらえるようがんばりたいです」と話しています。

02月25日 13時30分

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
夕刊フジにパリ阿波おどりが延期に・・・記事

首都圏の夕刊紙のフジが今春フランスパリで行われる
阿波おどりの中止を伝えています。
阿波おどりの熱気を欧州に伝えるハズだったのに
残念です。


以下ZAKZAK夕刊フジより

「イスラム国」テロの余波 延期となった「阿波おどりパリ公演」 2015.02.10

 今、この原稿をパリ行き全日空(ANA)205便の機内で書いている。
 筆者は足かけ3年、本業とは別に「阿波おどりパリ公演プロジェクト」に携わってきた。

 そして昨年末、徳島県から100人、東京・高円寺から100人の踊り手とお囃子が、5月22〜24日にパリで演舞披露することが決定した。
 ところが、1月7日に発生した「パリ新聞社襲撃テロ事件」と、続く20日に発覚した「『イスラム国』による日本人殺害脅迫事件」によって、この企画は延期を余儀なくされたのだ。
 筆者もまたテロの「被害者」と言っていいかもしれない。
 それはともかく、このプロジェクトには多くの方々や組織・企業が協力している。
 後援:外務省、観光庁、国際交流基金、フランス外務省、パリ市、協賛企業:大塚グループ、エアバス・ジャパン、野村グループ、三菱商事、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ベネシード、トヨタ自動車、オリックス、日本ミシュランタイヤ、ぐるなび、曙ブレーキ工業、協力:ANA、フジテレビジョン、朝日新聞社などである。

 そもそもは、筆者の友人であるレジス・アルノー氏(仏紙フィガロ東京特派員)が徳島で阿波おどりを見て感動し、企画したことが発端であった。
 この間、紆余(うよ)曲折もあったが、やっとのことで5月公演にこぎ着けたところだった。
 サン・ルイ島、ヴォージュ広場、ノートルダム大聖堂、ポンピドゥ・センターなどがあるパリの文化、観光の中心地「第4区」でのイベントだ。
 阿波おどりのパレードは、ノートルダム大聖堂からセーヌ川を渡り、パリ市庁舎前まで実施される。パリ市警の許可も得ていた。
 それだけではない。5月22日夜には市長主催のレセプション・パーティーが催される。23、24の両日、市庁舎前広場にはインバウンド観光ブースや自治体と協賛企業のブースも設置される。

 用意万端、すべてが整っていたところに、阿波おどり振興協会と徳島県阿波踊り協会、そして高円寺阿波おどり連協会から公演延期の申し入れがあったのである。
 協会幹部から踊り手やその家族がパリ行きに不安を感じているとの説明があった。残念である。
 一足先に発ったアルノー氏はパリ市側に事情を説明し、筆者が鈴木庸一駐仏大使に報告する。1泊3日の弾丸ツアーだ。5月は断念するが、今秋か1年後には必ず実施することを宣言したい。テロには絶対屈しない。 (ジャーナリスト・歳川隆雄)

ZAKZAK夕刊フジ 2015.02.10

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

延期になった内容は以下でした================

阿波おどりパリ公演参加募集(2015年5月24日)


日本最大の祭のひとつである阿波おどりの公演がフランスパリで
行われます。
パリの中心街にある第4区で日本からの踊り手と
鳴りものがパリの街を彩り、練り踊ります。
パリ。
その中心地にある第4区には、ノートルダム大聖堂、
ポンピドゥー・センター、パリ市庁舎、ヴォージュ広場、サン・ルイ島などがあります。
阿波おどりコースの近くに日本村が出現。
日本の祭の雰囲気を再現し、地区を盛り上げます。


パレード参加を希望される方に・・・ご案内

フランス・パリの街中で、大規模の阿波おどりパレードに、
踊り手として参加しませんか?
阿波おどりパレードへのご参加方法

1.ツアーで
ANAで行く「パリで阿波おどり!感動の6日間」
こちらは、AWA ODORI PARIS 2015 とパリ市内観光がセットになった
添乗員同行の旅行ツアーです。初めてのパリでも、ご安心してご旅行いただけます。

ツアー概要
ご出発日:2015年5月22日(金)
ご旅行期間:2015年5月22日(金)〜5月27日(水)
ご旅行代金:エコノミークラス(大人・子供同額お一人様/2名1部屋ご利用時)
成田発:298,000 円
羽田発:318,000 円
*ご旅行代金には、現地空港諸税、燃油サーチャージが含まれません
旅行企画・実施:ANAセールス株式会社
お申込み条件
・当ツアーでは、パレードの踊り手としてのご参加となります。
 パレードにご参加されなくてもツアーにご参加いただけます。
・衣装は各自でご用意ください。また着付けも各自もしくは
 グループ参加者同士で行えることが必要です。
・鳴り物・踊り手のすべてのパートが揃う連(団体)での
 ご参加を希望される場合は、  dance@awaodoriparis.com までお問い合わせください。

お申込み
メール:ana-yoyaku@anas.co.jp
ANAセールス株式会社 東京支店 プレミアムカスタマー販売部
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-14-1 フロントプレイス日本橋
担当:三浦(みうら)、木村(きむら)
お申込み期日:2015年1月28日(水)到着分まで



2.パレードのみ参加希望の方
AWA ODORI PARIS 2015 パレード参加権
当日のパレード参加のみをご希望の場合、パレード参加権をご用意しています。

パレード参加権:70,000 円

お申込み条件
・パレードの踊り手としてのご参加となります。
・衣装は各自でご用意ください。また着付けも各自もしくは
 グループ参加者同士で行えることが必要です。
・鳴り物・踊り手のすべてのパートが揃う連(団体)での
 ご参加を希望される場合は、  dance@awaodoriparis.com までお問い合わせください。

お申込み方法
お問い合わせ先:
旅行パッケージの内容に関するお問い合わせ ana-yoyaku@anas.co.jp
イベントの内容に関するお問い合わせ dance@awaodoriparis.com
2015夏 阿波おどりツアーが発売
2015夏 阿波おどりツアーが発売

2015年 新年を迎えましたが
夏の阿波おどりツアーが発売になっています。
本場、徳島の阿波おどりをぜひ、ご体験ください。
今年も8月12日〜15日に開催されます。
一般桟敷入場券は、7月1日にコンビニで発売になります。
団体席を希望の場合は、徳島市観光協会へご連絡ください。

まずは、ツアーで本場の雰囲気を楽しんで
翌年からは、個人手配でじっくりとゆっくり
楽しんでもらうといいですね。


クラブツーリズム
http://srh.club-t.com/ctour/servlet/TourSearch.jsp?ToCd=TL&p_from=800000&p_company_cd=1002000&p_naigai=J&p_baitai=923&p_baitai_web=S4405&p_hatsu=104&p_bunrui2=N36&p_key=%88%a2%94g%82%a8%82%c7%82%e8

熊野大花火と徳島阿波踊り、伝統的な2つの祭りを一度に巡るチャータークルーズ。
ダイヤモンド・プリンセス
http://www.his-j.com/tyo/cruise/course/diamond/20150812/

飛鳥II  阿波おどり・高松花火クルーズ 5日間
http://www.ytk.co.jp/cruise/asuka2/tour/schedule/3230

【にっぽん丸】済州島と海峡花火・阿波踊りクルーズコース
http://ebook.jtb.co.jp/book/?A684#29

よさこい祭りと阿波おどり
http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=C12416150000
新宿 阿波おどり
新宿 阿波おどり

東京で毎日踊る阿波おどりは、新宿の店へどうぞお出かけください。

ライブ・ショー海外からのお客様にも大人気!
人気の和食文化を代表する「寿司」や「やきとり」メニューを堪能しながら、
日本の伝統祭り「阿波踊り」を体感して楽しめるエンタメレストラン。  
賑やかなお祭り雰囲気でお客様をお出迎えいたします!

◆ショータイム ◆
≪1回目≫ 19:30〜 ≪2回目≫ 21:30〜 ※踊り子と一緒に写真撮影会もあります!
■毎日、違う”連”が登場■
連によって演出も様々、何度行っても毎回違うショーが楽しめます。
新宿阿波踊おどりのショーはお客様参加型!一緒に踊って宴会を盛り上げましょう!
電話番号 050-5789-5206   03-4588-4226  (8〜15時予約受付)

住所  〒160-0022 東京都新宿区新宿3-18-4 セノビル5F
JR新宿駅 東口 徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 新宿駅 徒歩2分
営業時間 月〜木・日・祝日 17:00〜23:30
金・土・祝前日 17:00〜翌4:00
定休日:無
平均予算:3,800円(通常平均)
阿波おどりを依頼する費用の目安
阿波おどりを依頼する費用の目安

阿波おどりのグループ「連」を
おめでたい宴席に招く場合があります。
ほとんど、知り合いの連に依頼しますが、
全く知り合いがいない場合もありますね。

男踊り5名、女踊り5名、鳴り物(演奏)5名
合計15名の基本形で20〜30分の実演です。
衣装、楽器の維持費、市内交通費、人件費などを合わせての
費用になります。平時で概ね20万円くらいでしょうか。
拘束時間によっては軽食を用意する必要もあります。
また、コンベンションなどの大規模な場合には複数の連が繰り出すことがあります。
具体的には、阿波おどりの団体(振興協会、県阿波おどり協会)や会場ホテルに相談してみてください。
ホテル手配も可能です。手配手数料は20〜30%が目安でしょうか。
阿波おどり期間の楽器(鳴物音楽)の派遣もあります。
企業連のサポートに有名連の鳴り物が付く場合をよく見ます。
こちらも、連や団体にご相談ください。
NHK阿波おどりテレビ放送(四国内)
先に放送された地上波テレビの四国地域の再放送は
9月6日(土)前 10:05〜11:18
《総合・四国域内》
しこく8
   徳島 阿波おどり2014
   「今田と砂羽と踊る阿呆」 となります。
民放テレビ阿波おどり番組 2014
民放テレビ阿波おどり番組

徳島の民間放送が制作した阿波おどり番組の放送時間は・・・

ダイドードリンコスペシャル
阿波おどり路上派(ろじょうは)
〜ストリートで舞う異端児〜(仮)
9/7(日)15:00〜15:54(仮)
JRT 四国放送TV放送!
NHK阿波おどり BS放送(2014)
9月9日(火)
後 11:45〜(翌日)0:58まで
BSプレミアム・全国放送で

徳島 阿波おどり2014
「今田と砂羽と踊る阿呆」 が

放送されます。
どうぞ、本場徳島の熱気をお楽しみください。

以下NHKホームページから

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夏、阿波おどり。
お笑い芸人・今田耕司さんと女優・鈴木砂羽さんが熱気に包まれる徳島の街を歩いた。

踊りの名人たちが出演する演舞場では、豪快なものから優美なもの、絶妙の集団演技まで、磨き上げられた踊りの技と迫力を堪能。
街なかにも繰り出し、阿波おどりに人生をささげる「踊る阿呆(あほう)」たちと出会った。
二人が繰り広げる絶妙のトークと、マルチカメラが切りとる映像で、阿波おどりのエネルギーをたっぷりと伝える。
画像:NHKホームページより
NHK徳島放送局舎での阿波おどり収録放送(2014)
NHK徳島放送局での阿波おどり放送

NHK徳島放送局の局舎を利用した
熱演!真昼の阿波おどりの様子が
放送になります。
徳島市南前川町の旧会館から徳島市寺島本町東1丁目の新会館に
移ってからの恒例行事となって、
地元連や県外連など多彩な踊りが見られます。
なお、タレントさんの出演はないと思います。
徳島県域 Eテレ 8月25日深夜 1:40〜4:37(8月13日収録)
徳島県域 Eテレ 8月26日深夜 1:25〜4:12(8月14日収録)
徳島県域 Eテレ 8月27日深夜 1:25〜4:07(8月15日収録)
藤原紀香さんが8月15日阿波おどりに登場(2014)
藤原紀香さんが日赤連で
紺屋町演舞場、藍場浜演舞場に踊り込みました。
以下
Norika Fujiwara (藤原 紀香)さんのフェイスブックより〜


19年ぶりの阿波おどり、弾けました〜!!! 雨の予報を吹き飛ばし、なんとか晴れ!
日赤連で参加皆さんありがとう!
8月15日、平和への願いを心に込め、手を高く上げて踊りました。

ちなみに、いろんなお客さんから顔が見えるように、と笠はかぶりませんでした
2014年NHK阿波おどり番組放送
2014年NHK阿波おどり番組放送

8月29日(金)後 7:30〜8:43
《総合テレビ・四国域内》
 (再)9月6日(土) 10:05 〜
「体感!世界一熱い徳島の夏 阿波おどり2014」
今田耕司&鈴木砂羽と踊る阿呆たち(仮)

春香クリスティーンをゲストに迎えた番組は藍場浜演舞場で収録。画像は春香さんのブログから引用。
阿波おどりにお越しの個人のお客様へ(2014年)
阿波おどりにお越しの個人のお客様へ(2014年)



阿波おどり総合案内所が徳島駅前東側、徳島バス乗り場横に設置されます。
こちらでは、観光案内、宿泊案内、有料演舞場の当日券が販売されます。
電話での問い合わせ ・観光088−653−9680(期間中特設電話)
・宿泊 088−653−9682

阿波おどりの期間(8月12日〜15日)徳島駅周辺の道路は混雑が予想されます。
また、近隣の駐車場だけでは、駐車台数が不足するおそれがあります。
阿波おどりの期間は、郊外の無料臨時駐車場から、
阿波おどり会場近くまでの直行のシャトルバスを利用してお越しください。
シャトルバスは利用料(整理料)1人1回100円をご用意ください。
なお、無料臨時駐車場は、吉野川河川敷駐車場(1000台)、
またはマリンピア駐車場(550台)の2ヶ所です。
シャトルバスは、第一便が午後4時出発。
以降、随時発車を予定しています。原則、地元観光バス車両(毎日10台以上をピストンで)を使用します。途中下車はできません。

帰路シャトルバスの乗り場は、吉野川河川敷へは徳島市立体育館前、
マリンピアへは東警察署北です。
乗車前に整理料100円をご用意ください。
各駐車場に相互には乗り入れませんので行き先を確認してください。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビの目的地は、
「徳島市上助任町天神」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
目的地は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。


阿波おどり会場周辺の公園や学校校庭が臨時駐車場として開放されています。
各1日1回1000円でPTA、町内会の方が運営しています。
新町小学校(300台)、内町小学校(320台)、
富田小学校(150台)、徳島中学校(200台)、
富田中央公園(200台)、
東富田公園(200台)、
県庁(県外車のみ対応・213台無料)18時より
※西富田公園の開設はありません。
阿波おどり会場近くの駐車場は、学校や公園の臨時駐車場がオススメです。
1回1000円ですから、3時間以上の駐車なら割安。
市内のコイン駐車場は通常1時間200〜300円ですが
1時間500円に特別料金として値上げになったりします。

臨時駐車場の空車情報を地元ラジオ局が放送します。
14時から19時の間で随時放送です。
NHK第一放送(AM945KHz)
四国放送(AM1269KHz)
FM徳島(FM80・7MHz)
B−FM(FM79・1MHz)


有料演舞場の当日指定券は阿波おどり総合案内所のほか、
サークルK・サンクスぴあ、セブンイレブンで午前10時から販売。
自由席は、ローソン、ファミリーマートでも販売。
当日券は枚数に限りがあります。


阿波おどり会場周辺は、午後6時から午後11時まで交通規制が敷かれます。
国道192号から南側、東西1・5km。南北1・5kmのエリアが、規制区域で車両進入出来ません。
市内の交通は、午後4時以降は混雑が予想されます。

阿波おどり運営スタッフはピンク色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。



演舞場は有料と無料があります。

有料演舞場は、明るい照明に場内放送で踊り連の紹介アナウンス、
有名人の踊り込み、有名連の卓越した踊りを楽しめます。
有料演舞場は、
市役所前演舞場(初日は開幕式があり、2部終演には複数連の合同踊りがあります)
藍場浜演舞場(徳島駅に近いマンモス演舞場・NHKの中継放送で使われる)定員5126名
紺屋町演舞場(歓楽街に近く踊りと夜の町を楽しめる)定員2763名
南内町演舞場(新町川沿いで川風が涼やか。2部終演は複数連の合同踊りが有名。映画「眉山」の舞台)定員3210名
当日券もありますが、前売りが安く入手できます。
3歳以上有料。幼児は膝の上に座れば無料です。
なお、前売りで売り切れの席種も当日券で用意出来る場合があります。

有料演舞場の席種(料金)の違いについて・・・
踊りは演舞場の踊り通路を行進します。
単に行進踊りするだけでなく、フォーメーションを組んだりします。
男女列が交差したり、集団で踊ったり、止まったりします。
このフォーメーションの披露は、演舞場中央で行います。
また、芸能人が踊り込んで来ると演舞場中央の放送席からあいさつします。
S席は会場中央ですから、これらが正面で見やすいです。有名人が近くで見られます。
A席は出口に近いですが、これらの進行方向ですから見やすいです。
B席は会場中央から手前側で、フォーメーションは正面から過ぎていますので
後ろ姿を見る形になります。
C席は、踊り口近くでフォーメーションは遠くて見えません。
踊る前の踊り子の素顔が見えます。自由席ですから早い者勝ちで席を取ります。
空席が出れば前に移動出来ます。

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は場内に売り子が販売しています。
第1部は西日が強いので水分補給し熱中症にはご留意ください。

無料演舞場は、踊り子と観客の距離が近く熱気が感じられ、踊りの中に飛び込みたくなります。
自由席なので早めの席取りが必要。夕暮れ時、日影を考えて席をキープしましょう。席に座れない人はレジャーシートを用意しています。
新町橋演舞場(目抜き通りで眉山を背景に踊る)
両国本町演舞場(最長170mの演舞場は踊り子には心臓破りの演舞場で人気)

踊りたい「踊る阿呆」には<にわか連>がおすすめ
徳島駅近くの元町おどり広場と市役所前市民広場がにわか連の集合場所です。
誰も自由に参加出来、服装は自由で踊りのレッスンを受けて演舞場に踊り込みます。
18:30、20:30に集合してください。踊り練習して演舞場へ入ります。
元町広場からは新町橋演舞場に、市役所前市民広場からは両国本町演舞場に踊り込みます。
両国の心臓破りの演舞場を体験できます。

おどりハッピの貸出しがあります。
ちょっと衣装にこだわりたいという方にハッピを貸出ます。
阿波おどり総合案内所と市役所市民広場で貸出ます。
ハッピのデザインは女優の宮本信子さんが施しました。
有料になります。貸し出しが3000円。返却時2500円返却。
18:00〜22:00(毎日先着250人)
なお、販売はしていませんが返却しない方がいらっしゃるのも現実です。

阿波おどり衣装のレンタルは「アートレント」で貸してくれます。
アートレント
〒770-0873 徳島市東沖洲1丁目6-2
 電話624-7710  FAX624-7712
徳島市東部の郊外になります。
 徳島市バス  沖洲・南海フェリー行 約15分
 中央市場口下車 歩約1km(マリンピア工業団地へ)

本格的な衣装の場合、踊り浴衣の着付けは無料で8月12日、13日に徳島市福祉センターで行います。(中央公民館隣)
踊り浴衣のほか和装小物もご準備ください。14時〜16時30分まで対応してくれます。
和装教室の先生、生徒さんが毎年持ち回りで行っているものです。

市中の阿波おどりは、午後6時から始まります。日中から踊りを楽しみたい方には、次の会場でお楽しみください。

■選抜阿波おどり大会
有名連の卓越した踊りをステージショーで楽しむことが出来ます。
多くある踊り連から、選考を経てステージに立つことは名誉なことです。
踊りや照明、演奏曲にも演出を加えて見せる踊りに徹しています。
息つく間もなく展開するステージを楽しめます。
(有料で指定・自由で料金が変わります)

前夜祭・アスティ徳島
11日 11時〜、15時〜、19時〜各80分公演
徳島市文化センター(約1200席)
12日〜15日 13時30分〜、16時〜各70分公演
阿波銀ホール(郷土文化会館)約800席
12日〜15日 13時30分〜、16時〜各70分公演、



■阿波おどり会館 おどりホール
12日〜15日(50分公演)
11時〜、13時〜、15時〜
大人600円、小人300円、
踊り体験会17時〜 無料


●盆流し
お盆の朝には手習いの三弦音楽を披露しながら歩く風習がありました。
三味線演奏を流して歩きます。
12日9時〜 阿波おどり会館から市中へ
12日10時30分〜 徳島城博物館

●開幕奉納おどり
家祖、藩祖、藩主の菩提寺・興源寺境内で阿波おどりを奉納します。観覧無料。
12日9時〜 興源寺(下助任・しもすけとう)

●流し踊り
阿波おどり振興協会所属の連員から選ばれた踊り子の踊りパレードです。
12日10時〜 徳島駅前から新町橋など

●アスティおどり広場
大ホールのアリーナで有名連踊りを見物後に踊りのレッスンを受けます。参加無料。
12日〜15日 11時〜 14時〜 アスティ徳島

●NHK熱演!阿波おどり
NHK徳島放送局のロビーを開放し大学連や有志の踊り連、踊り体験などを楽しめます。
13日〜15日 13時30分〜17時 観覧無料

●津田の盆踊り
県文化財に指定されている踊り。阿波おどりの原型とも言われています。
漁師町を踊り流します。
15日 11時〜、13時30分〜、徳島城博物館(入場料大人300円)
    18時〜 津田中学校前から町内 観覧無料


●そごう徳島店2階ペデストリアンデッキ
<阿波おどり実演ライブ日程>
・12日
 午前11時:徳島県阿波おどり保存協会合同
 午後2時:そごう連
 午後3時:仙台すずめ踊り
 午後4時:文理大学連
 午後5時:よしこの連・みつ花連、うしお連ほか

・13日
 午後2時:そごう連
 午後4時:琉球國祭太鼓創作エイサー、そごう連、よしこの連
 午後5時:けんど連・壱興連
 午後6時:上野優華ライブ

・14日
 午後2時:すだち連
 午後3時30分:娯茶平
 午後4時:紀州連 みつ花連 本家大名連 
 午後5時:けんど連、歌舞伎連、よしこの連

・15日
 正午 :阿呆連
 午後2時:そごう連
 午後3時:みつ花連 紀州連 
 午後4時:そごう連、広島紅葉連、
 午後5時: けんど連・・よしこの連、すだち連
※記載スケジュールは予定です。各連の都合により演舞予定・時間は変動する場合があります。

●アミコ阿波おどりフェスタ
 シビックセンター4階ホール(無料)
 12日〜15日
 13時〜17時 阿波おどり実演や三味線の会の演奏

●よんでん阿波おどり広場
  12日〜15日 18時〜21時30分
  四国電力 徳島支店広場(徳島市寺島本町東2丁目29)が復活します。
  客席数:約260席  入場料:無料
※カメラマンへ・・・水銀灯が多いので青味の多い色温度です。


●市内循環観光バス「ぐるぐるバス」は
通常土日の運行ですが、
8月12〜15日 は、臨時に運行します。
朝10:00〜1時間おきに出発
15時まで運行します。
阿波おどり会館前を出発し約40分で循環します。
乗車料は無料ですが、定員は24名で先着順です。
途中下車は出来ますが途中乗車は出来ません。
なお、混雑が予想されますので
整理券を発行する場合があります。


●徳島観光バスツアー
大型バスでにぎわいの町や自然あふれる風景を観光サポーターがご案内します。
8月12日、14日 9時45分発 15時帰着 3000円(昼食込み)
 Aコース「藍屋敷と人形浄瑠璃コース」下車観光
8月13日、15日 各1000円 (食事なし)車窓観光で下車観光しません。
 Bコース「吉野川コース」10時30分発 正午帰着
 Cコース「義経コース」 13時30分発 15時帰着
問い合わせ
 NPO徳島ツーリズム協会 電話 088-622-8214
 とくしま旅づくりネット  電話 088-635-9002


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
午後5時と5時30分に開催を知らせる花火が上がります。

大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部(18時)から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、徳島市文化センターとあわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(1600円)する必要があります。満員になれば入場出来ません。現金のみ。
なお、チケットの払い戻しは購入した場所で翌日から8月20日まで行われます。
一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、払い戻しはありません。
※総合案内所で購入のチケットは、阿波おどり会館の実行委員会で払い戻しになります。

〜〜雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・



■100円均一の店は、徳島駅周辺では、
徳島駅ビル4階と、駅東側ダイコクドラッグ地下にあります。雨具の用意はお早めに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地図内の記号

赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:徳島市文化センター
  14:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  15:阿波おどり会館
  16:よんでん阿波おどり広場
  17:NHK徳島放送局
  18:アミコフェスタinシビックセンター
  19:アミコ阿波おどりデッキ
  20:アスティおどりひろば
  21:銀座おどり広場
  22:阿波おどり実行委員会本部
  23:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  24:観光宿泊案内所
  25:徳島市観光ステーション(地下1階)
  26:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  27:社会福祉センター


紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行

■アスティ徳島へは・・・・
JR徳島駅前、市営バス乗り場3番乗り場
「山城町・ふれあい健康館」行きバスに乗車約20分、
文理大学前下車、徒歩3分。
JR阿波富田駅下車、徒歩20分
■PDF版:http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14066127790.pdf

●阿波おどりの楽しみは見る阿呆より踊る阿呆になることですよ〜〜
2014阿波おどりに参加する芸能人、有名人、タレントさんを発表!
2014阿波おどりに参加する芸能人、有名人、タレントさんを発表されました。
8月7日の徳島新聞に詳しく掲載されています。
おもな方々は次のような陣容です。

8月12日
サンスター連 三田村邦彦
サントリー連 林家三平・国分佐智子
 サントリーサンバーズ
ジブラルタ生命連 三遊亭若円歌
ダイドー連 吉村作治
大鵬薬品連 KONISIKI
東芝連 石丸佐知
日立化成連 白石みき
平成連 千葉真一、ひかる一平
アサヒスーパードライ連 岡愛恵

8月13日
キョーエイ連 安田大サーカス
森永カルダス連 タージン

8月14日
ホクト・徳青連 トミーズ
日清どん兵衛連 菊池亜美、小島よしお
日本ハム連 岩本勉
日本フルハップ オール阪神・巨人、女と男
大名連 椿欣也

8月15日
日赤連 藤原紀香
日立連 野々村真
富士通連 武田修宏
富士通システムズ 北川弘美
阿波おどり観覧の団体・旅行業者さまへ (2014年)
阿波おどり観覧の団体のお客様へ (2014年)


阿波おどりでは、お越しのお客様に快適にご利用いただくため、事前に情報を入手されることをお薦めします。
(なお、この掲載内容は当会が集めたもので、一部古い情報が混じっている可能性があります。
阿波おどり実行委員会が7月25日から設置されていますのでご確認ください)
阿波おどり実行委員会 電話 088-653-9670

■団体予約の申込先
桟敷席の団体予約に関するお問い合わせ・予約申込みなどにつきましては、
徳島市観光協会において対応いたします。
TEL. 088-622-4010

■団体様の留意事項
団体様にあたってご留意いただきたいポイントを整理いたしました。

団体観光バス乗降場について
1.バスの降車について
 団体バス降車場スペースを設けています。
団体様のバスについては、いずれか2ヶ所にて団体客様にバスを降車していただきます。
藍場浜演舞場に入場される場合は、郷土文化会館あわぎんホール西。(仁心橋・じんしんばしの西・地図の左端)
その他の演舞場には、県庁前かちどき橋北東側の中洲町の道路エリアで降車すると便利です。
(一方通行です進入方向注意、交通整理員が待機))
2.バス降車後について
団体バスから降車いただき、演舞場に入場いただくためには、降車場から歩いての移動になり
約10分〜20分程度とお考えください。
降車場からの移動、演舞場への入場口整理列への集合などの時間を勘案し、
開演時間の30分程度前には、団体バス降車場に到着いただくようお願いいたします。
(演舞場へは開演30分前から入場となります)
なお午後4時以降は周辺は道路渋滞となりますのでお早めに市街地へお入り下さい。
3.バスは、団体さま降車後バス臨時駐車場等へと回送してください。
吉野川河川敷バス駐車場は観光バス100台駐車可。14時30分から利用可です。23時まで。
吉野川河川敷駐車場へのカーナビは
「徳島市上助任町天神」で入力してください。
施設では「国土交通省徳島河川事務所」で入力してください。
あくまでも目標は目安ですので近くになれば現場表示(黄色看板)に従って下さい。
トイレは仮設があります。
駐車場から最寄りのコンビニは「ローソン徳島中吉野町店」088-653-7723まで約1km


団体様は阿波おどり終演後、バス臨時駐車場へはシャトルバスでお回り下さい。
シャトルバスは、1人100円の整理料が必要です。
整理料は乗車前にお支払いとなります。
団体さまは事前にクーポンをご利用ください。現地で料金係が精算を対応します。
シャトルバスは、地元観光バス車両を使用し随時運行します。(一般客と混乗しますが観光バス車両なら着席定員です。一部路線用車両の場合もあります。
約10台がピストン運転します)
団体バス臨時駐車場(吉野川河川敷行き)シャトルバス乗り場は、市立体育館前から出発します。徳島駅北西側です。
無料駐車場は2ヵ所あり、マリンピア駐車場と吉野川河川敷駐車場です。シャトルバスの行き先をご確認ください。
(シャトルバスは相互には向かいませんので吉野川河川敷行きを体育館前から利用してください)
なお、マリンピア駐車場への割り振りの場合は、東警察署前からの乗車になります。



■団体の留意事項
1、有料演舞場への入場方法(団体のお客様)
入場には、入場券が必要です。
指定席の場所を入場口でご確認ください。
開場時間になれば入場できます。観覧席の裏が入場口です。
自由席は先着順ですので開場までお待ちいただきます。
開場は開演の約30分前です。
(約2時間の上演で、1部2部の入れ替え制)。
終演は演舞場内の踊りステージで観客も踊りながら退場となります。
(観客入場口と退場口は異なりますので、予め集合場所を決めておいてください。一般的にお手洗いの場所、そごうデパート前あたりの場所が集合場所になっているようです)

観覧中にトイレに行く場合は、入場券の半券を持参して会場外へ出て下さい。
半券があれば再入場出来ます。トイレの位置は、券モギリ係にお聞き下さい。
飲料は売り子が客席で販売します。
第1部は西日が強いので、水分補給して熱中症にはご留意ください。

阿波おどり運営スタッフはピンク色のTシャツを着ています。
不明な点は声をお掛けください。


●どうぞ、楽しく阿波おどりをご覧下さい〜踊ればもっと楽しいですよ〜


■雨の場合・・・・・・
演舞場には、屋根がありません。雨具を用意してください。
小雨なら予定通り開催します。
(実施告知の花火が午後5時と5時30分に上がります)
大雨の場合は、実行委員会が中止を決めます。この場合テレビ、ラジオで中止を放送します。
第1部から中止が決まれば、特別公演を実施します。会場は、徳島市文化センターとあわぎんホール(郷土文化会館)で観覧できます。特別公演は19時開演でこの場合、入場券を窓口で新規に購入(1600円現金)する必要があります。満員になれば入場出来ません。現金のみです。

一方、一旦開催が決まり19時以降に中止になった場合は、チケットの払い戻しはありません。
※団体様のチケットの払い戻しは、阿波おどり会館の実行委員会へお問い合わせください。

〜〜ただ、雨が降っても踊る阿呆は、家には帰らずアーケードのある商店街で踊ってます・・・
これもまた、思い出になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

■滞在時間別モデルプランをご用意しています!

会場周辺は午後6時以降、車両進入禁止エリアになります。
お早めに、会場周辺へ到着なさってください。


会場周辺には、皆様にお楽しみいただけるスポット
やコンテンツが多くあります。
バスツアーを企画される際には、滞在時間に応じて楽しんでいただける
モデルプランをご用意いたしましたので、ぜひご検討ください。

滞在プラン

観光施設
・阿波おどり会館(有料)
・徳島城博物館(有料)
・文学書道館(作家・瀬戸内寂聴館長)(有料)
・阿波人形浄瑠璃人形館(郷土文化会館・阿波銀ホール内)(無料)

お買い物・おみやげ
・阿波おどり会館(物産協会)
・徳島駅地下
・徳島駅前名店街ビル
・アミコ地下(そごう)
・ご当地スーパーマーケット(かごや町、両国橋、等)
・徳島代表菓「金長まんじゅう」のハレルヤ(松茂町広島字北川向)は、
 お盆期間中(8/12〜15)は、朝9時〜夜11時まで営業。
 立ち寄り、車内販売(応相談)

ご参拝
・天神社(眉山下、阿波おどり会館横)
・瑞巌寺(新町小学校南、阿波おどり会館歩5分)
・春日神社(寺町、阿波おどり会館歩10分)

散策
・新町ボードウォーク
・新町川水際公園
・寺町

軽食
・大判焼(駅前)
・お好み焼き
・徳島ラーメン


周遊バス・船
・ぐるぐるバス(阿波おどり会館発、所要40分、無料)
・ひょうたん島周遊船(両国橋たもと、所要30分、保険200円)


地図内の記号
赤色○1:市役所前演舞場
   2:藍場浜演舞場
   3:紺屋町演舞場
   4:南内町演舞場
   5:両国橋演舞場
   6:新町橋演舞場
   7:元町おどり広場
   8:新町橋東おどり広場(浮ステージ)
   9:両国広場
  10:両国橋南おどり広場
  11:両国橋南詰おどりロード
  12:アスティ徳島(枠外右下)
  13:徳島市文化センター
  14:あわぎんホール(県郷土文化会館)
  15:阿波おどり会館
  16:よんでん阿波おどり広場
  17:NHK徳島放送局
  18:アミコフェスタinシビックセンター
  19:アミコ阿波おどりデッキ
  20:アスティおどりひろば
  21:銀座おどり広場
  22:阿波おどり実行委員会本部
  23:阿波おどり総合案内所(8月12〜15日)
  24:観光宿泊案内所
  25:徳島市観光ステーション(地下1階)
  26:にわか連集合場所(市役所市民広場・元町おどり広場)
  27:社会福祉センター



紺色○:ホテル
緑ローマ字○:モニュメント
黄色P:臨時駐車場・公営駐車場
ピンク枠内:18時〜23時 車両進入禁止
矢印→:一方通行

PDF版:http://www.awaodori-kaikan.jp/photo/info/file1-14066127790.pdf
徳島県内各地の阿波おどり
阿波おどりは徳島地方の盆おどりです。
各地で精霊おどりとして踊られます。開催日時は毎年同じです。
◎印は道路を通行止めにして観覧席を設置しています。

8/12〜8/15
◎徳島市の阿波おどり

8/9〜8/11 夜
◎鳴門市阿波おどり(JR鳴門駅西)

8/14〜8/16 夜
◎三好市いけだ阿波おどり(JR阿波池田駅前)

8/14〜8/16 夜
◎吉野川市阿波おどり大会(JR鴨島駅前)



8/11 夜
美馬市うだつのまち阿波おどり大会

8/14 昼
北島町きたじまひょうたん阿波おどり

8/14 夜
阿波市阿波おどり

8/15〜8/16 夜
◎つるぎ町貞光夏祭り阿波おどり大会
 古風な感じでカメラマンに人気!

8/14〜8/17 昼
吉野川オアシス阿波おどりお盆特別公演
阿波おどりに参加するタレントさんの発表
阿波おどりに参加する俳優、タレント、芸能人さんの発表は、
平成25年は8月5日付けの徳島新聞でした。
阿波おどり期間の高速道路渋滞予測(2014)
阿波おどり期間の高速道路渋滞予測

NEXCO西日本がまとめた渋滞予測です。
なお、事故などに伴う渋滞はこの予測に含まれていません。

8月
12日 渋滞予測なし

13日 高松自動車道 下り高松方面 鳴門西PA付近 10:00〜15:00 5km
     (徳島へは鳴門ICで下りるので大丈夫)
14日 高松自動車道 上り神戸鳴門方面 大坂TN付近 14:00〜20:00 5km

15日 高松自動車道 上り神戸鳴門方面 大坂TN付近 14:00〜20:00  10km
     (帰省ラッシュです)
15日 徳島自動車道 上り徳島方面 阿波PA付近 15:00〜20:00 5km

16日 高松自動車道 上り神戸鳴門方面 鳴門西PA付近 15:00〜20:00 5km
    同       上り 鳴門方面 大坂TN付近 14:00〜20:00  10km
     (帰省ラッシュです)

神戸淡路鳴門道での渋滞予測は出ていません。

阪神高速第二神明道路  月見山ICと名谷ICで連日10:00〜14:00
 5km程度の渋滞が予測されています。
手ぬぐい巻き方は・・・
手ぬぐい巻き方は、
・ねじり鉢巻きは、その名の通りねじって細くしてから結びます。形良くするために針金を入れたりします。代用で飾り用ロープを使う連もあります。赤と白、紫と白など2色ロープのハチマキが踊り用品店で販売されています。
・くわがたの飾りはちまきは、4つ折り〜5つ折りにして細長くし輪を作って安全ピンや両面テープで止めます。頭に乗せるイメージで輪の大きさを調節します。ヘアピンで固定。女子の男踊りや鳴り物が使います。
・喧嘩じめは、手ぬぐいをかぶって、両側をねじり頭の後ろで結びます。ハッピ踊りの女子が多いです。
・ほっかぶりは、手ぬぐいをかぶって、左右どちらかを長くして両側をねじり鼻の下を通して、短いほうの耳の下で結びます。ねずみ小僧ですね。これは、由来があって江戸時代の踊りは庶民のもので武士は踊ってはだめでした。しかし楽しい踊りを踊りたい武士は顔をほっかぶりをして隠し、あるいは笠をかぶって隠れて踊ったことが伝わっています。
阿波おどりの歌・はやし
阿波おどりは、おどり歌があります。
七五調のゆったりしたものです。

「阿波の殿様 蜂須賀さまが
今に残せし 阿波踊り

踊り踊らば」品よく踊れ
品の良いのを嫁にとる

阿波はよいとこ 蜂須賀様の
お威勢踊に 夜が明ける

顔は見えねど 編笠越しに
主を見初めた 盆踊り

ハアラ エライヤッチャ エライヤッチャ
ヨイ ヨイ ヨイ ヨイ
踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら
踊らにゃ損々」

この歌が「阿波よしこの節」です。
通称「よしこの」と呼びます。
有名連でも歌う機会は少ないので聞いたことがない方も多いでしょう。
さらに、「ヤットサーヤットサー」という掛け声を使いますが
こちらは各連が多用しています。
囃しことばには他にも、
「笹山通れば笹ばかり、大谷通れば石ばかり
猪豆喰てホーイホーイホイ
1丁目の橋まで行かんかこいこい」
「1かけ2かけ3かけて
仕かけた踊りは止められぬ。
5掛け6掛け7掛けて、やっぱり踊りは止められぬ」という
フレーズもあります。
大谷は眉山の石切り場で石が多いところ、
佐古1丁目の橋は新町と佐古の境目。
町内だけで踊りが許された当時は、隣町に勢いを見せつけるために、
境目の1丁目の橋まで踊ったことが掛け声に残っています。

掛け声の「やっとさー」は、
かつて、阿波おどりが賑やかで華美になった藩政時代に禁止令が出された時がありました。また第二次大戦時も踊りが禁止になりました。踊りたくても踊れない時です。そして後年おどりが解禁になり「やっと踊れる」嬉しさに
「やっとさー」と声を出したと言われています。
この掛け声は現代、連(団体)の一致団結を表現する手段であると同時に、企業は自社PRのパフォーマンスの掛け声に。
また、フォーメーションの変更のタイミングを図る掛け声でもあります。「やっとさ〜」と声をかけたら列の幅を狭くして、次の掛け声で右前に進行、次の掛け声で左前に進行するなど。
そして、一番は自分への「景気付け」「モチベーションの高揚」ですね。

賑やかなお囃子音楽を「ぞめき」
歌を「よしこの」といいます。
よしこのは、三味線を弾く年配者が歌ってくれます。
笠をかぶったまま歌うので、声を聞くまで若いのか
年配者かわからないですが・・・夜目遠目笠の内

よしこのは江戸時代、都々逸(どどいつ)元になったもので
三味線と共に歌われ宴席、座敷などで演じる出し物でした。
それが、藍商人によって徳島に持ち込まれ
阿波よしこの節として今に残りました。
オススメの阿波おどり演舞場
阿波おどりの演舞場はどこが良いか、オススメの演舞場を聞かれることが多いです。ご参考まで。

有料演舞場は、明るい照明に場内放送での踊り連の紹介アナウンスがあります。
有名人の踊り込みや有名連の卓越した踊りを楽しめます。
有料演舞場は、
・市役所前演舞場(初日は開幕式があり、2部終演には毎日、複数連の合同踊りがあります)1部では線路側で正面から西日が当たる席があります。市庁舎側は背中側に西日を受けます。線路側席に街路樹があります。放送席は線路側。踊りは北から南へと進行します。放送席に座って踊りは右から左に進みます。オススメは、庁舎側S席。
・藍場浜演舞場(徳島駅に近いマンモス演舞場・NHKの中継放送で使われる)定員5126名。新町川側は川風が入りやすいです。手洗いは国道側が近いです。西日は横からですので見やすいです。放送席は国道側。踊りは東から西へと進行します。放送席に座って踊りは左から右へと進みます。オススメは新町川側S席。
・紺屋町演舞場(歓楽街に近く踊りと夜の町を楽しめる)定員2763名、民放のTV中継が多いです。西日は横からですので、見やすいです。放送席は富田町側。踊りは、東から西へと進行します。放送席に座って踊りは左から右へと進みます。オススメは栄町側S席。
・南内町演舞場(新町川沿いで川風が涼やか。2部終演は複数連の合同踊りが有名。映画「眉山」のロケが行われた舞台)定員3210名。新町川側は川風が入りやすいです。放送席は新町川側。踊りは西から東へと進行します。放送席に座って踊りは左から右へと進みます。オススメは道路側S席
 オススメは編集子の主観ですので、個人差がありますご了承ください。

有料演舞場の座席指定について
有料演舞場は自由席と座席指定があります。
踊り入口に近い座席は自由席です。
座席指定は自由席の隣の、踊り口に近い席から1番〜200番くらいまで
席種に関わらず通し番号がついています。
(例えばB席50番の隣はS席51というような席割です)
ほぼ中央が100番くらいです。
列は、踊り通路(踊り場所)に近いところ、前から順に列番号が振られています。

市役所前演舞場(9列204番まで)
藍場浜演舞場 (12列228番まで)
紺屋町演舞場 (8列173番まで)
南内町演舞場 (8列234番まで)

チケットは7月1日よりチケットはぴあ、コンビニなどでお求めください。
当日券もありますが、前売りが安く入手できます。
3歳以上有料。幼児は膝の上に座れば無料です。
なお、前売りで売り切れの席種も当日券で用意出来る場合があります。
地元では演舞場入場券を桟敷券と呼びます。
現在は観客席はパイプスタンドですが、以前は平台の相撲観覧席のような桟敷席だった名残りです。

有料演舞場の席種(料金)の違いについて・・・
踊りは演舞場の踊り通路を行進します。
単に行進踊りするだけでなく、フォーメーションを組んだりして変化させます。
男女列が交差したり、集団で踊ったり、止まったりします。
このフォーメーションの披露は、演舞場中央で行います。
また、芸能人が踊り込んで来ると演舞場中央の放送席からあいさつします。あいさつの様子が分かりやすいのは、放送席の向かい側です。これがオススメ席の理由です。
S席は会場中央ですから、これらが正面で見やすい場所です。
A席は出口に近いですが、これらの進行方向に座りますから見やすいです。
B席は会場中央から手前側になり、フォーメーションの正面からは過ぎていますので
後ろ姿を見る形になります。
C席は、踊り口近くでフォーメーションは遠くて見えません。
踊る前の踊り子の素顔が見えます。自由席ですから早い者勝ちで席を取ります。
空席が出れば前に移動出来ます。

どこもS席はオススメです。
徳島駅前総合案内所で販売される当日券で、最も早く満席売り切れになるのは、藍場浜演舞場です。
阿波おどりの衣装レンタル
阿波おどりの衣装レンタル


本格的な衣装を着たいけど
費用が心配という方は、
レンタルの方法もあります。

レンタル専門店のアートレントは、
阿波踊り浴衣・鳴り物等のレンタルサービスがあります。
店舗は昭和町から沖洲マリンピアに移転しています。
和装小物はご自分で買い揃えてください。
必要な物はお店と相談してください。

一例
衣装(男性)
期間:1日 値段:2500円
期間:3日 値段:3500円
衣装(女性)
期間:1日 値段:5500円
期間:3日 値段:7700円

期間:1日 値段:2000円
期間:3日 値段:2800円
大太鼓
期間:1日 値段:15000円
期間:3日 値段:21000円

アートレント
〒770-0873 徳島市東沖洲1丁目6-2
 電話624-7710  FAX624-7712
徳島市東部の郊外になります。
 徳島市バス  沖洲・南海フェリー行 約15分
 中央市場口下車 歩約1km(マリンピア工業団地へ)
阿波おどりの衣装と着付け
阿波おどりの衣装には
「はっぴ」「浴衣」「鳴り物」の3種類があります。
「はっぴ」は軽快に踊る男踊りの代表です。
(女性で男踊りの場面も多いです)
「浴衣」は男性、女性とも一般的に着ます。
着丈は踊りやすいように短めで、男子はヒザ丈、女性はモモ丈が多いです。
鳴り物衆は、着流しでくるぶしまでの丈になります。

生地は、アムンゼン(ポリエステル)で布面がザラザラしたもの、テトロン、
ひとこしという絹のちりめん、木綿などが使われます。
化繊は、洗濯しやすいですが暑いです。
綿は汗を吸うので涼しいですが、洗濯後のアイロンが大変です。
この生地を衣装屋さん、染め屋さんで染めるかプリントして作ってもらいます。
浴衣デザインは連によって違います。主に染物屋や踊り用品専門店と
相談して決めます。

男子の衣装は、裾を尻(しり)からげにします。
まず、白足袋を履いて、
踊りパンツ(当地では売っています。下履きですがブリーフの上から履きます)を履き、さらしを巻きます。
白短パン、さらし巻き(腹巻きみたい)で代用する場合もあります。
浴衣を着て、尻からげにします。
下帯を締めたあと尻下の生地をつまんで、下帯にはさみこみます。
この時、前合わせがきれいに割れるように調整します。
そのあと、本帯を貝の字に締めて出来上がり。
泥棒ではないですが手ぬぐいを、ほお被りする場合もあります。
男踊りの足は白足袋のまま、ぞうりは履きません。足袋底がゴムで補強されたものが当地で売っています。基本は踊り足袋ですので地下足袋ではありません。

浴衣の代わりにハッピ(法被)を着る場合もあります。
特に女性が男踊りをする場合に多く見ます。
踊りパンツにさらしか腹巻きを着て白足袋で角帯を貝結びにします。
ひょうたんや印籠は紐を帯に通して結びます。
スマホ専用のポーチも販売されています。
女子は髪はアップしてお団子にします。
左右の襟身ごろを重ねないのが粋な着かたです。
腹のところで、左右の襟がひっつくような着かたがおすすめ。
ハッピは、関東の袢てんとは異なりますので着丈に注意してください。
女おどり衣装のひょうたんは帯締めに結んで腰に飾ります。

阿波おどりのさらしは、半折(幅を半分に折って)にしてアイロンをかけます。
アイロンをすると巻いてもズレてくることが少ないです。
おどり浴衣と踊りパンツとの3点は、暑い時期ですがアイロンをかけています。

女性踊りは、ストッキングをはいて白足袋はいて、襦袢を着て腰巻裾よけ(セットになっています)を巻いて浴衣を着ます。
襦袢を襟付き着物下着で代用の時もあるようです。
浴衣は連によって着方が違います。
浴衣の裾は、尻からげの連が多いですが、おハショリで着る連もあります。
片肌脱ぎで片方の袖を通さず、通さない袖を背中の締めた帯の上から
垂らす連が多いです。
帯は、お太鼓が多いようです。
伊達〆、帯に踊用前板を入れ、帯上げに踊用ボテ(帯枕)を巻いて締め、帯〆を。
手甲をつけて、編み笠をかぶります。

女子の編笠のかぶり方(ひもの締め方)は、
笠の紐がU字側と端側を確認して、U字を顔側(前)にしてかぶり、
U字をアゴにかけます。
締め具合を笠の上の紐を引っ張ってください。
一方、端の左右の紐は後頭部で交差させて耳の下から前へ。
この時、U字の紐と交差する耳の前部分で一度、巻いて安定させます。
左の紐を、唇の下に当てがい、右ほっぺの下で結びます。
あまった紐は巻き取り、結び目近くで
はさみ込みます。

編み笠は、角度がついて背が高く見えるように
結びひもを入れなおして結んでいます。
また型くずれしないように、タオルなどを丸めて
笠の内側に入れています。
そして紅白の鼻緒の黒下駄(利休下駄)を履けば出来上がり。

身ごろの合わせが左前?右前?かですが
右前(襟元から右手が入ること。)が基本ですね。
でも左前に見える場合があります。写真のように。
これは、襦袢と重ね着した浴衣を片脱ぎにしたから
浴衣の右身ごろが見えてる状態になって左前に見えるということです。
お盆のおどりだから、左前という俗説もありますが。

鳴り物(楽器隊)は、着流しです。
白足袋履いて襦袢、浴衣に角帯を貝結びにします。
鳴り物は、粋に姿勢良く着るのがポイント。
襦袢の代わりに、おどりパンツとさらしの場合もあります。
足は、雪駄ぞうりを履きます。


阿波おどりは揃いの浴衣で踊りますが、
観光で個人で参加の場合や
本格的な衣装を着て雰囲気を楽しみたい方には、
既成の浴衣が専門店で販売されています。
岡忠(おかちゅう)という店で、社長は岡本忠さん。
有名連「蜂須賀連」連長の経営の店です。
スター阿波踊り既製ゆかた(スターは岡忠さんのブランドです)
木綿総柄 (男・女) 7,560 円
綿絵羽  (男・女) 10,800 円
テトロン絵羽 (男・女) 16,200 円
4種類が用意されています。
岡忠さんで通信販売購入できます。
http://okachu.com/

女性の浴衣は、独特の着方ですので、
専門の着つけの先生が無料で8月12日〜13日に
着つけてくれますので、小物を揃えて福祉センターにお出かけください。14時〜16時30分まで対応してくれます。
和装教室の先生、生徒さんが毎年持ち回りで行っているものです。
※平成27年は着付けサービスは実施されません。

◆にわか連用のハッピの貸出があります。
期間中の毎日、女優宮本信子さんがデザインした「オリジナルハッピ」の貸出を行っています。
貸出場所
(1) 徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
(2) 阿波おどり総合案内所(徳島駅前で阿波おどり期間中のみ開設)
貸出と返却時間
18:00〜22:00(毎日先着250人)
貸出料
貸出時に預かり金として、1枚当たり3,000円が必要、返却時にクリーニング代500円を除いた2,500円を返してもらう

徳島市の阿波おどり用品店
◆岡忠 (オカチュウ)
電話 088-653-4551
住所 徳島県徳島市佐古三番町1−15
http://okachu.com/
◆テクニカルファクトリー
電話 088-677-7222
住所 徳島県徳島市西大工町1丁目24−1F
http://www.awaodori.info/
→阿波踊りテクニカルファクトリーは移転しました。
  771-0204
  板野郡北島町鯛浜字大西34-45
  (県防災センター南)
  電話088-677-7222
◆ウサギヤ(衣料品店)
電話 088-623-5566
住所 徳島県徳島市住吉1丁目3−7
http://usa-hana.com/
阿波おどりポストと風景消印
阿波おどりの彫塑が乗った郵便ポストが
徳島市内には2カ所あります。
徳島駅前のJR四国旅行センター前と
新町橋通り中央分離帯です。
マスコミによく出るのは、徳島駅前のもの。
小ぶりで記念撮影には良いです。

阿波おどりの絵柄の郵便消印は、
徳島中央郵便局と徳島駅前郵便局にあります。
(絵柄は双方違います)
場所は、中央局は八百屋町の国道192号沿い、
駅前局はアミコショッピングセンター(シビックセンター)
1階南側元町バス停前です。
「風景印でお願いします」と窓口に出せば通常料金で出せます。
8月12日〜8月15日の阿波おどり期間には
徳島中央局と選抜阿波おどり大会会場で
絵柄の消印「小型印」が使用されます。
友人への便りや自分への記念品にオススメです。

その他に、阿波おどりの絵柄が
大なり小なり入っている、
郵便消印がある局は、
徳島公園前郵便局
徳島県庁内郵便局
徳島昭和郵便局
徳島蔵本郵便局
徳島住吉郵便局
「阿波おどり」と「阿波踊り」
「阿波おどり」と「阿波踊り」

阿波おどりの踊りをひらがなで表記するか、漢字で表記するか・・・
徳島市関係はひらがなで統一しています。
阿波おどり会館も徳島市の施設です。
漢字よりもひらがなのほうが、楽しそうだから・・・かな。

徳島市阿波おどり振興協会は
徳島市観光課内に事務局を置き、16連が所属しています。
一方、徳島県阿波踊り協会は漢字で表記しています。
(社)徳島新聞社地域振興部内に事務局を置き、徳島市支部に17連が所属しています。
両団体とも、お互いに切磋琢磨して、技量を磨いています。
阿波おどり〜時代を映す絵巻物
「徳嶋盂蘭盆組踊図」は、町内会ごとに出し物を披露していた
江戸時代、文化文政の頃を描いた絵巻物です。
評判所と呼ばれる審査会場に踊りの輪が広がっています。
実物は個人蔵ですが、レプリカが阿波おどり会館の
ミュージアムで展示されています。
阿波おどり〜名称の由来
阿波おどりという名称は、地元の文化人・林鼓浪(はやしころう)さんによって統一が呼び掛けられました。
阿波おどり〜踊り方・はやしの音楽
阿波おどりは「なんば」と呼ばれる
手と足が同時に出る踊り方です。
2拍子のリズムは、「ぞめき」と呼び
はやし歌を「よしこの」といいます。
阿波おどり〜ポスターに見る歴史
毎年のように観光ポスターが作られています。
その中には時代を映したものがあります。
阿波おどり〜近世
阿波おどりは400年の歴史を持ちます。
しかし、その起源はいくつかの説があります。
江戸時代の屏風絵には、当時の賑やかな様子が描かれています。
屏風絵は個人蔵ですので阿波おどり会館のミュージアムに
二柄がレプリカで展示されています。
また、県郷土文化会館(あわ銀ホール)の劇場どん帳にも屏風の絵柄が使われています。

阿波おどりの歴史年表
【藩政時代】 
十河存保が上方から風流踊り一行を招いて演じさせた
蜂須賀家政が徳島城を築いた
盆踊りの取り締まりのお触書が出る
「諸国風俗問状答に組踊りの記録
「中老武士が市中で踊っているのが見つかり逮捕された
「ええじゃないか」騒ぎが阿波一円に流行
阿波おどり〜明治時代
日本でも人口10位に位置する大都会だった徳島は藍で栄えた商業都市でした。
商人はこぞって祭りを賑やかに盛り上げました。


明治3年 庚午事変で盆踊り禁止 
明治6年 太陽暦で盆踊りを行うよう指示があったが旧暦で行った。
明治7年 太陽暦になったが旧盆行事を願い出たが認められなかった
明27年 日清戦争で盆踊り中止
明28年 伝染病により踊り中止
明29年 日清戦争の戦旋おどり
明30年 伝染病が流行り盆踊り中止
明37年 日露戦争で盆踊り中止
明39年 日露戦争で戦旋踊り
明41年 皇太子殿下来徳で奉祝おどり
阿波おどり〜大正時代
大正ロマネスクの影響が阿波おどりにも押し寄せ洋楽器も用いられました。

大正元年 明治天皇崩御により阿波おどり中止
大正3年 第一次世界大戦により阿波おどり中止
大正3年 中国青島陥落で祝賀踊り
大正4年 大正天皇ご即位奉祝踊り
大正5年 モラエスがポルトガルで徳島の盆おどりを出版
大正6年 藩祖祭で祝賀おどり
大正7年 市制実施30周年祝賀おどり
大正7年 米騒動で盆おどり中止
大14年 NHK大阪局から盆踊りがラジオ放送 
阿波おどり〜昭和の時代
昭和になって戦争で中断されましたが、観光ブームに乗って賑やかさを増しました。

昭和3年 昭和天皇即位奉祝おどり
昭和4年 阿波盆おどりを阿波踊りへ名称統一をと林鼓浪
昭和5年 県庁舎落成で祝賀おどり
昭和6年 林鼓浪作詞の阿波よしこのをレコーディング
昭和8年  徳島市役所新築落成祝賀おどり
昭和12年 日華事変のため踊り中止
昭和14年 JOBK大阪局から阿波おどりラジオ放送
昭和16年 東宝映画「阿波の踊り子」徳島ロケ
昭和20年 終戦直後で盆踊り中止
昭和21年 中止されていた阿波おどりが復活。
昭和25年 天皇皇后両陛下来徳で奉歓おどり
昭和25年 徳島市内踊り連(無審査)の連合組織「阿波踊り振興会」発足
昭和26年 徳島県阿波踊振興連盟発足
昭和28年 阿波おどり演舞場撤廃
昭和29年 阿波おどりの2団体を統合し阿波おどり振興協会発足
昭和30年 演舞場廃止で苦情が続出し復活。開催時期を新旧の盆2回実施
昭和31年 この年から40年まで開催時期は旧盆となる
昭和32年 東京杉並区で「高円寺阿波おどり」始まる
昭和35年 阿波おどり振興協会が鳴り物教室を開講 
昭和39年 徳島市文化センターで選抜阿波おどり大会開始
昭和41年 新盆開催が決まる。8月15日〜8月18日
昭和43年 阿波民芸団ハワイ日本移民100年祭
昭和44年 県阿波踊り協会発足
昭和45年 大阪万博に出演、市観光協会「毎日踊る阿波おどり」始まる
昭和47年 阿波おどりは市観光協会と徳島新聞社の共催になる。
昭和51年 阿波おどり開催時期が8月12日〜15日となる
阿波おどり〜世界へ
世界各地のフェスティバルで阿波おどりを披露してきました。
阿波おどり会館の阿波おどりホール実演について
阿波おどり会館の阿波おどりホール実演について


阿波おどりホールでは、昼は専属連「阿波の風」、
夜は「有名連」による名演の舞台と体験阿波おどりを楽しめます。

昼の公演 おどらなそんそん
専属連「阿波の風」による阿波おどり(上演時間40分)は
■席数 250席 (定員)
■公演スケジュール
<平日>
1日3回(14:00〜、15:00〜、16:00〜)
<土日祝日>
1日4回(11:00〜、14:00〜、15:00〜、16:00〜)

夜の公演 毎日踊る阿波おどり
有名連による阿波踊り(上演時間50分)
■席数 250席 (定員)
■公演スケジュール  毎日20:00〜20:50

●一般車の阿波おどり会館の駐車場は建物の右側側道の奥に設置されています。(立体駐車場)
 自走式は近所の新町地下駐車場、民間駐車場、コインパーキングをご利用ください。一般車の無料駐車場はありません。
阿波おどり会館1階の物産販売所「あるでよ徳島」で3000円以上お買い上げになれば、提携駐車場の駐車料金が1時間無料になります.
阿波おどり会館駐車場、会館前の眉山パーキング、新町地下駐車場、紺屋町地下駐車場。
なお、眉山山頂の無料駐車場に止めてロープウエイで往復する方法もあります。阿波おどり観覧券とロープウエイのセット券も買えます。
●バス駐車場は、事前に阿波おどり会館までご連絡ください。
近隣のホテル、旅館に宿泊の場合はバスを終夜駐車の場合もあります。